いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

投資における短期目線と長期目線…為替や株価の変動を受けて罵り合う投資家たち

自分のTwitterの過去のつぶやきを眺めていたら、2012年2月22日にワタクシ虫とり小僧は以下のようなことを言っていました。

「ドル円が77円から80円になっただけで「円安だ!」と騒いでいるのだから、いつか160円から154円とかになったりしても「円高だ!」と騒がれるのだろう。人間は近視的だ」

6年以上も前の自分のつぶやきを漁るなんて、私はまさに暇人でございます。

そんな暇人ゆえ、ふと、投資おけるモノの見方の「短期」と「長期」について考えてしまいました。



◎目先の値動きは気になってしまうもの


現在のドル円為替水準(110円前後)から考えれば、当時「円安だ!」と言われた80円は超円高に見えますし、154円は超円安に見えてしまいます。

冒頭の私(の過去)のつぶやきは、為替に関するものですが、このあたりの感覚は、株価や投資信託の基準価額でも同じようなものでしょう。

人間はどうしても目先の状況に大きな影響を受けてしまいがちです。ましてや、自分で初めて身銭を切って投資したものの値動きなんて、童貞男がキラキラ女子の一挙手一投足から受ける影響ばりに刺激があってもおかしくはありません。

投資を始める前に、「世界の主な株式市場の100年スパンとかのグラフを見たし、長期なら安心や!」などと思ってインデックス投資を始めても、日々のわずか数パーセントの値動きが気になってワーワーやってしてまうのは仕方のないことなのかもしれません。

慣れないことだと特に近視眼的になってしまうようです(私もそうでしたし…)。

【参考記事→1年間以上含み損を抱えている私の気持ちなんて分からないでしょう



◎長期ってのは最低10年以上?


ところで先日、MSCI日本法人の方から、投資における「長期」と「短期」の考え方について、感覚的にしっくりくる以下のような言葉を聞きました(参考→長期ではインデックス強し!…MSCIの「指数」勉強会)。

「市場が効率的か否かについては、どちら側の主張でもそれぞれノーベル賞を受賞している学者がいる。おそらく長期では効率的で、短期では非効率だろう。つまり、3~5年くらいだと市場は間違うが、10年以上のスパンならおそらくそんなに間違えることはないはず」

というものです。

10年以上であれば、まあ長期と呼んでもいいのかな、と私も思っていました(最低ラインではありますが)。

過去のデータを見ても、一般的な国際分散インデックス投資を10年以上続けていれば、マイナスになっていることはほとんどないので、そういう点においても、また、分かりやすさという点でも「10年以上」というのは一つの目安かもしれませんね。

【参考→インデックス投資とは



◎長期は短期を兼ねる、のかも


投資の目的や想定ゴールは人それぞれです。当然、投資を継続する予定期間も人によって異なります。

だもんで、リスク資産の値動きの捉え方について、個人投資家同士でも議論が噛み合わないことはよくあります。長期投資家を標榜している(いた)個人投資家同士でも、値動きに対する感度の違いから、お互いをバカにし合うようなシーンをよく見かけます。

例えば、

「こんな状況で長期投資とか言ってリスク資産持ち続けるとかw 情弱ぅ~ww」
「この程度の値動きで動揺してんじゃねーよw メンタル弱ぇ~なザコがww」


とかね。

ま、リスク資産の値動きに対する感度は、経験によるところも大きいようです。

感覚的な話で恐縮ですが、長期派の中には短期派の言い分を理解できる人がけっこういるものの、短期派の中に長期派の言い分を理解できる人は多くないような気がします。・・それから、長期目線を持ちつつ短期で遊ぶ、というような余裕のある人もたまにいます。

つまり、大は小を兼ねる……「長期」は「短期」も兼ねるようです。

言い換えると、短期目線のざわつきを克服せずに、長期目線を持つのは難しいということなのかもしれません。

・・いつもながら、意味不明かつどうでもいい屁理屈記事、大変失礼いたしました。


【参考記事→インデックス投資を成功させるための3つのポイント


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約19年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
BSテレ東マネーの学び:2022年10月13日
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論
投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ