いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

それでも私が米国株のみでなく世界分散をする理由…『40代で資産1億円! 寝ながら稼げるグータラ投資術~初心者でもできる、はじめての「米国株」投資』(たぱぞう著)を読みました

1億円くらいの資産を作ってセミリタイヤした友人のたぱぞうさんが書いた米国株投資の啓蒙本です(今回もいただきました。たぱさん、あざっす!)。




分かりやすくていい本でしたよ。さすがは月間100万PV超えの大人気ブロガー。米国株投資だけに限らず、周辺分野の勉強にもなります。

ほぼ同時に出版されたたぱぞうさんのもう一冊よりも易しく書かれている感じがするので、どちらか一方だけなら、初心者や未経験者にはこっちのほうがオススメかな。

【参考:米国株投資家なんて10年前はいなかった…『お金が増える 米国株超楽ちん投資術』(たぱぞう著)を読んだ感想・レビュー



◎たぱぞう節炸裂!


この本の中でたぱぞうさんは、日本や新興国への株式投資がいかにダメでアメリカが素晴らしいかを(データや根拠を示しながら)説明し、お勧めの金融商品を紹介したりしつつ、米国株投資の優位性を力説しています。

投資関連のお得な税制優遇制度であるiDeCo(個人型確定拠出年金)やNISA(小額投資非課税制度)についてもしっかり解説し、庶民が投資によって無理なく資産形成する方法を教えてくれます。

仮に私が投資未経験の状態でこれを読んでいたら、純度100%の米国株投資家になっていたかもしれません。

《※参考記事》
確定拠出年金ってなによ?
つみたてNISAってなんだ?




◎アメリカは最強で米株投資は合理的


・・とは、思うのですが、私は日本や新興国にも投資をしています。

例えば、この本の中でたぱぞうさんが指摘しているような新興国の法整備の甘さ、日本の株主軽視傾向などを投資不適格の根拠と見なすのか、それとも、まだその分の改善余地・成長余地があると見なすのかでは、投資判断は変わってきます。

また、アメリカは最強で投資対象は米国株だけでいいと大多数の人が思っているとしたら、「その期待」も既に現在の価格に織り込まれている可能性が充分にあり、株価が右肩上がりを続けるためには、米国企業はその期待をも上回り続ける必要があります。

私もアメリカは最強だと思いますし、米国株投資は合理的だと思っています。でも、自分の考えもアメリカ株のことも完全には信用していないので、米国への投資を厚くしておきつつも、一応他国や他アセットへの分散もするようにしています。

もしも投資できるのが世界の国の中でどこか一か国だけというルールがあったら、そりゃあ、迷わずアメリカにしますよ、当然。

でも、そんなルールはありません。

アメリカは強いとは思うものの、歴史を学び、世の人々を見ていると、不安と楽観、期待と失望、好況と不況などは循環し、米国とその他の国のマーケットの好調・不調がたまに入れ替わる可能性にもベットしておきたい。

その好・不調のギザギザをその都度リバランスすることで、それぞれの高値売りと安値買いを繰り返し、自分のトータルな投資対象のリターンを底上して、結果的にはほどほどになればいいのかなと。

もちろん、私のスタンスでは米国一点集中に負ける可能性も多分にあるものの、米国にも充分な投資資金を振り分けているので、その場合もそこそこその恩恵は受けられるはずと割り切っています。

※積み立て投資とリバランスによって、必ずしも右肩上がりのマーケットでなくてもしっかりと利益が出る可能性があることを理解していない人は意外と多い印象です。

【参考記事:投資していなかったアセットクラス(資産)が爆上がりしているときに動揺せずにいられるか



◎自分なりに納得できればOK


様々なアセットを保有して、それぞれの異なる値動きをリバランスの肥やしにする。どれも保有しつつ、どれも全面的には信用はしない……ってのが私のスタンスです。

ただ、米国集中投資にしても、世界分散にしても、成功するかどうかは、おそらく今後もやってくるであろう暴落時や停滞期にも投資を継続出来るかどうかでしょう。

その継続が可能であれば、投資なんて自分なりの納得感があってストレスなくやれるスタンスであれば、なんでもいいと思います。

言うまでもありませんが、私は、米国株投資も世界分散投資も似た者同士であり、対立関係にはないと思っています(よく対立を煽るようなメールは届きますが)。

同じ目的地に向かう仲間が、その目的地に車で行くのか、鉄道で行くのか、それとも飛行機で行くのか、また、どの道を使って行こうとしているのか、というような話です。

たぱぞうさんのこの本の内容紹介については、既に方々のブログに上がっているので、私はちょっと別の角度から書いてみました。

【参考記事:株式100%のポートフォリオでいい、という主張はおそらく正しい


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ