いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと…当ブログのエッセンス記事

「いつか子供に伝えたいお金の話」などと、大層なブログタイトルをつけていますが、いつも「子供に伝えたい」ことを記事にしているわけではありません。

というか、そんなことは考えずに、毎回、思いつきでテキトーに書いているのが実情であり、気付いたら「お金」そのものよりも、「投資信託を使った国際分散投資による資産形成」が主要なテーマになってしまっています。

で、ふと思ったわけです。
自分が本当に「子供に伝えたいお金の話」とは、どんなことなのだろうか?と……

そこで今回は、私が「いつか自分の子供に伝えたいお金の話」を厳選して五箇条に絞り込み、一本の記事にまとめてみました。


ちょっと考えてみたところ、次の5つのポイントが思い浮かびました。

一.入ってくる(稼げる)以上に使うな
二.原則として、貸し借りはするな
三.節約と浪費はどちらもほどほどに
四.リスク資産への投資という選択肢もあるぞ
五.なるべくお金にとらわれない生き方をしたいね


・・なんだか面白みのかけらもない、いわゆる普通のマネーリテラシー教養本のようになってしまいましたが、大切な基本っていうのはそういうモンですよね。

そこそこの年齢になった自分の子供に語りかけるという設定で、ポイントごとにもう少し掘り下げてみます。



一.入ってくる(稼げる)以上に使うな


いいか、これが一番大切な土台だ。

当たり前のことだけど、これが「当たり前」になってないと、「投資」だの「節約」だの「人生を楽しむ」だののすべてが、ほぼ確実にダメになるぞ。

月々の収入と支出、年間の収入と支出、できれば人生の収入と支出も、ちゃんとマネジメントできるようにしとけよ。まぁ、収入はともかく、特に支出のコントロールはキチンとしとかないとな。

先々見込める収入をアテにしてカネを使うようになったり、「次の競馬レースで勝てば、これだけのカネができる!」っていうような皮算用で消費するようになったら、もう破滅への道まっしぐらだと思っとけ。

もし、皮算用する(お金に関する計画を立てる)必要があるときは、なるべく悲観的なほうに軸を近づけて、必ず最悪のケースも想定するんだぞ。



二.原則として、貸し借りはするな


どんなに親しい知人であっても、カネの貸し借りはやめとけ。

たとえ小額でも、「貸したのに返してもらえない」とか「借りたのに忘れちゃった」とかで、マジ人間関係崩れるから。

時と場合によっては(貸し借りが)避けられないこともあるだろうけど、そんときも「いま自分は、貸し借りしないという原則を崩しているんだ」という認識を失わないようにすること。

まぁ、「カネを貸してくれなかった(貸さなかった)」ことだけが原因で崩れる人間関係なんて、そもそも最初からクソだけどね。。

とにかく余計なストレスやトラブルは避けるが吉。

それから、奨学金とか住宅ローンは、普通の人もよく利用するけど、アレだって借金だからな。できることなら利用しないほうがいい。それでも、どうしても利用したい場合は、シビアで合理的な判断が必要だってことを忘れるなよ。

知ってると思うけど、クレジットカードのリボ払いも借金だから、あれも絶対NG。

【参考記事→クレジットカードとの付き合い方


あと最後に、直接的なカネの貸し借りじゃないけど、「名前だけでいいから、保証人か連帯保証人になってくれよ」の類の話も家族以外は絶対に引き受けちゃダメだぞ(家族でも慎重を要すけど)。ヘタするとそれで人生終わり級のダメージを食らうからな。



三.節約と浪費はどちらもほどほどに


あんまりにもケチケチしてるセコいヤツには、「そんな細かいこと気にしても大して変わらんさ。たまにはパァ~っとカネ使って、人生楽しめよ!」って言いたくなるし、あまりにも無駄遣いが過ぎるヤツには「おい、ゼニは大事だぞ。そのカネ使う意味あんの?無駄遣いすんなって!」って言いたくなるから、これは程度問題だな。

基本的には、「価格と価値のバランス」を考えてお金を使うことが大切。

同じモノを買ったり、同じサービスを受けるなら、当然なるべく価格は安いほうがいい。ほとんどの場合、ほぼ確実に「売り手の得は買い手の損」だから、売り手の利益はどこから来てるのかは忘れちゃいけない視点だぞ。

ただな、そういう節約方向にアンテナをしっかり張るのは、住宅とか保険とか車とか、デカいお金がかかるものにして、日ごろの小さいことにはあんまりケチケチ・セコセコしないほうが、楽しく生きられるような気はするわな。

んまぁ、オレは、マニアックな変わりモンだから、光熱費だの、クレジットカードのポイント還元率だの、銀行の振込手数料だの、ATM手数料だの、ネットバンクの金利だの、携帯電話(スマホ)乗り換えコストだの、家電の最安値検索だの、ふるさと納税だの、賃貸契約更新料だのとかに、やたらこだわったりしてるけど、そういうのはべつにオススメするほどのことじゃない。

どうせいつかは終わる自分の人生だ。将来のことばっかり考えすぎて、息苦しい節約をするだけじゃ、つまらんよ。楽しくカネを使って気持ちよくなることも大切だよな。

ほどよいバランス感覚を身につけてくれ!

ただし、住宅・保険・車、この3つには、よ~く考えて研究してからお金を使うようにしろよ。ボッタクリシステムが構築されてて、あくどい業者がウヨウヨしてるからな。

【参考記事→持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく
【参考記事→民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証
【参考記事→自動車ってお金(費用)かかるよね



四.リスク資産への投資という選択肢もあるぞ


実は俺の書いてるブログのメインテーマがこれだ。

まず、将来のために貯蓄しておく必要があることは言うまでもないよな。そのためには、毎月給与収入がある場合、最初に天引き(自動積み立てとかに)しちゃうのが効果的だと思う。

で、そのお金の置き場の話。
ある程度の預貯金は確保すべきだと思うんだけど、将来のために貯蓄するすべてのお金を預貯金にしておいて大丈夫なのか? 平均的な年収の自分が、それだけで資産形成できるのか?……オレは20代の頃、そういうことを疑問に思って色々と勉強した結果、リスク資産(世界中の株式や債券など)への投資をするようになって、今も継続してる。

当分使う予定のないお金なら、一時的には減ることを許容すれば(リスクをとれば)、長期的には大きく増える可能性が高いし、過去の歴史では必ずそうなってきてるんだよ。今ここで、これ以上その話をクドクドすることはしないけど、色々考えた結果、オレはインデックス投資ってやつを実践してるんだわ(そんなに難しい手法じゃない)。

【参考記事→インデックス投資とは


まぁ、「そういう選択肢もあるよ」っていう程度の話だから、べつにそれをやれ!ってことじゃないぞ。

ただ、自分の親だからよく分かると思うけど、損をすることが大嫌いで、何かと細かくてセコいこのオレが、自分の金融資産の半分以上をリスク資産に投じているという事実が何を意味するのか、それはよく考えてもらいたいわな。



五.なるべくお金にとらわれない生き方をしたいね


どうせ一度きりの人生だし、これからも楽しく快適に生きていきたいと思うだろ?

なるべくお金のことには振り回されず、できるだけお金の心配をしないで生きていけるほうがいい、ということに異論はないよな?

逆説的になるけど、そうやってお金にとらわれないように生きるためには、ある程度の知識とお金が必要なことも事実なんだわ。

もちろん、お金だけあっても幸せにはなれないけど、お金があれば選択肢が増えるし、ある程度の不幸は避けることができる。

やりたいこともやれず、病気になってもまともな治療が受けられなくて、ハラが減ってもロクなものを食べられず、それでも生きるために嫌々働き続けて死んでいくなんて、やっぱ、そんなのイヤじゃん。

だから、そうならないためにも、若いうちに「自分の生き方」と「価値観」と「お金」のことをしっかり考えて、正しく理解して行動する必要があるんだな。

社会保障とか税とか年金とか保険に関することって、なんか面倒くさそうだし、学校では教えてくれないし、キチンと覚えなくても誰にも怒られないけど、快適に楽しく生きるためには絶対に必要な知識だから、そこだけは妥協することなくしっかり勉強しろよ!

ん?どうやって勉強するかって?? そんなことは自分で考えろ!それが勉強だ!

勉強してみると、知らない人はかーなーり損してて、知っている人だけが得をしてるようなことが、けっこうあるぞ。


==(子供への語りかけ設定おわり)==



・・ひょっとしたら、「金銭感覚」なんてものは先天的なもので、親から言われたとおりに身につくものではないかもしれません。んでも、できることなら、ほどよいバランス感覚を身につけ、お金に関する正しい理解を持ってもらいたいものです。

子供がいくつになったら、どのような機会に、どう切り出して話すかについても、考えておきたいと思っています。

(まあ実際は、子供が聞く耳を持ってくれるのか、そもそもそんな機会を設けることができるのか、というような懸念もありますが、親として一応準備だけはしておくつもりです。)


《関連記事》
・子供へのマネー教育をどうするか
子供がもらったお年玉やお祝い金などの管理方法



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ