いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

ある読者さんからの感想メール…「投資ポジション」なんてものは、全体の中の一部にすぎない

ふた月ほど前に、ある読者さんからリクエストをいただき、私は調子に乗って「借金返済と資産運用のどちらを優先すべきか」という、なんとも書きづらいネタについて一本の記事を起こしてみました。

【当該記事→ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?

どっちつかずのお恥ずかしい記事を垂れ流してしまったのですが、生き方や考え方を含めた各自の最適解は、他人には分からないと思っているので、私にはなにかしらの断言ができませんでした。

それでも、リクエストをくださったその読者さんから、お礼というか感想のメールがすぐに届いたので、ホッと胸をなで下ろしました。

・・で、その方からのメールに、とても大切なことが書いてあったので、一部を紹介しておこうと思います。



◎あの記事の要旨


あの記事(ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?)をの内容を簡単に整理しておくと、

・多くの人は基本的に借金返済を優先したほうがいいだろう(とにかくこれがベース)

・ただし、投資に慣れている人が、自分の判断でローン返済と投資を平行していても、他人がどうこう言える話ではないし、それが必ずしも不利になるとは限らない(私も理解はできる)

・そして、最も大切なことは、身の丈を超えたローンを組むのは絶対NGだし、キャッシュフローがマイナス家計体質の場合は、投資やローン以前にアウト

ってなことでした。

少し控えめに書きましたが、私が一番言いたかったことは、最後に書いた「身の丈をわきまえた生き方をして、月々に入ってくる以上にはお金を使わない生活であれば、ま、どっちでも基本、大丈夫っすよ、きっと」という部分です。



◎読者さんからの感想


あの記事を受けて、リクエストをくださった読者さんから届いた感想メールは以下のようなものでした。


==(感想メール一部抜粋)==

私も、虫取りさんの記事内容のとおり、将来の見通し、家計体質や、リスク許容度を事前に把握し、選択するのがすごく大事だと思います。

それらをクリアして爽やかに資産運用とローン返済を併用できる家庭って、日本では限られていると感じます。

併用ブロガーさん方が、それに該当するのかどうか、確認できませんが、市場が大変動した時の行動でわかるのかな?

資産運用ブロガーさんは、事前のアセットアロケーションが最重要とか資産全体で考えるのがポイントと仰られます。

そこに居住用住宅というマイナス運用あるいは、プラス運用が見込めない不動産を含めるかどうかで、リスクやら資産全体の意味も記事内容も違ったものに感じます。

私自身は、金融商品への投資によるリスクやリターンを自分の責任で、潔くあるいは爽やかに心地よく受け止めるには、それ以外の、リスク・・・虫取り小僧さんにリクエストさせていただいたネットセキュリティの知識やリスク、住宅や家計や働き方や属性などのリスクも結構侮れないなあ・・と関心があって、ブログなどで勉強させていただいています。

==(以上)==


・・たしかに、ローン返済と投資の併用がその人に合っているのかどうかは、マーケット暴落時に分かるかもしれませんね。



◎各自やりたいように、でも自己責任で


ブロガーの公開している「アセットアロケーション(資産配分)」なんてものは、リスク資産に限定されていたり、金融資産だけで不動産は考慮されていなかったり、配偶者と合算していたりいなかったりと、要するにそれぞれなんですよね。

他にも共働きなのか、親の介護見込みや想定遺産、子供の教育に対する出費見積もりなどに言及していないことも多々あるはずです。

しかし、仕事ではなく趣味の範囲で書いているのであろうブロガーたちに、それらのすべてを公開して明記せよ、と要求するのもおかしな話ですし、そもそも無理です。プライバシーの問題もありますしね。

結局は、各自、他人の考えや状況を参考にするも、自分で考えて、それぞれやりたいようにやるしかないですわな。

当たり前のことですが、何をどう判断して、何を選択するのかは、各自の自由ですから。

ただし、(ホントにクドくて恐縮ですが)あくまでも自己責任で。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ