いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

クローズアップ現代+のゲストに何でも訊ける贅沢なイベント…つみたてNISA Meetup 女子部(金融庁と個人投資家の交流企画 in 東京・2018年11月2日)

昨年4月から月イチくらいのペースで催されている「金融庁と個人投資家の意見交換会」=「つみたてNISA Meetup(つみップ)」は、コツコツと継続されています。

「女子部」ということで、一般参加者は女性限定だったのですが、私は先輩投資家的な立場でゲスト席に座らせてもらい、参加者さんの質問に回答したりしました。

今回はやや参加人数が少なめでしたが、その分密度の濃いつみップだったように思います。

参加者は真面目なしっかりものの女子ばかりのような印象を受けました。



◎超豪華なゲスト


今回は(も?)、岩城みずほさん、大江加代さん、山崎元さん、田村正之さん、岡田篤さん、水瀬ケンイチさん、吊られた男さん(当日の席順)、と(私以外は)超豪華なゲスト陣が揃っていて、懇親会に参加すればどのゲストともじっくり話せて質問し放題の、マニアから見れば垂涎のイベントだったように思います。

当日の流れとしては、まずはいつもの金融庁サイドからの簡単なプレゼン。

次は、FPの岩城みずほさんから、女性目線で「一生お金に困らないために、今からできること!」というテーマのお金の運用に関して大切なことギュッと詰め込んだお話。

《参考記事》
お金のことワカラナイ女子必読!『腹黒くないFPが教えるお金の授業』(岩城みずほ著)を読んだ感想・レビュー



んで、さらに、NPO確定拠出年金教育協会の理事の大江加代さんが、「老後資産を作るiDeCoについて」と分かりやすく力強いプレゼントをしてくれました。

《参考記事》
『図解 知識ゼロからはじめるiDeCo(個人型確定拠出年金)の入門書』(大江加代著)を読んだ感想・レビュー



つみップの場で、金融庁管轄のつみたてNISAではなく、厚生労働省管轄のiDeCoについての啓蒙を行う時間を設けるところに懐の深さを感じます。

《参考記事》
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?



その後は、ゲストたちへの質問コーナーや懇親会という流れでした。



◎盛り上がる質問コーナー


ブロガーミーティングの類でも、つみップでも、やはり一番盛り上がるのは質疑応答の時間です。

今回も、安い投資信託が新たに設定されたら乗り換えるべきか、とか、つみたてNISAの出口部分の話とか、オススメの本やサイトを教えてほしい、といったおなじみながらも誰もが悩んだり知りたくなるような質問が飛び出しました。

「つみたてNISA Meetup」なのに、大江さんのプレゼンの影響力のせいか、iDeCoに関する質問が多かったです。日本で一番iDeCoに詳しい人がそこにいたのですから当然ですな。

《当日の質問関連記事》
楽天VT?iFree?たわら?eMAXIS slim?ニッセイ?野村?三井住友?…どれを選べばいいのか分からないよ

インデックス投資の出口戦略についての考え

昨年(2017年)、当ブログ経由で買われた本ベスト10



◎参加したら、ぜひ懇親会にも!


ゲスト陣も全体の場では模範的な回答しかできない場合が多く、一人ひとりにフィットする最適解はそれぞれだったりするので、悩みや疑問をお持ちの方は、懇親会でゲストたちに直接訊きまくると、納得いく回答が得られる可能性が高いと思います。実際そのような感想を聞かせてくださる参加者さんは大勢います。

なんせ、制度設計者、金融業界を知り尽くした評論家、プロのFP、情報通の記者や編集者、実際に投資経験の長いブロガーなど、様々な相談相手が一堂に介しているのですから。

例えば、山崎元さんなんて、つい数日前にNHKの「クローズアップ現代+」にゲスト出演している超大物ですよ。フェイス・トゥ・フェイスでその人に気軽にどんなことでも訊けるんでっせ。

それに、このイベントに参加しているゲストは、どんなに些細で初歩的な質問であっても、バカにするようなことは絶対にしません。真摯に向き合ってくれるはず。

【参考リンク:クローズアップ現代+:あなたの資産をどう守る? ~超低金利時代の処方箋~ 2018年10月30日

動画ではなく文字起こしされています



◎つみップは、まだまだ続く!


つみップは「投資イベント」とは言っても金融庁が主催しているので、怪しいぼったくり金融商品の勧誘をされることはありません。しかも、一人で参加している方の多いイベントでもあります。

少しでも気になっている方は、次回つみップに参加申し込みをしてみてはどうでしょうか? 初心者さんでも全く問題ないと思いますよ。

今年は年末にもう一回くらいはやる予定のようです。

開催予定や配布資料などは、以下のサイトにアップされます。

つみたてNISA Meetup(つみップ) 公式サイト


また、参加者募集案内などを含む関連速報は、ゆるキャラの「つみたてワニーサくん」がツイートしてくれるはずです。

つみたてワニーサくんツイッターアカウント



【当ブログの主なNISA関連記事】
NISA(少額投資非課税制度・日本版ISA)をどう利用するか
ジュニアNISA(ニーサ)について…我が家はどうするのか
「つみたてNISA」ってなんだ?…金融庁の制度担当者に聞いてみた
で、自分は現行(一般)NISAとつみたてNISAのどっちを利用するのかという話


【参考:これまでの金融庁との意見交換イベントin東京の報告記事】
(2017年)
絞り込まれた投資対象商品・4月7日
ついに金融庁幹部登場・5月29日
投信運用会社を招喚・6月29日
投信販売会社は100%前向き?・7月26日
つみフェス2017・9月10日
職場での投資普及作戦会議・10月22日
女子部 in 東京・11月17日
無念の初欠席・12月22日
(2018年)
初心者さん、いらっしゃい・1月19日
女子会に闖入?・2月15日
投信あるある・3月16日
チンピラと呼ばれて…つみフェス2018・4月21日
学生の興味は仮想通貨に集中?・6月19日
インデックスファンドへの資金流入は順調!・7月27日
イチ押しの投資信託は?・9月13日


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ