いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

日経新聞のNISA特集に掲載されました

本日(2013年7月3日)の日本経済新聞朝刊に、私のコメント的なものがチョロっとだけ掲載されました。

21面(M&I・マネー&インベストメント面)です。

nisa.jpg


ホントにチョロっと、であります。

どこに載っているのかを見つけることでさえ、「ウォーリーを探せ」の最後のページなみに難しいですが、見ようによっては名脇役でならした川谷拓三氏のような味が出ているといえなくもありません(いや、スンマセン!嘘つきました。そんな味はありません)。

それに、なんというか、安易につけてしまった「虫とり小僧」なるふざけたハンドルネームが、記事の品位を大きく汚しているように見えます(汗)。
日経新聞さん、申し訳ありません。。

※記者の方は、取材中はもちろんのこと、取材前後の連絡などでも、非常に真摯に丁寧に対応してくださいました。



◎NISAの利用法や投資を始めたけっかけなどを話す

現段階で私がNISA(日本版ISA・少額投資非課税制度)について考えていることは、以前の記事(NISAをどう利用するか)に書いたとおりです。

取材のときは、その記事に書いたことをベースに、投資を始めたきっかけやら、仕事のことやら、家計のことやらと、様々なことを2時間近くにわたってお話しました。

そして、およそ2時間の間に、記者の方の白紙の取材ノートが1冊すべて文字で埋まってしまいました。
おそらく、他の方への取材も同じようなものなのだろうと推測できます。それをあれだけの分量に削る作業たるやさぞかし難しいだろうなぁと思いました。

ひょっとして、記事に必要なほんの一言を聞き出すために、長時間相槌をうちながら、私がドヤ顔で話すくだらない戯言を聞いてくださったのかと思うと、記者の方は真冬に滝に打たれる苦行をしているような心境だったのではないかと心配になっています。



◎NISAとは関係のない話が加速しますが・・・

記者の方は女性でした。
顔の知らない女性と初めてお会いするのは、ドキドキするものです。

お互いの髪型や持ち物の特徴を事前にメールで通知しあい、色々と想像を膨らませながら、実際に対面するまでの時間は非常に刺激的でした。

アキレス腱を断裂し、そのリハビリ過程にあった私の目印は「黒い杖(つえ)」でした。なかなかファンキーな目印だと自分でも思っています。

以前、同窓会の一次会から二次会への移動中に複数の旧友たちと歩いているとき、私と同級生の女性が二人きりで歩いているようなアングルで何者かに後ろから写真を撮られ、「○○(所属組織名)の虫とり小僧(実際は本名)が女と歩いてるぞ!」とツイッターに投稿され、それをまた何者かに2ちゃんねるにコピペされるという非常に嫌な思いをしたことがあります。

何も悪いことはしていないのに、なぜか嫁に釈明のようなことをして嫌な汗をかきました。
あんな経験は二度としたくありません。

取材後、取材を受けたスターバックスから最寄り駅までの行程で、女性記者の方と二人きりで歩いているところを誰かに目撃されてスキャンダルネタにされてはたまらないと思い(知り合いの多い地元だったので)、大変無礼ながら記者の方には先に帰ってもらいました。

私ごときの男の調子に乗った珍妙な自意識過剰ぶりに、記者の方はさぞかし驚いたことでしょう。


・・あれ? NISAとは全く関係のない雑感ばかりを書いてしまいました。

そんな自分への罰として、これからスクワットを300回やります。
御免!


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ