いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

一生飽きない仕事 と 低コストなライフスタイル

以前に私の親友の勇次(仮名)に関する雑談記事を書いたことがあります。

彼は、20代前半に脱サラ(いわゆるサラリーマンを辞めること)して、自分で貯めたお金で仏師(仏像彫刻などをする人)の専門学校を卒業した後、京都にある一流の師匠の工房で、丁稚奉公状態で働いて(修行して?)います。

勇次は、驚くほど安い月給をもらいつつ、基本的には安アパートと職場(工房)を行き来するだけの毎日を過ごしているようです。

たまにあるスーパーマーケットの特売日に買い込んだ食材を使っての自炊生活で、本人いわく「家賃以外に月2~3万円あれば、娯楽費を含めても余裕で生活できる」そうです※1



◎最強の状態の親友が羨ましい


ただし、いくら生活コストが安くても、この先もずっと無理に我慢しながら生きるのは息苦しそうだし、人生には楽しむ時間も必要だと私は思っているので、そういう意味のことを勇次に言ったら、

「大好きなサーフィンが年3回の帰省時にしかできないことだけはちょっと歯がゆいけど、いまの生活は全く苦じゃない。それになにより、とにかくこの仕事は楽しい。この仕事なら一生飽きることはないよ」

と、ハッキリと言われました。

なるほど、、
その状態は、ある意味で最強なのかもしれないと私は思いました。

勇次はいい加減なことや確信のないことを言い切るような男ではありません。

家族を養うための稼ぎが必要なライフステージに入ったときに、その好きな仕事だけで食べていけるのかどうかという問題はありますが、彼は「一生飽きることのない楽しい仕事」を見つけて、「ローコストが苦にならないライフスタイル」を身につけたわけです。

まぁ、現実的には様々な細かいリアルな要素もあるのでしょうが、一生飽きないと思える楽しい仕事を見つけて、実際にそれを生業とできることの幸福たるや、一体いかほどのものなのか、想像するだけでも羨ましくてオナラが出そうになります。

そもそも私には、そのような仕事が未だに見つかっていません※2



◎いい人生とは?


例えば、莫大な住宅ローンを抱えて、やりたくもない仕事を嫌々やりながらも、自分にも家族にもヘンな贅沢が身についてしまったせいで生活水準をさげることができずに、毎日ストレスを溜めながら生きている年収800万円の人間と、年収は300万円に満たなくても生活にストレスがなく、仕事も暮らしも楽しんでいる人間では、どちらのほうがいい人生を送れているのでしょうか。

価値観はひとそれぞれですし、実際、そんなステレオタイプなハッキリとした区分ができることは稀だとは思いますが、たまにちょこっと立ち止まって考えたい視点だと思っています。

どうせ、人間いつかは必ず死を迎えるのですから。



◎生活コストを下げれば選択肢は増える


ただ、このブログは「お金」に関するブログです。

一生飽きない楽しい生業を見つけた勇次のことはとても羨ましいですが、今回の記事は、「お金なんてなくても、幸せはそこにあるんだよい!」というようなキレイごとが主旨ではありません。

そもそも、そんな理想的な仕事なんて見つからないことのほうが圧倒的に多いでしょうし、もしも見つかったとしても、それを生業にすることは現実的でない場合がほとんどでしょう。仮にそれを現実的なものにできそうだとしても、たいていの場合、それなりの「お金」が必要になると思います(初期投資費用が必要な場合が多いでしょうし、儲かるかどうかはやってみないと分からないので、始める前にある程度の蓄えが必要だったりするでしょう)。

そして、そのお金もないのに、理想的な仕事で食べていこうとするならば、ほとんどの場合、生活コストを下げて対応するしかありません。

しかしそれは、生活コストを下げることができれば、選択肢を増やすことができるということでもあります。

今回の記事の主旨はそこです。



◎自分の生活コストとその必要性のバランスを見直したい


早期リタイヤ(もしくはセミリタイヤ)を目論んで投資を行っていたとしても、リタイヤ後の生活費が年間にどれだけかかるのかは人それぞれなので、リタイヤに必要な金額も人それぞれになります。

生活費を切り詰めすぎて息苦しくなったり、極度の不自由に不快さを感じ続けるようなライフスタイルでは困りますが、自分が満足を感じることの出来るラインと生活コストのバランスを考える時間をたまには持ちたいものです。

普段の生活費があまりに高コストである場合、「自分にとって、ホントにそれは必要なのか?」ということをしっかりと考えるのは大切なことではないでしょうか。

生活コスト次第で、資産運用における目標金額は大きく変わるものだと思います。

お金に関するブログを書いているここでの私としては、勇次が一生飽きない仕事を見つけたことよりも、苦にならない低コストなライフスタイルを身につけたことを羨むべきなのかもしれません。



※1 健康保険などのことは考慮していないと思われますが・・

※2 もちろん、いまの仕事でも楽しいことはたくさんあります。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ