いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

リスク資産管理の優先順位変化【アセットアロケーションの決め方・その7】

前回の記事では、理想的なリスク資産の管理条件を思いつくままに列挙してみました。

しかし、当然のことながら、すべての理想を十分に満たすことはできず、自分なりに実践可能な最大公約数を見つける必要があります。

今回は、自分なりのリスク資産管理体制(アセットアロケーション?)確立に至る思考経過を、体験などを交えながら書いてみます。


1.手間をかけずにシンプルに管理したい
2.幅広く分散したい
3.低コストで投資したい
4.主力は株式にしたい
5.でも、多少はいじくる余地を持っていたい


現時点では、この5つの条件が、私がリスク資産管理に求める条件です(1~5の数字が小さいほど優先順位が高い)。



◎最初の頃はちょっと違いました


投資を始めたばかりの頃は、いまは最優先に考えている「1.手間をかけずにシンプルに管理したい」という項目はありませんでした(これは同時に「5.でも、多少はいじくる余地を持っていたい」もなかったということです)。

前回の記事でも触れましたが、投資を始めたばかりの頃は、リスク資産の管理に手間をかけることそのものがちょっと楽しかったからだと思います。

元本保証の預貯金しか知らなかった人間が、日々価格の変動するリスク資産を保有するのです。それは、身近なところにいる同い年の友人の多くはまだ知らない世界に足を踏み入れることでもあり、なかなか刺激的なことでした。

小学生の頃に初めてタバコを吸ったときのような、中校生の頃に初めて○○をしたときのような、高校生の頃に初めて○○をしたときのような、少し大人になったようなチョイ悪プレミアム感漂う自分に軽く酔ってしまう感覚とでもいうのでしょうか(○○に代入する言葉と文字数はご自由にどうぞ!)。



◎投資を始めたばかりの頃の私


そして、実際に投資を始めたばかりの頃は……

「株価や為替の短期的な値動きは予測不可能だ」と自分に言い聞かせていても、足りない頭でゴチャゴチャと考えて、ついつい余計なことをしていました。

・アナリストや証券会社のストラテジストのレポートを読んで、自分なりの戦略的なアセットアロケーションを計画してみる。

・上昇相場時に怪しげな陰謀論を目にして、近いうちに暴落するのではないかと恐れおののいて、たいしたアセットアロケーション乖離率でもないのにリバランスをしてみる。

・ちょっと株価が下がっただけで、「買い時だ!もう下がらないかもしれない!」などと思って、毎月の積立投資とは別に追加投資をしてみる。



また、投資を検討する段階では、「投資に生活の時間をとられたくない」という前提だったのに、いざ始めてみると、ずいぶんと無駄な時間をかけてしまいました。

・毎日、複数のネット証券に何度もログインとログアウトを繰り返す(そして、なぜか気持ちよくなる)。

・自分なりの売買ルールや投資スタンスを箇条書きにして作成し、毎日のようにバージョンアップさせ、何度もそれを読み返してみる(そして、なぜか気持ちよくなる)。

・基準価額の変動が気になって仕方ないので、21時前後に更新されるモーニングスターに登録したポートフォリオの基準価額を毎晩チェックして記録する。そして、その度に様々なスパン(日ごと・週ごと・月ごと・4半期ごとなど)の変動率をエクセルで計算してみる(そして、なぜか気持ちよくなる)。

・為替と世界の株式市場の値動きを24時間いつでもチェックできるようケータイサイト(当時まだスマホは存在せず)をブックマークして、チェックしまくる。

などなど、「ミスターマーケット」と呼ばれても仕方ないような状態の時期がありました。しかも、困ったことに当時はそれをすることがなんだか楽しかったのです。



◎ところが…


性格にもよるでしょうが、そのうち飽きてきます。

投資のパフォーマンスを、投資に費やした時間で割り算してみると、なるべく時間をかけない方が効率はいいことも身に染みてきます。

そして、時間をかけても投資のパフォーマンスは良くならないことにも気づいてきます。風見鶏的な投資判断は、むしろパフォーマンスを悪化させることが多いでしょう。

インデックス投資とは、そういうものです(参考記事→インデックス投資とは)。



◎バランスファンドのほったらかし投資家に負ける


決定的だったのは、バランスファンドの自動積立をしてほったらかしている複数の同僚(私が投資を手ほどき)が、最低コストの個別ファンド(国内外ETFを含む)を組み合わせてゴチャゴチャやっている自分よりもはるかに高パフォーマンスだったことです……インデックス投資に時間をかけることのアホらしさを痛感できました※1

もちろん、投資を始めた時期や、どの時点でのパフォーマンスを見るかによって色々な結果が出るので、一概には言えない問題ですが、あれは自分に体感的な気づきを与えてくる良い機会でした(頭では分かっていても、腹に落ちてこないことって、けっこうありますよね)。


んで……

ある時期までは、なによりも低コストで分散投資することをリスク資産管理の最優先事項としていたのですが、それよりも「手間をかけずにシンプルに投資する」ことを優先したいという気持ちが強くなりました。

低コストにこだわりすぎて、投資商品を次から次へと乗り換えたり、あまりにも効率フロンティアにこだわって情報をインプットしすぎて、コロコロとアセットアロケーションをいじったりしないようにしようと心に決めたのです。



◎投資に時間かけるのアホらしいよね


コストはとても大切ですが、投資にかける時間もコストであると言えなくもありません。

体感的に気づくのに少々時間がかかってしまいましたが、私にとって、投資なんざ、家族との時間を割いてまでするものではなかったのです。それに私には、投資とは別の本業があります。


また、証券会社や投資商品があまりにも多岐に渡っていると、管理も面倒だし、自分に万が一のことがあったときに遺族に迷惑をかけてしまうかもなぁ、なんてことも考えました。

そして、「1.手間をかけずにシンプルに管理したい」という項目がリスク資産管理の条件として加わり、やがて最優先事項への登りつめることになったのです。

(ぜんぜん話が先に進みませんね。次回の記事で一気にまとめることにします。)

つづく
「私のアセットアロケーション(リスク資産管理方法)【アセットアロケーションの決め方・その8】」


※1 セゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドです。
(参考記事→セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ