いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

更新料は支払わなくてもよい?(賃貸契約更新時の値下げ交渉)【前編・送られてきた契約更新書類】

以前、私の実体験を綴った記事シリーズ「入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?」を書いたところ、なかなか好評だったので、今回は賃貸契約更新時の実体験を記事にしてみようと思います。

最初にお断りしておきますが、この分野に関しても私は単なる雑魚素人ですので、事実の認識や法律の解釈などが必ずしも正しいとは限りません。

あくまでも実体験を備忘録的に書いておくだけのものです。



◎送られてきた賃貸契約更新書類


あれは数年前のことです。
賃貸アパートに住んでいた私のところに、不動産管理会社から賃貸契約更新手続きの案内が封書で送られてきました。

封筒の中には何枚かの文書が入っていて、それぞれに色々なことが細かい字でゴチャゴチャと書いてありましたが、ポイントを要約すると、

・そのアパートに、あともう2年間住みたければ、1ヶ月分の家賃に相当する更新料※1を支払え

・いままでと同じ家賃と条件で契約することを約した同封の契約書にサインして返送しろ


という内容でした。


契約書の書式はすべて整っていて、家賃や更新料についても既に数字(金額)が印刷されていました。

こちらのやるべきことは、自分と連帯保証人の署名・捺印だけです。

当時、その分野に関して私は、常夏の島国・サモアで毎日波とたわむれている純朴な少年のように無知で何も知りませんでした。

面倒な手続きをすべて代行してくれて、署名と捺印だけで賃貸契約の更新が完結するようにお膳立てをしてくれた不動産管理会社に感謝の気持ちを持って、指示通りに手続きを済ませました。

道に落ちていた100円玉を2km先の交番に届けるクラスの「いいコちゃん」の学級委員のように素直に何も疑わずに手続きを済ませたのです。


そして、また2年後・・・

再び私のもとに、不動産管理会社から賃貸契約更新手続きの案内が封書で送られてきました。
中に入っていた書類とその内容は、2年前と同じものです。



◎勝手に契約書作って、サインして金払えだと!?


しかし、2年前とは手続きに臨む私の捉え方が変わっていました。

交渉の余地なく一方的に契約書類を作成し、それ以外の選択肢がないかのように手続きを進めようとする不動産管理会社に、私はイラっとしていました。

2年前には、不動産管理会社に感謝の気持ちさえ持ちながら手続きを行ったのに。。

私は汚れてしまったのでしょうか?

2年前の、生まれたばかりの赤ちゃんペンギンの羽毛のように白くて無垢な心を持っていた私は、もうそこにはいませんでした。


そこにいたのは、

クレジットカードのポイント還元率にこだわり、

徹底的に無駄を省いた生命保険商品を選別してクレジットカードの年払いを選択し、

振り込み手数料やATM手数料が1円もからない金融機関の利用方法を見出し、

少しでも高金利のネットバンクを利用し、

低コストの投資商品を日夜研究し、

ネット証券のキャンペーンをフル活用して小銭をゲットし、

携帯電話のMNPを一括0円で行いつつ毎月の無料通話サービスと数万円のキャッシュバックをゲットし、

欲しい家電商品を店頭で確認した後にインターネットのサイト「価格.com」で選んだ最安値商品を購入し、

自分に縁もゆかりもない地方の特産品をゲットするために「ふるさと納税」を行い、

そして、賃貸契約更新時に値下げ交渉を試みようとするセコい男でした※2


2年間の月日は、マザーテレサを溝鼠(ドブネズミ)へと変えてしまったのです。
ウッ、ヒョッ、ヒョッ、ヒョッ、ヒョッー!!

つづく
中編・法定更新って?



※1 地域によっては、更新料そのものが存在しないところもあります。

※2 現在は、サービスや「お得さ」ゲットに必要な労力(≒時間)も計算したうえで最大公約数を拾うようにしていますが、その当時の私は、テレビの某「節約・お得系番組」から取材が来るくらいの泣く子も黙るキャンペーンハンターでした。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ