いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

一般NISAのロールオーバーをどうするか悩んでいる元同僚から相談を受けた話

一般NISAがスタートした2014年からそれを利用していた元同僚が、いよいよ最初の年の投資枠の非課税期間終了を目前に控え、ロールオーバーすべきか否かとLINEで私に相談してきました。

彼は10年間近く国際分散積み立て投資を続けており、今後も継続するつもりだとのこと。

・・で、LINEでやりとりするんじゃメンドくさいから、久しぶりに会って一杯やりながら話そう、ということになり、お互い仕事帰りに刺身の美味い居酒屋に寄りました。

厳選された新鮮な刺身はもちろん、カスベ(アカエイ)のから揚げ、朝茹でガザミ(ワタリガニ)、炒り銀杏、絶妙の塩加減のサンマの塩焼き、カリカリの焼きおにぎり(しそ入り)などに舌鼓を打ち、ふぐのひれ酒を堪能しながら、元同僚の今後の投資方針について語り合いました。



◎超メンドくさがり屋の元同僚


その元同僚は、ことお金に関してはかなりのメンドくさがり屋で、今回のロールオーバーの件に関しても、証券会社から書類が送られてきて、なんらかの決断をしなければならないということで、(おそらく奥さんにプレッシャーをかけられて)仕方なく私に相談してきたのです。

話し始めても、非課税期間と投資可能期間の違いは分かっていないし、これまで約5年間積み立ててきた分のすべてを一気にロールオーバーするものだと思っているようで、まずはそのあたりの基本を説明するところから始まりました。

約5年前、私は彼に、絶対じゃないけど使ったほうがお得になる可能性が高い、とNISAの概要を説明して、彼はそれを利用するという判断を下しています。

【参考記事:NISA(少額投資非課税制度・日本版ISA)をどう利用するか


彼は、国立大学の理系学部を出ていてめっちゃ頭はいいのです。仕事だってものすごく丁寧で、誰からも信頼される「デキる男」。私も軽く嫉妬するレベルでした。

なので、5年前も今回も、私が説明すると複雑なNISA制度をすぐに理解します。でも、すぐに忘れる。。

・・ただ、普通の人の投資に対するアンテナというか興味なんて、こんなもんですよね。私のようなブロガーが例外的なマニアなのです。

彼は、最初に正しい方向性の仕組みを作って、あとは最低限(今回のように)必要なときに判断を下すというスタンスにしているわけで、非常にコスパのいい投資をしているともいえます。実際、一般NISAにもたっぷりと利益がのっているようでした。



◎一般NISAのロールオーバーとは


ロールオーバーとは、5年の非課税期間を終えた金融商品を、新たに発生する非課税枠に移すことです。

それまで一般NISAで保有していた金融商品の時価が年間の投資可能額上限(120万円)を越えていても、そのままの時価で移せるので、よりお得になる可能性があります。

ただし、5年後のマーケットがどうなっているかは分かりません。結果として、利益が出ているうちに売却したり、ロールオーバーせずに課税口座へ移管しておいたほうがお得だった、ということになる可能性もあります(何も手続きをしなければ課税口座へ自動移管)。

また、ロールオーバーを選択して、かつ、積み立て投資を続けるのであれば、来年は課税口座での積み立てになります。


※詳細を把握したい方は、楽天証券の当該ページをリンクしておきますので、ご参照ください。

NISA口座におけるロールオーバーのご案内(非課税期間の満了にともなう2018年末の対応について)

※つみたてNISAにはロールオーバーはありません。



◎彼の判断軸は一貫していた


上述したようなことを私は居酒屋で元同僚に話しました。

んで、一般NISAでロールオーバーするか否か、もしくはこの際、来年からつみたてNISAに変えてしまう、などの選択肢も提示してみました。

彼はなるべくシンプルに楽チンに投資を続けたいとのことでした。手間がかかるのは嫌だ、と。

で、結論としては、一般NISAはロールオーバーせずに自動移管。来年からはつみたてNISAに切り替え、非課税枠(投資可能額上限)から溢れてしまう分は課税口座での積み立てにすると決めたようです。

つみたてNISAに切り替える手続きもメンドくさいけど、これから毎年ロールオーバーするかどうかに頭を悩ませ、都度都度その手続きをするのはもっとメンドくさいとのこと。なるほどね。


彼は今後まだ20年以上は働き続ける予定で、毎月の定額収入が見込めるので、そういう意味でもつみたてNISAはアリだと考えたようです。

私も彼ほどメンドくさがり屋ではありませんが、そういえば、同じような理由でつみたてNISAに切り替えたことを思い出しました。

参考記事:「つみたてNISA」と「現行の一般NISA」どっちにするのか決めたよ



◎彼はセゾン投信ホルダー


彼は10年近く前からセゾン投信の「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」だけを積み立てています。

途中、何度か、もうちょい低コストの同じようなファンド(投資信託)が登場した際に私は、こんなのが出たよ、セゾンよりも安いよ、と情報提供したのですが、大した違いは感じないとのことで、積み立て商品を変えることはしませんでした。

そういえば数年前にiDeCoを利用できるようになったことを教えたときも、一応、セゾン投信の同じファンドを積み立てるべく楽天証券の口座は開いたものの、まだその先の手続きはしていないそうです。「投資信託はこの証券会社ひとつだけ!」という状態が心地いいらしいです。

投資スタンスは人それぞれですが、そういう方針でも全く問題ないと私は思います。そこそこ国際分散された、そこそこ低コストな投資信託で積み立て投資を続けていれば充分です。ゴチャゴチャやっても大して変わらない……ってか、投資スタンスをコロコロと変えるよりはずっといいのかも。


・・けっこう色々書きましたが、居酒屋で彼と投資の話に割いた時間は最初の15分くらいで、あとはしょうもないバカ話ばかりして楽しみました。

ちなみに今回の元同僚は、5年以上前に書いた以下の記事で、ある時期にパフォーマンスを比べたら、私よりも高パフォーマンスだったとして登場させた人物と同一人物です。

参考記事:リスク資産管理の優先順位変化


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ