いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

「つみたてNISA」説明会(金融庁会議室)に行ってきました(絞り込まれた投資対象商品・2017年4月7日)

なぜか急に私が案内係を務めることになってしまったので、せっかくだから行ってきました。「積立NISA(つみたてニーサ)」説明会に。金融庁まで。

現行のNISA(小額投資非課税制度・一般NISA)は、株式や投資信託への、1年間あたり120万円までの投資枠にかかる譲渡益や配当金(分配金)が、5年間非課税になる制度です(ジュニアNISAの場合は80万円)。

どうやらそれを、毎月コツコツと積み立てる方式の「つみたてNISA」へと変更(新たに創設)し、投資額の年間上限を(40万円に)下げる代わりに、投資可能期間と非課税期間を20年に伸ばす方向のようです(平成 30 年 1 月より)。

【制度概要解説記事はこちら→「つみたてNISA」ってなんだ?…金融庁の制度担当者に聞いてみました


で、この制度では、投資可能な商品も金融庁のほうで徹底的に選別する方針らしく、「いったい、どうやって金融商品を絞り込んで、どれが買い付け可能になるんだろう?」と、(私のような)マニアの間ではかなり注目されていました。

今回は、主にそのつみたてNISAで投資可能な商品のスクリーニング条件についての説明会でした。



◎かなりの絞り込み


詳しくは金融庁の該当HPに掲載されているリンク先をご覧いただきたいのですが、つみたてNISAで投資可能な商品はかなり絞り込まれそうです。

基本原則として(詳細は省いてザックリ言うと)、

・販売手数料が無料(ノーロード)
・信託設定期間が20年以上
・毎月分配型でない
・デリバティブでレバレッジをかけない
・主な投資対象に株式を含む

などの点をすべて満たす投資信託だけになるようです(ETFは条件付きで投資可能で、個別株式はNG)。

んで、

・国内資産のみに投資するインデックス投信 0.50%以下
・海外資産を組み入れているインデックス投信 0.75%以下
・国内資産のみに投資するアクティブ運用投信 1.00%以下
・海外資産を組み入れているアクティブ運用投信 1.50% 以下


という信託報酬(毎年の運用管理費用)の年率制限もあります(※税抜)。


さらにアクティブファンド(運用投信)については、

・5年以上存続
・存続年数の3分の2以上で資金流入超過
・純資産50億円以上


という条件もあります。


※その他の詳細は以下のリンク先をご参照ください。

【金融庁参考資料】
「長期・積立・分散投資に資する投資信託に関するワーキング・グループ」報告書(PDF)
事務局説明資料(PDF)



◎なんと1%以下に!


上記のスクリーニングを通過できるのは、国内に約5400本ある公募株式投資信託のうち、おそらく1%以下です。

※最終的(制度開始時)には、新しいファンドが作られたり、コストが下げられたりして、100本ほど(約2%)になりました(2017.10.4追記


いやはや……金融庁さん、バッサリといきましたなぁ。。

実は、私も以前から当ブログで、資産形成のために買うに値する投資信託は全体の1%くらいだ、などとエラそうに書いていました。

【参考記事→投資信託とは・・


ただ、私はあくまでも、身近な知人や親族などのこと(つまりド素人)だけを考えた超ポジショントークを振りまいていただけなので、自分の主張が金融庁のスクリーニング方針とこんなにビンゴだと、逆になんだか怖くなってしまいます。

今回のつみたてNISAは、家計の安定的な資産形成を支援するための制度なので、なるべく初心者がヤケドをしないように厳しい条件を設定したのでしょう。

んでも、ここまで「金融機関の儲からなそうな商品だけ」がラインアップされそうな状況を目の当たりにしてしまうと、金融機関が全くやる気を出さないのではないか、と心配になってしまいます(マニアゆえゴチャゴチャ考えてしまうのです)。

・・今回の絞り込み条件については、投資スタンスが近い人同士でも賛否両論です。

ただ、(私がこんなことをいうのはかなり生意気ですが)金融庁の担当者さんたちがメチャクチャ勉強しているのは非常によく伝わってきました。そして、考えに考え抜いた結果として今回の条件を決め、かつ今後も適宜見直す余地も持っているようです。

これからも金融機関だけでなく、我々の意見や要望を聞く耳を持ってくれるとのことなので、よりいい方向に進むよう期待したいと個人的には思っています。



◎注意・注目ポイント


ただし、注意しなければならないのは、今回発表された条件は、あくまでも金融庁側が提示しただけのものだということです。

厳しい条件を通過した金融商品が、実際につみたてNISAで買えるようになるためには、

・運用会社がそれを金融庁に届け出て登録して

・つみたてNISAのシステムを導入した販売会社(銀行や証券会社)がそれを取り扱う


という、さらなるステップが必要になります。

金融機関サイドで「こんなんやっても儲かんねえから、やらねえ!」となってしまうと、せっかく投資可能な商品に該当しても、我々は買うことができません。

仮に登録や取り扱いが行われても、一切宣伝せずに、店の奥のほうにしまっておくようだと、庶民にはほとんど知るすべがなくなってしまいます。

そうなった場合、もしくはそうならないための対策などにも注目しておきたいところです。

(もちろん、逆に、つみたてNISAで売るために金融機関がコスト下げる、なんてことも期待できますけどね。)


あと、今回「へぇ~!」と思ったことは、

・投資商品の信託報酬等の概算値を「金額」で受益者に報告させること
・現行(一般)NISAとつみたてNISAは、1年おきに行き来することも可能(その際、非課税期間が残っているのであれば現金化する必要はない)
・20年後にスタートしたつみたてNISAが終わるのはその20年後なので、制度としてはすでに約40年のプランであること
・意外とまだまだ詳細は未定であること(投資可能商品が明らかになるのも10月以降)
・スタートしてから、(市況悪化などによって)投資可能商品要件から外れても、すぐに対象商品からは除外するようなことは(今のところ)あまり考えてはいないようであること(そもそも入口に厳しい制約があるため)

ってなところですかね。



◎他に気になることなど


また、気になる点や思うところとしては、

・上限金額はこれ以上にはならないのか
・非課税期間と投資可能期間は恒久化する方向じゃなかったのか
・投資対象商品の見直し等はどのくらいの頻度やるのか
・定期定額積立とは具体的にどうやるのか
・現行(一般)NISAは今後このまま終わるだけなのか

ってなところですかね。

現行(一般)NISAも、スタート時は金融機関のシステムが見切り発進で、けっこうバタバタした記憶があるので、今回はそうならないよう願いたいものです。


・・ゴチャゴチャと書きましたが、今回(昨日)のつみたてNISA説明会は、説明30分・質疑応答60分というマニアの多い参加者の特性を心得た時間構成でしたし、初心者さんやアメリカ株投資家さんなんかもいて、金融庁と参加者双方にとってけっこう有意義な時間だったように感じました。

まあ、無事に終わって、(案内係として)ホッとした、というのが正直なところです。


※これまでの当ブログの主なNISA関連記事
NISA(少額投資非課税制度・日本版ISA)をどう利用するか
ジュニアNISA(ニーサ)について…我が家はどうするのか
「つみたてNISA」ってなんだ?…金融庁の制度担当者に聞いてみました


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ