いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

NISA恒久化について金融庁が個人投資家に解説してくれるぞい!【お陰様で即定員満】

2023年度税制改正大綱が発表され、再来年(2024年)からNISA(少額投資非課税制度)はバージョンアップして恒久化する見込みとなりました。閣議決定や国会議決はまだですが、大綱に載ったので、ほぼ決まりでしょう。シン・NISA爆誕!ブラボーであります。※ちなみに一部で徐々に浸透している「シン・NISA」という呼称を最初に用いたのはおそらく今年9月1日の私です。と思っていたらその数ヶ月前にナイトウォーカーさんが使っていま...

ふるさと納税お気に入りリピート先5選

ふるさと納税は、我が家でも10年以上前から毎年利用しています。ただ、完全に返礼品目当てでやっているので、制度の趣旨や自分が住んでいる自治体から受けている恩恵のことを考えると、声を大にして「ふるさと納税やってます!」的なことは言いづらいなぁと思ってもいました。私は高い志や立派な思想を持っている人間ではありませんし、世の中に大きな影響力を持っているわけでもないので、当然のことのように個人としての効率性と...

テレビのマネー番組に少しだけ出演しました

リスク資産への積み立て投資の実践者として、BSテレ東の『マネーの学び』という番組に少しだけ出演しました(10月13日放映分)。※上記画像は番組公式HPより実はテレビに出演しても、そのことをブログに書けるパターンって、意外とレアなのです。一応匿名ブロガーとして活動しているので、顔が出ている場合や本名でテレビ出演した場合などは、ブログにそのことは書きません。当然、別の活動や本業にまつわるようなことに関してテレ...

投資に自信を持つな!【ボーグルヘッズ日本支部リレーコラム】

ボーグルヘッズ日本支部の設立メンバーで、リレー形式のコラムを書いています。「Bogleheads®(ボーグルヘッズ)」とは、世界で最初に個人投資家向けインデックスファンドを作ったジョン・ボーグル氏の投資哲学賛同者が集うコミュニティのこと。【参考記事:ボーグルヘッズ日本支部設立メンバーになりました】善意のやさしい人たちが集まって、投資関連のことを教え合うようなコミュニティを目指しています。が、対面イベントもコ...

金融資産残高が増えて変わったこと(お金はあの世には持っていけない)

私が積み立て方式で世界中の株式や債券に投資するのを始めて約18年が経ちました(※参考:インデックス投資とは)。当然のことかもしれませんが、それを始めた20代の頃と比べると、金融資産もずいぶんと増えています。で、それが増えたことによって何か変わったことがあるのか、という話です。...

秋の夜長にオススメのヤバい小説3選

お気に入りの本は、何度読み返してもたまらなく面白いものです。面白いかどうか分からない新たな本を読むよりも、内容は知っていてもお気に入りの本を再読するほうが、満足できる可能性は高いように思います。それでも、新たな刺激を求めて、読んだことのない本を読むことのほうが多いのですが、お気に入りの本の再読の楽しさは侮れません。私の場合、読んでから5年以上期間をあければ再読を楽しめます。今回は、いわゆる「秋の夜...

投資に刺激を求めてしまうのは思春期の証?

投資を始めたばかりの頃は、資金を投じた金融資産の値動きを確認する、いや、追いかけるのが刺激的で楽しかったりしました。そう、思春期のあれこれのように。自分で自分に「ほったらかし」だとか「ゆったりと長期投資」だとか言い聞かせても、本能というか心の奥底では様々な刺激に抗えず、目先の値動きが気になり、頻繁に証券会社にログインし、細かくハンドリングしたい衝動を抑えることができなかったり……。最初に自分で決めた...

1ドル200円上等!……為替の理屈の話を少々

先日、1ドルが150円なって、32年ぶりだとかで騒がれていました。私が数百匹のダンゴコムを拾い集め、それを学校の教室にばら撒くような行為に全力を注いでいた小学生の頃(参考記事)、たまたまテレビのニュースで見たドル円相場が1ドル150円でした。だから(その後もあまりニュースを見なかった)私は、1ドルはだいたい150円くらいだという感覚を持ったまま大人になりました。そういう事情もあって、最近の円安?にはあまり驚いて...

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2022」に投票しました

このブログを読んでくださるような方であれば既にご存知かもしれませんが、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2022」というイベントがあります。このアワードは2007年が第1回で、今回で16回目。私が投資を始めたのは2005年なので、初回からずっと注目しています(ボランティアの運営委員の方々には本当に頭が下がります)。以前には金融庁長官から激励メッセージが寄せられるなど、もはや金融機関やメディアも無視できないア...

踏ん張るおじさん

私は幼い頃から自分を鍛えるのが好きでした。身体だけでなく、精神力や知力を練るのも好きした。だから、他人を鍛えるようなことを仕事にしていた時期もあります。自分を鍛えるのも他人を鍛えるのも、成果が出ればそれは非常に楽しいものでした。...

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約18年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
BSテレ東マネーの学び:2022年10月13日
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ