いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

グローバル3倍3分法ファンドは買いなのか?…デメリットはないの?

ブログのメールフォームを通じて「虫とりさんは、グローバル3倍3分法ファンドをどう思いますか」というような質問を何件かいただきました。

最近はインデックスファンドのコスト競争以外に話題の少なかったこの界隈で、けっこう盛り上がっているお題ですな。

3bai1.jpg
※該当ファンド目論見書より


まだファンド(投資信託)設定から1年ちょいしか経ってないのに、純資産総額は3000億円を超え、もうすぐに4000億円にも届いちゃいそうなバブル臭さえ漂う勢いビンビンの投資信託であります。

ここまでのパフォーマンスも「株ほど下げずに、株のように上がっ」ていて、上々と言えるでしょう。かなり評判もいいし。

バックテスト(過去のデータを用いたシミュレーション)によると、このファンドのリターンは約15年で10倍以上になる計算だったそう。ひょえ~~!!



◎有効フロンティアの上?


さて、日興アセットマネジメントの「グローバル3倍3分法ファンド」を簡単に説明すると……

3bai2.jpg
日興アセットのファンド紹介ページより


・・って、簡単には説明できないよ。。仕組みが複雑すぎるって。

投資未経験者さんや初心者さんにこのファンドのことを分かりやすく説明するのは、アホな私には難しいです。


ただ、それでも無理を承知で乱暴に説明を試みると、特に先進国債券先物を利用してレバレッジを効かせることでクッション性を高めつつも、上げも逃さない設計の、株式やリートも中心とした国際分散インデックス型バランスファンドってとこでしょうか。

色々と駆使して有効フロンティア(リスクとリターンの最も効率的な組み合わせ)の上を目指しているそうです。んで、実際、直近一年とバックテストにおいては上手くいっています。

販売手数料無料のネット証券などで買えば、コストも充分に安い(信託報酬は税抜0.44%)。

信託期間があと9年間しかないというのはちょっと気になりますが、まあ、好調ならきっと延長するんでしょう。もし本当にあと9年で終わったら、説明資料に書いてあった「長期の資産形成のための骨太のファンド」が笑います。長期でも骨太でもないじゃん!と。



◎アセット分散とリバランスは私の好物


リスク資産は株式100%でOKという投資ブロガーや著名人が増えてきている中、このファンドは債券やリートにも分散投資しています。

しかもそれらは固定配分のため、各資産の上げ下げを定期的なリバランスで「高値売りと安値買い」を繰り返して利益の底上げを図る戦略のようです。これは私の好み。

3bai3.jpg
※3倍3分法Magazineより(PDF)


基本的な運用パーツはインデックスを使っているので、余計なコストが抑えられ、またファンドマネージャーの変な相場感や銘柄選定が入らないのもgood。

世に溢れ返っているぼったくり商品ではないでしょう。いいファンドだと思いますよ。

【参考記事:投資していなかったアセットクラス(資産)が爆上がりしているときに動揺せずにいられるか



◎面白いファンドだ(けど)


グローバル3倍3分法への積み立て投資を継続することで、数十年後に笑っちゃうくらい儲かってる人がいるかもしれません。ひょっとしたら金融界における世紀の大発見かも。。

ただ、集まっているお金の質やコスト構造を含め、どういうリスクが潜んでいるのかまだよく分からないというのが正直なところです。

バックテストで上手くいくのは当然。っていうか、いつの世もバックテストで上手くいったものが新商品になるのです。バックテストで上手くいかなかった新商品が出ることはほぼありません。ただ、すべての新商品が上手くいくこともありません。確率的に大抵はコケます。

今は猛烈に資金が集まっているものの、そのうち販売会社が積極的なセールスをやめることで資金流出が始まったりしないか。株価や金利の影響などで基準価額が下がったときに投資家が逃げ出したりしないのか……。このファンドのデメリットというか、心配はそのへんですかね。


・・理にかなってるし、面白いし、いいファンドだとは思うものの、既に自分のスタンスが出来上がってしまっている私には今のところ必要性を感じないし、あんまり欲張る必要もないのかなと思っています。

自分のトータルなアセットアロケーションを把握する際に、レバレッジによって膨らんだ日本株や債券部分をどう計算すればいいのかとか色々とめんどくさいし。

ただ、私が面倒くさがり屋だというだけなので、欲しい人がこれを買うのは全然ありだと思いますよ。ファンドの中身と運用方法を理解して納得できるならね。

【参考記事:インデックス投資継続のハードル


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ