いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

『“税金ゼロ"の資産運用革命 つみたてNISA、イデコで超効率投資』(田村正之著)を読んだ感想・レビュー

日本経済新聞の記者さん(紙面解説委員兼編集委員)であり、上級ファイナンシャルプランナーでもある田村正之氏が、NISA(小額投資非課税制度)とDC(確定拠出年金)に関する最新本を出版しました。




この本では、NISAは今年からスタートした「つみたてNISA」、DCは昨年からほぼすべての現役世代が利用できるようになった個人型の「iDeCo(イデコ)」の解説に力点を置いています。

著者の田村正之さんからいただいて読みました(恐縮にござりまする)。



◎内容の濃ゆい一冊


つみたてNISAやイデコだけでなく、一般NISAや企業型確定拠出年金、さらに国民年金基金や小規模企業共済、財形貯蓄など、税制優遇のある制度を次々に取り上げて、それぞれのメリットやデメリットを解説しています。随所に著者の鋭い私見も交えてあり、かなり踏み込んだ内容でした。

例えば、2014年から一般NISAを始めた人は、いよいよロールオーバーするかどうかを決断する時期が迫っているわけですが、それについても様々な損益状況パターンを例示して徹底解説してくれます。

つみたてNISAとイデコについては、多くの人が疑問に思いそうなところから細かいところまで、Q&A方式で分かりやすくまとめてあります。

また、制度を通じて行うことになる運用(投資)に関する部分も、原理原則はもちろん、具体的な金融機関名や商品名を挙げてリアルに記述しています。

さらに、リバランスや購買力平価、積み立て投資(ドルコスト平均法)そのものの解説なども漏らさずしっかり書いてありました。



◎ゲームの攻略本みたいな感じかも


個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)の給付、つまり受給方法を工夫することで税金のかかり具合に大きな違いが出ることを力説している章を読んでいると、なんだか難しいゲームの攻略本を読んでいるような気分になってきます。

まさに業界を知り尽くした「通」による税制優遇特集本ですな。

現状の税制を理解し、各制度のクセを見抜いて、自分が活用できそうなものを使い倒すためのヒントに溢れた本だといえるでしょう。

また、投資信託の実質コストとはなにか?というような話にも踏み込み、信託報酬(運用管理費用)の4倍くらいの実質コストになっている投資信託を実名でピックアップするなど、マニアの喜びそうな内容も盛り沢山。

投信の成績と投信保有者の平均損益はイコールにはならない、というような田村さんお得意の話もデータ付きで載っています。

イデコと比較して、民間の個人年金をバッサリ切るところなんかも痛快です。

・・何カ所か誤植と思われるところがあり、(初版本の場合は)それを探すゲームの様な楽しみ方もできますよ。



◎ややマニア向けか


かなり痒いところにまで手の届いた一冊なので、もしかしたら初心者さんには少々難しいかもしれません。

「投資なんて全く分からないよ。にーさ?いでこ?なにそれ?」というようなレベルのごく普通の人に手渡すには、ちょっとハードルが高いような気がしました。

一方、「とりあえず投資を始めたけど、これでいいのかな」とか「大きい声じゃ言えないけど、NISAとかイデコの細かいところまでは知らないんだよねえ」なーんて思っている人や、「勢いで投資ブログを書き始めたけど、正直あんまり分かってないんだよなぁ」というような人にはビンゴな本だと思います。

ド素人さんよりも、普段、当ブログを読んでくださっているような方にこそオススメだと思いました。

これを読んで、「知ってることばっかりじゃん!」と思えるような人は、けっこうなマニアでしょう(自分のマニア度チェックに使えるかもしれません)。


・・最後の章の、そのまた最後に、米国の景気循環から考えると「我慢の時期(景気後退)」はいつきてもおかしくない、と書いてあります。そして、そのきっかけは金利がカギになるだろうとありましたが、ここ最近のマーケットの動きを見ていると、ひょっとしたら予言が的中するような雰囲気もあります(もちろん、先のことは分かりませんが)。

ただし、著者は「それでも続けることが大切」だと説いています。うん、私も同感。

長期・国際分散・つみたて・インデックス投資を低コストで続ければ、それなりの資産を築ける可能性が高くなるであろうことの根拠も、この本には当然みっちりと書いてありまっせ。


《関連参考記事》
「つみたてNISA」ってなんだ?
確定拠出年金ってなによ?
インデックス投資を成功させるための3つのポイント



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ