いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

『人生を自由に生きたい人はこれだけ知っていればいい お金で損しないシンプルな真実』(山崎元著)を読んだ感想・レビュー

著者の山崎元さんからいただきました(恐縮にござりまする)。




資産運用業界最強の論客が、「子供も大人も読めるお金の哲学」をまとめてくれました。「一家に一冊」的な本を目指した、とのこと。

執筆の動機は、「自分の子どもも含めて、今の子どもや若者たちに、お金について本質的な内容を伝えておきたいと思った」ことだそうです。んで、なんと実際に、中学一年生になるご自身のお子さんにも読ませたとか……。

こ、これは、当ブログのタイトルとほぼ同じ「山崎版!子供に伝えたいお金の話」じゃないですか!



◎山崎元さんとは


「分かりやすく」結論だけを書くような本やコラムが多く読まれる昨今ですが、山崎元さんは結論へ至る根拠を妥協せずに書くスタイルを貫く、この界隈の大御所です。

公の場で誰に遠慮することなく、正しいことだけを簡潔かつ痛烈に言い切るので、非常に多くのファンを持っています(特に高偏差値層にファンが多いように見えます)。

ただその一方で、感情に寄り添うことよりも正しさを優先し、限りなく白に近くともグレーゾーン以下であればコテンパンにこき下ろしてしまうため、(それって全く間違ってはいないのですが)ビビってしまう読者さんもいるようです。

ご本人は専門分野に関して、情報の受け手をバカにせずに、誠実に正解を述べているだけなのに……。まあ、世の中ってのはそういうもんですよね。。

「この投資商品は、ものすごく悪いものだと山崎元さんが書いていたのですが、絶対にやめたほうがいいのでしょうか?」とか「山崎元さんって、なんか怖そう」というような言葉を聞く機会がけっこうあります。

いやいや、実際にお会いして会話をすれば分かると思いますが、山崎さんはメッチャ優しくて謙虚なおじさんですよ。

強い相手やプロに対しては手厳しいのですが、そうでない相手(例えば個人投資家など)には驚くほど腰が低くてフレンドリーです。

投資イベント等で見かけたら、恐からずに話しかけてみましょう!



◎山崎節の最小公倍数


さて、今回の新書ですが、基本的には、山崎さんのこれまでの数々の主張や本のエッセンスを最小公倍数的にスリム化してまとめたものです。

お金の正体とはいったい何なのか、ということから始まり、職場選びや独立の話など(12回の転職経験持つ山崎さんらしい)キャリアの話もしっかりと盛り込まれていました。

・良い借金と悪い借金
・保険とは損な賭け
・家を買うリスク
・人生設計の基本公式
・資産の取り崩し方

などなど、様々な角度からお金の話を簡潔に展開します。

もちろん、専門分野たる「お金の運用」についての山崎節も健在です。自分の判断力を過信するな!お金の運用に目的や目標額など不要だ!ドルコスト平均法は気休めだ!などお馴染みの内容や地雷リストの公開に加えて、つみたてNISAやiDeCoなどの最新情報も漏らしてはいません。


この本の中で山崎さんは、投資の本質は、

・自分の持っているお金を経済の生産的な活動に参加させて、お金自身にお金を稼がせること

・リスクを取ったことによって追加される価値(リスク・プレミアム)をなるべくたくさん、長期にわたって上手にためこむこと


と書いています。

具体的には、ずっとインデックス投資しとけや!ということになるのですが(参考→インデックス投資とは)、リターンの源泉は「経済成長」ではなく「資本市場」だと断言しているところは、へぇ~!と思ってしまいました。

このあたりはマニアにも読み応えがある部分かもしれません。

また、仮想通貨やAIについても触れていて、割合確実なものとして、簡単な近未来予想なんかもしています。



◎特に新社会人くらいにオススメかな


よく読んでみると、(山崎さんにしては)色々な意味でやさしい部分も見られる一冊でしたが、既に同氏の本を読み込んでいる人にとってはほとんど既知の内容だと思います。

いよいよこれから自分だけの裁量でリアルにお金の問題に直面する(まだ山崎さんの著書を読んだことのない)新社会人あたりに是非ともオススメしたいと思える一冊でした。

その世代のご子息やご息女をお持ちのお父さんお母さん!お子さんに一冊プレゼントしてみてはいかがでしょうか?

もちろん高校生くらいにもオススメ。分量的にも200ページくらいなので、サクッといけちゃうと思いまっせ。



◎投資の重要性


この本の中で、山崎さんは、経済的に豊かな人生を送るために大切だと思う要素を重要度の順に挙げると、

1.働いてお金を稼ぐこと
2.お金を貯めること
3.住居
4.生命保険
5.自家用車


であるとし、お金の運用や投資の巧拙は6番目くらいであり、決定的な要素ではないと述べていました。

・・それがご自身の専門分野なのに、ぶっちゃけますな。さすがです。


そういえば、以前に私が書いた当ブログのエッセンス記事※も、なんとなく同じようなテイストに仕上がっているのですが、ふと「ああ、やっぱり自分は山崎さんの影響をかなり受けているんだなぁ……」なーんて思ってしまいました。

【※参考記事→我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ