いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

私の武勇伝【その1・「ピンポン逃げ」など】

一部のマニアからの熱烈なリクエストにお応えして、今回は自己紹介を兼ねた私の武勇伝を披露させていただくことにします。

※真面目な方や高い倫理観をお持ちの方は、この先を読まないでくださいませ。


私に最もパンチがあったのは小学生の頃です。

人間という生き物は、歳を重ねる度にモノゴトの先が読めるようになり、守るものや怖いものが増え、無用なトラブルを回避するアンテナが発達してきます。そして、ツマラナイ大人が出来上がるのです。

しかし、小学生の頃の私に怖いものはありませんでした(特に低学年の頃)。

学校の帰り道にあるすべての家の「ピンポン」を押しながら帰宅することや、人通りの多い街中で「死んだふり」をするようなことは、ウォーミングアップにすぎませんでした。

いたずらの基本である「ピンポン逃げ(ピンポンダッシュ)」は、マンション全室制覇を標準とするようになり、やがてそれはメンタルを鍛えるために「ピンポン逃げない(見ず知らずの家のピンポンを押したあと、家の人が現れても、どれだけ長い時間無言で目を見たまま立っていられるかを試す)」に昇華していきました。街中での「死んだふり」も、やがて集団で痙攣を伴いつつ、事前に含んでおいたトマトジュースを噴き出しながら行うようにブラッシュアップされました。

テレビアニメ「キン肉マン」に影響されては、クラスメイトに「キン肉ドライバー」や「キャメルクラッチ」などを試して、先生から厳しい指導を受けました。

テレビアニメ「ドラゴンボール」に影響されては、MAXの声とモーション付きで「カメハメ波」や「ドドンパ」の練習を某地下鉄駅構内でやり続けて、駅員から厳しい注意を受けました。

また、スーパーマーケットの事務室に忍び込んで建物全体の主電源を落としたり、某インターチェンジに石を投げ込んで警察に怒られたりもしました。

さらには、犬を飼っている他人の家を訪ねて、動物好きのかわいい子供を演じつつ、「すみませぇ~ん(^^)、僕、犬が大好きなんですけど、もし良かったら、このワンコの散歩をさせてくださぁ~い♪」と、田舎の少年のような澄んだ目で懇願し、散歩の許可をもらって犬を連れ出し、その犬を逃がしました。


他にも、ここには書けない無茶を次々とプロデュースしました。

そして、同級生の多くの家庭では、私と遊ぶことが禁じられるようになりました。

(小学生時代に一度、「転校」を経験したのですが、なんと転校しても数ヶ月で新たな学校の同級生たちの家庭で「息子を虫とり小僧くんとは遊ばせない同盟」が結成されました。)


小学生の頃の私を昆虫の王者・カブトムシだとすれば、今の私は面白味のかけらもないウンカのようなものでしょう。

しかし、私も一般的な人間の中心線からは多少ズレているものの、一応社会人として生活しているので、現在はあとさきのことを何も考えなかった小学生の頃のようなパンチの効いた行動はなかなかとれないのが実情です。

いまは一応、「大人」として社会の中で普通に生活しています。


さて、もはや自己紹介でも武勇伝でもない、そして子供には決して聞かせることの出来ない、くだらなさの極みのような文章を垂れ流してしまいましたが、炎上リスクすら許容してせっかく書き始めたので、次回は私が「リアル虫とり小僧」だった頃のかわいらしいエピソードを紹介することにします。

つづく
私の武勇伝(その2・楽しいクリスマス会【前編】)


※調子に乗って幼い頃のアホな行為を書き連ねましたが、どうやら「因果応報」や「天網恢恢疎にして漏らさず」というような原則はある程度存在するようで、やってしまったことに対する報いや罰はその都度(直接的・間接的に)受けてきたように思います。
(当然、やらかした分だけ、痛い目にもかなり遭っています。)

学習能力の低い私は、やらかすたびに周囲の人間に迷惑をかけ、信用を失い、親を泣かせ、そのときは本気で反省するも、再び悪ノリしてはまた同じような失敗を繰り返しました。
(中学生時代以降の「武勇伝」になると、笑えないようなエピソードばかりになります。)

それでも、かばってくれたり、真剣に叱ってくれる「大人たち」がいたおかげで、今なんとか普通に生きることができているのかもしれません。あのときの「大人たち」には、ほとんど「恩返し」ができていませんが、あのとき受けた「恩」は次の世代に返したいものです。
「悪ガキ」も、真剣に向き合う大人や理解者の存在で、更生することがあるのですから。
(私が更生できたかどうかはなんとも言えませんが・・)


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ