いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

自分にアーリーリタイヤ適性はあるのか?…『経済的自由をこの手に! 米国株で始める 100万円からのセミリタイア投資術』(たぱぞう著)を読みました

米国株式投資界隈・セミリタイヤ界隈のトップランナーのひとり、友人のたぱぞうさんが、またまた本を出版しました。




基本的には米国株投資の本なのですが、他の投資法や資産管理法人設立の話などにもページが割いてあり、また投資によって「セミリタイヤ」を実現するための方策や考え方などにも力点が置かれています。

お金を作って経済的自由を達成し、早めに仕事を辞めるという「FIRE(ファイア)※」なる言葉が流行っている昨今の時流に乗った一冊と言えるでしょう(※Financial Independence, Retire Earlyの頭文字をとってFIRE)。

今回も新著をプレゼントしてもらえたので(たぱさん、あざっす!)、読んでみて思ったことをつらつらと。



◎本書の概要


資産運用をしつつ、ほどほどに仕事もするセミリタイヤのススメの本でした。完全リタイヤではなく「セミリタイヤ」です。

お金を増やすだけなく、支出のコントロールやローコストな生活などによって、それを実現する方法が書いてあるのですが、価値観というか各人の「幸せの幅」によって様々なパターンやカタチが考えられると思いました。

これまでアーリーリタイヤなどについて考えを巡らせたことなんてない、というような人にとっては「目から鱗」系かもしれません。


たぱぞうさんの専門分野である米国株集中投資の合理性とその根拠を力説しているのはもちろん、今回は不動産投資や太陽光発電などについてもけっこう詳しく書いてありました。

ご自身がセミリタイヤ直後に感じていた不安なども赤裸々に書いてあり、(私はちょうどその時期に金融庁のイベントなどで、たぱぞうさんとご一緒する機会も多かったので)なるほどそんな心境を吐露していたっけなぁ、などと懐かしく思いながら読むことができました。

まあ、私にはたぱぞうさんのような「胆力」や「行動力」や「マメさ」はありません。借金をして不動産や太陽光発電に投資したり、資産管理法人を設立するような勇気もないので、常識を疑って一歩踏み出すことができる人は本当にスゲえ!と改めて思いました。

たぱぞうさんの投資規模は5億5千万円!って書いてありましたよ、この本に。ハンパねえ!!


Amazonの内容紹介文も貼り付けておきます。

ーー以下、Amazonよりーー

丁寧な投資アドバイスで大人気の米国株ブロガー・たぱぞう。40代で1億円以上の資産を築き、2019年春に「セミリタイア」という生き方を選んだ彼が、どういう投資を行って夢の「セミリタイア生活」をかなえたか、自身の経験や知識を公開し、誰にも役立つ資産運用術を懇切丁寧にガイドします。

若者もシニアも、まとまった資産がない人でも大丈夫。時間と仕事から解放されて充実した人生を送るためのノウハウは読んでおけば役立つこと間違いなし。

いま注目の米国株個別株やETF、投資信託の銘柄ガイドや、安定運用にお奨めの不動産投資、太陽光発電投資の極意、さらに資産管理法人を設立してトクするためのハウツーも満載です。

ーー以上、Amazonよりーー



◎投資で人生の選択肢を増やす


投資は人生の選択肢を増やすものだとたぱぞうさんは言います。私も同感です。

成功者による「自分にはそれしかなかったからこそ、人生が切り開けた」的な話も嫌いではないのですが、やはり、人生においてはコントロールできる部分が多いほうがいい。そして、そのためには、お金はないよりもあったほうがいいと思っています。

個人的な考えとしては、できれば我が子には、ある程度の選択肢を持ちうる道を示してあげたいです。もちろん、本人がどうするのかは、本人の自由ですが(※参考記事:我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと)。


・・主に米国株投資について書かれた、たぱぞうさんのこれまでの著書の感想文記事も以下にリンクを張っておきます。

それでも私が米国株のみでなく世界分散をする理由…『40代で資産1億円! 寝ながら稼げるグータラ投資術~初心者でもできる、はじめての「米国株」投資』(たぱぞう著)を読みました

米国株投資家なんて10年前はいなかった…『お金が増える 米国株超楽ちん投資術』(たぱぞう著)を読んだ感想・レビュー




◎自分にアーリーリタイヤ適性はあるのか


色々とイメージトレーニングをしたり、既にリタイヤやセミリタイヤをした先輩たちを見ていて思うのは、アーリーリタイヤしたあとの生活に満足できるかどうかには「向き」「不向き」がありそうだということです。

所属組織がなく、固定給もなく、定職なしという身分を受け入れて、その状況下においても己を律し、かつ引け目を感じることなく満足感を得られる生活ができるのか。

適性バッチリの人もいれば、そうではない人もいるようです。

自分がどっちなのかは正直よく分かないものの、私もセミリタイヤについて考えないわけではありません。「いつかは俺も……」というような憧れみたいなものもあります。

ただまあ、それも、ある程度の「お金」を作ってからの話ですけどね。。とりえあえず、小市民たる私は、日々の労働を頑張る日常が続きます。


・・そうえいば、「リタイヤ」や「セミリタイヤ」について、私は2013年の段階で以下のような記事を書いていました。

今でも基本的な考えは同じです。

【参考記事:セミリタイヤとかしてみたいけど…


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約19年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
BSテレ東マネーの学び:2022年10月13日
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論
投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


改訂版 お金は寝かせて増やしなさい
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ