いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

『投資信託はこの9本から選びなさい』(中野晴啓著)を読みました(感想・レビュー)

セゾン投信の社長でもある中野晴啓さんの人気著書を手に取る機会があったので、これ幸いと読んでみました。


私も投資を始める前後は、投資に関する著書を読みまくりました(それこそ図書館にある関連書籍を片っ端からすべて読破しました)が、国際分散インデックス積立投資を自分のスタンスと決めてからは、投資関連本とくに初心者向けの本をわざわざ購入して読むような機会は減っていました。

私のような投資スタンスの場合(参考記事→インデックス投資とは)、ある程度の勉強をして基本的なことを理解してしまえば、あとはそれ以上いくら勉強をしたところで、リターンが向上するわけではありません。

しかし、だからといって、まったく投資に関する情報を拾わずに思考停止になってしまうのも考えモノなので、たまには読むようにしています。



私の手ほどきで投資を始めた同僚が、つい先日、

「出張のときの長距離移動のお供にと思って、駅の本屋でテキトーに選んで買ってみたら、読みやすくて、なかなか面白い本だったよ。読んでみる?」

と言って手渡してくれた本が、たまたま『投資信託はこの9本から選びなさい』でした。



◎投資家にとっての必須知識が詰まった良本


せっかくの機会だったので早速読んでみると、日本の投資信託誕生の背景や販売現場の現状などが分かりやすく書かれており、かつ投資信託の仕組みについてもキチンと説明されている良本でした。

「投資信託って実際どんなモノなんだろう?」と思っている初心者や、「投資を始めてはみたものの、このままで良いのだろうか?」と思っているような人が読む本としてオススメできると思いました。

マーケットの平均的なリターンや、販売窓口でオススメを聞いてはいけないこと、また投資信託の手数料体系とそのインパクトなど、投資家にとっての必須知識がしっかりと書かれています。

ただ、基本的に私は、中野さんの話が好きですし、その立ち上げから注視しているセゾン投信を応援したいという感情的なバイアスを持っている人間なので、あえてイヤらしく厳しい目線での雑感を書いてみることにします。



◎無リスク資産とのバランス


スクリーニングの結果、買ってよいファンドとして株式運用オンリーのファンドを紹介するのなら(やはりそれだけではリスクが高すぎると思うので)、債券や無リスク資産とのバランスについてもう少し説明しても良かったのかなぁと思いました(参考記事→まずは生活防衛資金)。

私もすべての投信会社の発信情報やコラムを読んでいるわけではありませんが、ファンドの売り手が無リスク資産の重要性を説いている情報を見た記憶は残っていません。だからこそ、そこに言及することで「投信業界の良心」的な心意気を見たい。



◎スクリーニング方法とその結果について


投資なんぞに時間をかけたくない普通の人が投資信託を買うという前提があるならば(この本はそういう本だと私は解釈しました)、これ一本だけで十分だと言えるようなアセット分散があるものをスクリーニング条件に入れても良かった気もします(そうするとセゾン資産設計の達人ファンドが外れてしまいますが…)。

先ほども書きましたが、株式運用オンリーのファンドを紹介するのなら、他のアセットとのバランスについても説明しないと、初心者がヤケドをする可能性の高い不親切なものになってしまうと思います。

前回の著書『投資信託は、この8本から選びなさい。』のときは、「1年以上にわたって毎月資金が純増であること」だったスクリーニング条件が、「1年間の資金流入が純増であり、それがこの3年にわたって継続されていること」に変わったのは、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド(2022年9月10日よりセゾン・グローバルバランスファンドに名称変更)がスクリーニング結果に残るための必須変更だったのだと思いますが(笑)、この条件がより長期投資に適したファンドを選ぶためのものであるという点についてはその通りだと思うので、否定的な見方をするつもりは全くありません。

細かいツッコミどころはあるものの、あと少しの補足があれば、スクリーニング方法とその結果は概ね納得のいくものだと思いました。



重箱の隅をつつくようなことを書きましたが、多くの「普通の人」にとって、この本の基本的な主張や投資信託の見方(スクリーニング方法)はとても参考になるものでしょう。

投資なんかに時間をかけず、信用するに足る投資信託を積み立てておけば、将来的にそれなりの「自分年金」を確保できる可能性が非常に高いという、普通の人にとっては気づきもしない世界に多くの日本人が気づくことは良いことだと思います。
(各人が実際に投資をするかどうかは、その次の話です。)


同僚が私にこの本を手渡ししてくれるときに言った感想は、

「ここ最近、アベノミクスとかいって世間で騒がれてるから、俺もなんか色々としなきゃいけないのかなとか思ってたけど、この本読んだら、既に何年も前から自動積み立てで国際分散投資をしてる俺は、別に他に余計なことする必要はないんだな、って気になったよ」

というものでした。

彼は全くの投資初心者というワケではありませんでしたが、彼にそのような感想を持たせたということは、著者の意図がしっかりと伝わっているのだなと感じました。


(参考記事→セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約19年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
BSテレ東マネーの学び:2022年10月13日
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論
投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


改訂版 お金は寝かせて増やしなさい
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ