いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

ちょっとボッタクられたかもしれない…相場の格言が身にしみる

実は最近、若干ボッタクられたというか、営業のプロに上手くやられちまったなぁ~!と歯ぎしりをして、思い出すたびに悔しくて、しばらく寝つきが悪い日が続きました。まあ、自分の不勉強というか準備不足というか面倒くさがりっぷりが原因なのですが、素人がプロと渡り合うことの難しさを痛感し、同時に期待リターンがプラスのものにほったらかし投資できることのありがたみを感じたりもしました。...

なぜ投資(資産運用)をするのか

私が投資(資産運用)を始めたきっかけは、カテゴリ「投資を始めたきっかけ」にまとめてあります。簡単にまとめると、保険の営業マンに終身保険を勧められた際に、受取額よりも多い支払い額を約束した商品システムに疑問を持って色々と調べた結果、「保険会社の行っているお金の運用は特別なものではない。自分でやったほうが効率は良さそうだ」と考えたのがきっかけです。ただ、長く投資やブログを続けていると、「きっかけ」とい...

仕事とは我慢して耐えることなのか

先日、定年まで勤めあげて退職する方から、お別れ会の席でボソッと「虫とり小僧さん、忍耐の“忍”だよ」と言われたのがずっと胸に残っています。去っていくその方がごく普通の人であれば、そんな言葉を聞いても、よくあるセリフだと思うだけで屁とも感じなかったでしょう。が、その方は(ある意味において、というか少なくとも私には)とても普通とは思えない境遇の人でした。ここではその方を「真田さん」としておきます。彼はある...

30年前に投資して、ほったらかしておいたら元本は10倍!?【ボーグルヘッズ日本支部リレーコラム】

ボーグルヘッズ日本支部の設立メンバーで、リレー形式のコラムを書いています。「Bogleheads®(ボーグルヘッズ)」とは、世界で最初に個人投資家向けインデックスファンドを作ったジョン・ボーグル氏の投資哲学賛同者が集うコミュニティのこと。【参考記事:ボーグルヘッズ日本支部設立メンバーになりました】ボーグルヘッズ日本支部では、善意のやさしい人たちが集まって、投資関連のことを教え合うようなコミュニティを目指して...

巨額の資金をずっと眠らせておくなら・・

数年前、自分の勤務先の財務状況を見たときに、当分(おそらく数十年は)使わない巨額の金融資産があることに気づきました。これまでも安定感抜群の債券でずっと運用し続けていたようなのですが、数十年使わなくてもいいようなお金であれば、例えば先進国の株式インデックスなどに投資しておいたほうが効率よく大きく増やせる可能性が高いだろうと思いました。...

社畜指数急上昇中

私の個人的な事情に興味のある人なんていないことは分かっています。知らねーよ!勝手しろや!って話だと思います。分かってはいますが、他に書くネタも思い浮かばないし、そもそもこのブログは自分用の備忘録というかメモみたいなものなので、一応書いておくことにしました。タイトルのままです。(あまり詳しくは書けませんが)最近、仕事がけっこう忙しくなってきてしまいました。...

金融資産残高の積み上がりによる精神安定効果

こんな状況、いつまで続くんだろう。そんな不安に駆られ、出口のない状況に絶望的な気分になることがあります。仕事だったり、人間関係だったり、若いうちだと学校生活だったり、部活動だったり、と。明日は死ぬほどキツいとか、この一ヶ月はヤバいとか、ある程度期間限定のツラさであれば、終わりが見えるので、なんとか踏ん張りがききます。が、終わりが見えないことに対する恐ろしさは精神を蝕みやすいような気がします。...

怪しいマスクで大手投信会社のYouTubeに乱入(投資座談会動画公開)

インデックス投資家のファイナルアンサーともいえる投資信託のひとつである「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)※」などを運用している三菱U F J国際投信のYouTubeチャンネルにお邪魔してきました。【※参考記事:eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)は買いなのか…デメリットはないの?】・・とはいえ、今回の動画ではeMAXIS Slimシリーズとは直接的には関係なく、投資による資産形成のためのごく基本的なこと...

好景気の恩恵を受けるにはどうすれば良いのか?【ボーグルヘッズ日本支部リレーコラム】

ボーグルヘッズ日本支部の設立メンバーで、リレー形式のコラムを書くことになりました。「Bogleheads®(ボーグルヘッズ)」とは、世界で最初に個人投資家向けインデックスファンドを作ったジョン・ボーグル氏の投資哲学賛同者が集うコミュニティのことです。【参考記事:ボーグルヘッズ日本支部設立メンバーになりました】ボーグルヘッズ日本支部では、善意のやさしい人たちが集まって、投資関連のことを教え合うようなコミュニテ...

投資本の投資信託ランキングに投票やコメントをしました

毎度おなじみ、晋遊舎のムック本の取材に協力し、少しだけ掲載されました。1月27日発売の『NISA完全ガイド (100%ムックシリーズ341)』と2月16日発売の『ほったらかし投資完全ガイド 2022最新版 (100%ムックシリーズ343) 』いう本です。発売日が近いので、2冊まとめて備忘録として記事に残しておきます。...

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ