いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

知人がリボ払いの罠に……キャンペーンこわい

いやはや、最近のクレジットカード契約は恐ろしいですね。

実は先日、知人から相談を受けました。

「絶対お得だから、って言われて新しくクレカを作ったんだけど、なんかよく分からないから見てくれない?」と。

その知人は近頃大人気の会員制某大型小売店で勧められ、その場で新規契約したというクレジットカードと、その関連書類一式を私に見せてきました。

お節介な私は、その書類を手に取り、ネット検索などもしながら、要点を確認してみました。そして叫びました。

な、な、なんじゃこりゃ~!!!!



◎詳細を確認していくと


もちろん、いきなり叫んだわけではありません。

まずは年会費の確認をしました。初年度は無料、翌年度以降も簡単な条件クリアで無料。ふむ。

次にポイント還元率。条件によって1%~1.5%。使途は限定されているものの、これも最近のカードにしては高還元の部類と言ってもいい。ふむふむ。

ポイントの消滅期限が短いから忘れないように使う必要があるけど、使い忘れても損をするわけではない。

んで、新規入会キャンペーンで数千円相当のポイントがもらえるらしい。

まあ、よくあるパターンだけど、悪くはないなぁ、と思って読み込んでいたら……な、な、なんじゃこりゃ~!!!!と叫ぶことになってしまったのです。



◎リボ払い初期設定の恐ろしさ


なんと、キャンペーンを適用するためにリボ払いが毎月3000円に初期設定されていて、その支払い金額は上げたくても上げられない。つまり、3000円以上の未払い残高には必ず年利15%の暴利がかかるのです。

銀行預金の金利が0.001%とかの時代に、年利15%でっせ。何万倍だよ。。

リボ払い設定自体は解除可能なものの、新規入会キャンペーンの恩恵を受けるためにはしばらくの間リボ払いを続ける必要があり、最大限にポイントをもらうために設定された金額までクレジットカードを使ってしまうと確実に損をする計算でした。

支払余力があるときも、毎月3000円しか支払うことができず、それ以上の残高のすべてを自動的に(実質サラ金で)借りて暴利を貪り取られる恐ろしい設定です。

これ、キャンペーンに釣られて(口車に乗って)そのままの設定でずっと使っていたら、かなりヤバイような気がするのですが。。。


知人いわく、「リボ払い設定にしておけば、キャンペーンのポイントがたくさんもらえるからお得ですよ。(お店の?)年会費分くらいすぐに取り戻せますよ♪」と説明を受けたらしいです。

私がその場にいたら、「おどれ、なめとんのか!」と言ってしまったかもしれません。が、おそらくその店員?もよく分かっていなかったのでしょう。

末端銀行員や新興宗教の末端信者がよく分からないままに、良かれと思って色々とオススメしてくるのと同じ構図だと思われます。

【参考記事:銀行の営業が親戚のおばさんに、ボッタクリの投資信託を…



◎基本、リボ払いはやめといたほうがいい


入会キャンペーンで得られるポイント、リボ払いで支払いきれなかった残高にかかる金利、リボ払い設定の解除タイミングなどをしっかり考えて、ある程度の金額だけ利用して実行すると僅かなポイントはゲットできそうでしたが、少しでも計算やタイミングを間違うとけっこうな損をします。そもそも、よく分かず契約してしまったような知人が上手くやれるはずがありません。

※その知人には、自分で最適な利用金額を計算できて、数か月後の最適なリボ払い設定解除タイミングを忘れなければ、このまま利用するものありだけど、その自信がないもしくは面倒くさいと思うのなら、キャンペーンポイントのゲットは諦めて、すぐにリボ払い設定は解除することオススメしておきました。


・・今回の件は、当然、知人にも責任はありますが、最近のクレジットカード契約は恐ろしいなぁ、と思いました。ひょっとしたら、最近の話ではなく、私が知らないだけで以前からこういうのはあったのかもしれませんが。

私は自分の子供には「リボ払い、キャッシング、ダメ!絶対!」と伝えるつもりであり、そういうことは度々このブログでも書いてきました。

【参考記事:クレジットカードとの付き合い方(クレカのお得さや怖さ)

当ブログの人気記事です


※ちなみに今回取り上げたカードも、リボ払いの設定さえしなければ、まあ、悪い条件のものではないと思います。また、リボ払いを利用するような人が大勢いないと(≒私のようにセコい人間ばかりだと)経済は発展しない気がしないでもないです、はい。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ