いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

ちょっとボッタクられたかもしれない…相場の格言が身にしみる

実は最近、若干ボッタクられたというか、営業のプロに上手くやられちまったなぁ~!と歯ぎしりをして、思い出すたびに悔しくて、しばらく寝つきが悪い日が続きました。

まあ、自分の不勉強というか準備不足というか面倒くさがりっぷりが原因なのですが、素人がプロと渡り合うことの難しさを痛感し、同時に期待リターンがプラスのものにほったらかし投資できることのありがたみを感じたりもしました。



◎自分のせい


プロに上手くやられてしまったというのは、金融関係の話ではなく、自動車の購入と売却(下取り)に関することです。

購入については事前にしっかり調べていたので、まあギリギリ納得のいく範囲だったのですが、下取りに関しては、事前に相場を調べたり相見積もりを取ることをせず、その場の勢いとフィーリングで即決してしまうという最高にバカなことをしてしまいました。

最近、仕事もクソ忙しく、追い立てられるような毎日の中の貴重な休日だったこともあり、商談に使える時間は1時間半程度しかないのに、そもそも下取りに出すか、出さないかすら決めずに、家族で車屋さんに向かってしまいました。

おそらく、事前に勉強して、じっくりと交渉をすれば(いや、相見積もりを取る姿勢を見せるだけでも)、少なくとも10〜20万円は高く売れただろう(おそらくもっと高く)と知人の車屋に言われましたし、自分でもそう思います。

以前、調子に乗ってエラそうに、以下のような記事を書いたりしていたにも関わらず、私はなんて愚かなのでしょう。

《参考記事》
未経験者必読!中古車買取(売却)査定をやるときの最大の注意点
自動車ってお金(費用)かかるよね…「マイカー」についての考えを整理しておく



◎早く忘れたい


特定の商品について、ハッタリや硬軟織り交ぜた交渉を仕事として毎日行っているような販売・営業のプロからすれば、購入希望車両にゾッコンで、しかも次の予定を気にしている私を丸め込むの容易いことだったと思います。

・・ただ、契約書にサインしてしまった以上、それはもう取り返すことのできないサンクコストです。

そのことを気にすること自体が、精神的ストレスなどの新たな「コスト」を生むと考えることもできます。

なので、もうこのことはなるべく気にしないようにしたいです。はい。。



◎相場の格言が身にしみる


ところで、今回、失敗してしまった私を慰めてくれたのは、相場の格言でした。

「頭と尻尾はくれてやれ」「売り買いは腹八分」など、ほどほどでいいんだよ、という類の言葉です。

古今東西、欲をかきすぎるとろくなことにはならないと教えるような童話や逸話は山ほどあるもんなぁ、などと自分に言い聞かせています。

そして、ふと思ったのは、そういう相場の格言は、マーケットでの売買に臨む人の心得であると同時に、失敗した人たちへの慰めというか気休めとして使われることが多いんだろうなということ。

ひょっとしたら、その手の格言は、失敗した人が自らを慰めるために作ったのかもしれません。

相場の格言は気休めにはそこそこ有効でした。



◎各分野のプロとの交渉は簡単じゃない


大きなお金が必要で、かつ人生において、そんなに数多く商談の機会があるとは思えないような、例えば冠婚葬祭、住宅の購入・塗装やリフォームなどのメンテナンスなどについて、素人がプロと価格交渉しても思い通りになるわけがありません。相手に上手くやられてしまう可能性のほうが高そうです。

たまに上手くいくこともあるかもしれないですが、事前の準備、勉強、こまめな情報収集などに、かなり汗をかく必要があるでしょう。

そして、時間をかけたくない、面倒くさいというようなマインドは、ほぼ確実にマイナスに作用します。

素人が毎日そればかりをしているプロと伍するのは簡単ではないはずです。当たり前ですよね。

そういう意味では、プロとの価格交渉を何度も続けたときの期待リターンはマイナスだと思っておいたほうがいいのかもしれません。



◎期待リターンがプラスのありがたみ


一方、国際分散インデックス投資のようなものであれば、多少のブレはあっても、そもそも期待リターンがプラスです(参考:インデックス投資とは)。

まともな投資であれば、長く続ければ続けるほど、利益が増えていく可能性が高くなります。

時間をかけたくない、メンドクサイというような感覚も、余計な売買を避けストロングホールドを助け、手間をかけないぶんコスパが上がるなど、プラスに作用すると解釈することも可能です(まあ、最初だけはしっかり勉強する必要がありますが)。

また、株式に投資をすることで企業の所有権(の一部)を持つということは、顧客から上手く儲ける側に回るということでもあります。

そんなことを考えて、ほったらかし投資って意外と悪くないな、と見直しました。

【参考記事:年率平均5%のリターンと聞いて、驚く人、信じる人、バカにする人



◎気をつけましょう


己の恥ずかしい失敗をネタに、ゴチャゴチャと屁理屈を並べ立てましたが、やはり、自動車や家電、住宅関連などの高額なものや(保険商品のように)長い期間課金し続けるようなものを買うときは、事前によく勉強して、じっくり検討しなきゃダメですな。。

ただまあ、買い物の交渉相手も人間なので、セコくやりすぎてもお互いあまりいい気持ちにもならないし、日本経済に貢献したし、ブログのネタも生まれたので今回はヨシとすることにします。

日頃、金融リテラシーがどうこうとこのブログで偉そうに講釈垂れてる私もこのザマです。

どうか皆さまもお気をつけください。

【関連記事:銀行の営業が親戚のおばさんに、ボッタクリの投資信託を…


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約19年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
BSテレ東マネーの学び:2022年10月13日
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論
投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


改訂版 お金は寝かせて増やしなさい
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ