いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

褒めるもディスるもこれ読んでから...『間違いだらけの新NISA・イデコ活用術』(田村正之著)

私が入院している間に出版されていた投資本の感想をアップする記事ばかりが続いていますが、今回読んだのもスゴい一冊でした。




日本経済新聞の編集委員兼紙面解説委員であり、証券アナリストであり、CFPであり、社会保険労務士でもある田村正之さんの書かれた本です。

ありがちな勘違いを徹底的に正していく形式で、かなり詳しいというか、細かくてマニアックというか、とにかく濃厚すぎる投資本でした。



◎構成と概要


『間違いだらけの新NISA・イデコ活用術』というタイトルを見れば分かるとおり、NISA※とiDeCo※の活用方法について書かれた本です。

全部で三章あり、第一章でNISA、第二章でイデコ、第三章はその2つの制度の相互活用などについて書いてあります。

第一章が異様に長く100数十ページ、第二章は50ページ程度、第三章は20ページくらいとおまけレベルに短い構成を見ると、学校のマラソン大会でスタートと同時にダッシュして独走し、しばらく先頭を走りながらガッツポーズなどをして目立つものの、やがて失速して順位を落としていって最後にはヘロヘロになる「ツッパリ戦法」のような愛すべき雰囲気が感じられます。

・・というのは冗談で、新しいNISAについて解説する第一章には、投資全般に関する網羅的で大切な情報についてしっかりとページが割かれているので、このような構成になったのでしょう。

《※参考記事》
新しいNISAは危険だ(使い方の基本方針を考える)
確定拠出年金ってなによ?




◎超実践的な一冊


投資経験がある人こそ「へぇ〜!」と感じる点が多いと思います。

それなりの経験はあるつもりだけど、投資の理屈やNISAやiDeCoについての細かい部分はおさらいしておきたいと思っているような方にはドンピシャの投資本でしょう。

制度について詳しい記述があるのは当然のこと、マーケットの実際のデータを使って、どういうタイミングでどのくらいの期間投資していたらいくらになっていたか、というようなパターンをいくつも挙げているので、それを確認することで長期投資の凄みを感じることができるはず。

細かい点を挙げればキリがありませんが、例えば以下のような点等についてしっかり説明があります。

・日本株や新興国株の上昇が顕著な時期のデータ
・信託報酬と総経費率の違い
・どういう投資信託だと総経費率が高くなりやすいのか
・一括投資のほうが元本割れしにくいデータ
・金融機関選びと付与されるポイントについて
・毎日積立と毎月積み立ての成績の差
・国内中小型株にチャンスがある考察
・アクティブ投信分析
・高配当戦略を成功させるにはどうすればいいのか
・海外転勤時の取り扱い
・債券の価格変動の仕組み解説
・リスクの解説

などなど



◎iDeCo利用者は必読かも


他にも、ひふみプラスやさわかみファンドの資金流出について触れたり、GPIFの選んだアクティブファンドの成績まで調べ上げて考察したりと、半分くらいまで読むともうお腹いっぱいになってしまう読者もいるかもしれません。

めちゃくちゃマニアックで詳しい投資本です。

でも、特にiDeCo利用者はこの本の第2章は必読。勤務先の退職金と合わせてどのように受け取ると税負担が最も少ないのか、手取り額が多くなるのかについて詳細なシミュレーションと説明があります。

既にそのあたりのことを細かく検証したことがある人以外は読んでおいて損はないでしょう。

一方、EPSとかROEとかPERとかPBRとかモンテカルロシミュレーションなんて言葉がさらっと使われたりもするので、未経験者や初心者にはちょっと難しいと感じてしまう部分もあるかも。


・・最近は目立つためにインデックス投資や積立投資を過剰に褒め称えたり、逆にディスったりする人が急激に増えてきましたが、そういう人たちには、せめてこの本に書いてあることくらいは知ったうえでやってもらいたいと思いました。

自分が投資に詳しいと思っている人にこそ読んでもらいたい一冊です。

【参考記事:自分は平均以上の人間なのか?



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約19年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
BSテレ東マネーの学び:2022年10月13日
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論
投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


改訂版 お金は寝かせて増やしなさい
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ