いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

知人の急逝に思うこと…家族に伝えておきたいメッセージ

少し前の話ですが、知人が急逝しました。まだ30代の屈強な男でした。

いつもと変わらぬ一日を過ごしている中で、おそらく本人も気づいていないであろうと思われるほど一瞬で意識を失い、そのまま、だったそうです。

家族にお別れの言葉を言う機会はおろか、何の準備も覚悟もしていない状況で、突然プツリと人生が終わってしまった……。

葬儀の際、悲しみを堪えきれない家族、父親の死を認識できず陽気にはしゃいでいる幼い子供、嗚咽を抑えきれず咆哮をあげる参列者たちなどを目の当たりにし、私も冷静でいることができませんでした。



故人の冥福を祈り、親族の無念に胸を引き裂かれる思いをしつつも、身勝手な私は、少し時間が経つと、自分自身の生死について考えをめぐらせていました。

自分にも同じようなことは起こり得る。もしも自分がそのような事態になったときのために、事前にやっておくべきこと、できることはないだろうか、と。

・家族に伝えたいことを事前に話しておくとか、何かに書いてその保管場所を知らせておくとか

・自分の死を知らせて欲しい人リスト、医療(いざというときの延命措置)や葬儀(や墓)などについての意思、遺産のことなんかをまとめておくとか

・Twitter、Facebook、ブログなどSNS等はどうするのかとか……


思い浮かぶことは色々あったのですが、すぐにすべての答えを用意したり準備することは当然できません。ただ、次の瞬間に人生が終わる可能性もなくはないことがその思考のきっかけだったので、家族に伝えたいメッセージだけは先延ばしせずに考えました。まずは10秒程度で伝えられる、本当に伝えたい強いメッセージだけを。

妻に伝えることはすぐに決まりました。家族全員に対して伝えたいことも、基本的には妻に伝えたいメッセージと同じです。

しかし、別途、子供に伝えるメッセージを考えると、これがなかなか難しい。子供に対しては、なんらかの教訓になったり、今後の人生の道しるべとなるような言葉を選ぼうなどと思ってしまい、簡単にまとめることができないのです。子供へのメッセージはもう少々時間をかけて練ることにしました。


そして、その日の夕食時に、突然私は、家族に自分が突然死んでしまう可能性の話をして、自分が生きているうちにみんなに伝えておきたことを考えたぞ!と前置きをしてメッセージを伝えました。

「ありがとう。とにかく、ありがとう。全部、ぜんぶ、ありがとう」と。

本当に今際のときに、同じことを思うかは分かりませんが、イメージした限りでは、感謝の念だけが沸き上がったのです。そして、それを直接伝える機会があっただけでも自分は恵まれているなぁ、なんてことを思いました。

これでいつ死んでもいい、とまでは思えませんが、その思いを伝えてあるかないかで、随分と見える景色が変わった気がします(すぐに風化するかもしれませんが)。

もちろん、突然死が訪れる確率は高くないので、あまり手間やコストのかかる準備するのは現実的ではありません。が、可能な範囲である程度の備えはしておきたいものです。

既に、金融資産の預け先(運用先)や保険のことなんかについては、「俺が死んだらこれを見てくれ」というリストを10年以上前に妻向けに作ってあって、たまに更新していますし、子供向けに伝えたいお金の話は、以下のリンク先の記事にまとめてあります(子供には「興味が沸いたら、お父さんのブログを読んでみてもいいぞ」とは言ってあります)。

【該当記事:我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと



・・いま自分が在ること、自分が持っているものに目を向けて、その幸せとありがたみを忘れないようにしたいものです。

また、このようなことを考えるきっかけをくれた故人への感謝の念を忘れず、心から冥福を祈ります。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ