いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

ETF投資懇談会にお呼ばれしました in 東京ミッドタウン

昨日、日興アセットマネジメント主催、東京証券取引所(JPX日本取引所)共催の「ETF投資懇談会」なるものに参加してきました。

ETFについての最新情報共有や勉強会的な内容もあったものの、主催者・共催者サイドが我々個人投資家のナマの声を聞く、というのが趣旨だったようです。

ブロガーを招集することで、ETFの認知度をもっと広めたいという狙いもあるのでしょうが、基本的には「ご意見ください」という誠実なスタンスの会だったように感じました。

マニアックな知的好奇心溢れるブロガーにとっても、運用会社の中の人や、証券取引所運営サイドの中の人と、ぶっちゃけトークができる貴重な場だったので、双方にとって有意義な時間だったように思います。

この手のイベントには以前も何度か参加したことがあり、毎回それなりに楽しませてもらっています(参考記事→東京証券取引所の「ETF・ETN市場に関する意見交換会」に参加してきました)。



◎ETFについて簡単なおさらい


「ETF」とは、上場投資信託のことであり、ザックリ言ってしまうと、株式のような取引方式で売買できる(証券取引所に上場している)投資信託※のことです。

保有コストが普通の(非上場の)投資信託よりも低いことが多く、仕組み的にも非常に優れた金融商品なのですが、初心者が理解して利用するのは難しい場合が多いだろうなぁ…というのが私の正直な考えです。

アセットクラスごと(国内株式やら海外先進国株式やら新興国株式やら海外債券やら)の比率を考えつつ、株式市場(取引所)の開いている平日の昼間に、口数や「指値」やら「成行」やらを選択して売買するのは、やはりハードルが高いでしょう(夜間取引なども可能ですが、それでも普通の投資信託の売買よりは、メンドくさいと思います)。

当ブログの主な想定読者層は、投資が仕事や趣味ではない「普通の人」や投資初心者なので、これまでもETFを紹介する機会はそれほどありませんでした。


※そもそも投資信託ってなによ?という方はこちらをご参照ください。

投資信託とは・・【いまさら聞けない投資信託シリーズ】



◎利用環境は改善中らしい


国内ETFは本当にいい金融商品だとは思うものの、分配金の再投資が自動ではできず、資産取り崩しのときにも市場売却が必要になり、「5万円分買いたい」とか「10万円分売りたい」というような分かりやすい売買もできません。どうしても初心者さんにはオススメしにくいのです(海外ETFはもっと良い商品だけど、もっと難しくてオススメしにくい)。

・・ただし、投資家としての「初心者」を卒業すれば、ETFは非常に使い勝手の良い投資ツールです。

また、いま流行りのAIを駆使したロボアドバイザーを使った資産配分アドバイスや、ETF積立が可能なシステムなども開発しているらしいので、ひょっとしたら今後はもっと利用しやすくなるかもしれません。期待したいと思います。



◎次回、マーケットメイカーさんに会えるかも!?


「自分が理解できないものに投資してはならない」という投資の大原則を意識すると、ETFを利用するのなら、やはりその商品特性を理解する必要があると思います。

そうなってくると、どうしても理解の「壁」になってくるのは、「マーケットメイカー」と「指定参加者(AP)」の存在、そして「設定・交換」などの仕組みでしょう。

実はそれらのことについて、以前に当ブログではかなり力を入れて解説記事を書き、それぞれのキーワードで上位表示されるようになったのですが、驚くほどに読まれていない(検索ボリュームが低い)のが現状です。難しすぎるのか、それとも興味を持たれないのか、私の文章がダメダメなのか……本当の原因は分かりませんが、とっつきにくい話題なのは間違いないと思われます。

【参考記事】
マーケットメイカーとは
指定参加者の役割とは


そうりゃあそうですよね。
私だって、マーケットメイカーさんなる存在の人に会ったことすらないんですから。

そこで、今回の懇談会の場で、試しに「マーケットメイカーさんに会いたいんですけど、セッティングしてもらえませんか?」と東京証券取引所の方に言ってみたところ、なんと「たぶん可能なので、企画してみる」との回答ががががが。

いや~、言ってみるもんですねえ!!

シンガポールあたりに拠点を持つマーケットメイク専業の欧米人なんかがやってきたら、英検4級の私は大いに困ってしまいますが、もしもそれが実現したら、以前から気になっていたことを色々と訊いてみたいものです。

・どれくらい儲かるのか?
・何人くらいでやっているものなのか?
・マーケットメイカーはどのくらいの取引量や乖離だと「やる気」がでるのか?
・マーケットメイカーが全員インフルエンザにかかってしまったら、その日はどうなるのか?
・好きな昆虫は?

とかね。


今後も定期的にETF関連の懇談会(勉強会?)を開催してくれる予定のようなので、もしまたお声がけいただけたら、色々と突撃したいと、腕まくりをしているところであります。


・・あ、、肝心の懇談会の内容を書き忘れましたが、まあ、きっとブロガー仲間の誰かが書くでしょう。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ