いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

無リスク資産の必要額(リスク資産とのコントロール比率)【アセットアロケーションの決め方・その5】

アセットアロケーションの決め方という本題にはなかなか進まず、まずはブログで使う言葉の整理、次に生活防衛資金の重要性、そして生活防衛資金と国内債券の色分け、前回は無リスク資産の中身、というマニアックな回り道をしてきました※1

今回は、本題に入る前の最後の回り道として、生活防衛資金を包含する無リスク資産(安全資産)の必要額(「額」というか、私の場合はリスク資産とのコントロール比率ですが)について、個人的な考え方を書いておこうと思います。



◎リスク資産と無リスク資産の二つでざっくりと管理することに決めたけど・・


生活防衛資金を生活防衛資金として、例えば生活費の2年分などと「自分で決めた金額」で確保・管理してもよいのですが(金融資産の総額が大きくないうちはこの方法しかない)、私はある時期から、生活防衛資金を含む無リスク資産は、リスク資産との比率をコントロールするやり方で確保・管理するようにしています(どちらかが正解というわけではなく、好みの問題です)。

お恥ずかしい話ですが、実は、この部分(リスク資産との比率でみた無リスク資産の必要額)については、まだ細かく厳格なマイルールは出来上がっていないのが現状です。なぜなら、リスク許容度としての理論上、流動性資金と生活防衛資金と使途の決まっている金額さえ確保できていれば、それ以外の資金をすべてリスク資産に投じてしまっても大丈夫といえば大丈夫だからです。

しかしながら、前回の記事で書いたような精神的リスク許容度や追加投資の余力を持つことで相場の下落を歓迎できる心理状態を作り出すためにも、自分には充分な無リスク資産が必要だとも考えています。


そこで、現段階で私が決めているリスク資産と無リスク資産の比率は、

最もリスクを抑えた場合で1対1
最もリスクを許容する場合でも2対1


つまり、

・無リスク資産がリスク資産の金額よりも大きくなるような状況は作らない
→もしも、そうなったら(臨時収入とか?株価暴落とか?)無リスク資産からリスク資産に追加投資をする(リバランス)

・また、リスク資産が無リスク資産の倍以上になる状況も作らない
→もしも、そうなったら(急な出費で無リスク資産が減るとか?マーケットの好調でリスク資産が大きくなるとか?)リスク資産を売却して無リスク資産を増やす(リバランス)

という枠の中で、ちょうどよいバランスを模索しているところです。



◎明確な固定ルールはおいおい・・


そうなんです。
エラそうに屁理屈こねているわりにはけっこうアバウトなのです。

いずれ、リスク資産と無リスク資産のマイルール比率もしっかり固まってくると思いますが、最もリスクを抑えた場合で1対1、最もリスクを許容する場合でも2対1、という枠を飛び出すことはないだろうと考えています。

1対1がスッキリしていて分かりやすいので、そこに落ち着くような気がしていますが、そこはまだなんとも言えません。

ただし、この管理方法は、無リスク資産の保有額がそれなりに大きくないと使えない方法※2であり、使っている金融商品や好みの問題もあるので、誰にでもオススメというわけではありません。あくまでも個人的な管理方法の備忘録として書いているだけです。

※この比率がどれくらいなのかは、定期的なアセットアロケーション報告記事で公開するつもりです。
→参考記事カテゴリ:【アセットアロケーション


無リスク資産の色分けやら、その必要額やらということに随分と時間(記事)を割いてしまい、それを自分でも「回り道」などと表現してきましたが、実はこの「回り道」こそがリスクコントロールを行いながら投資をするためには最も重要なことだと考えています。

インデックス投資の牽引者である個人投資家の水瀬ケンイチさんも「保有資産の値動きの9割を決める資産配分の「肝」は意外にも日本債券だった!」と記事にしていますが、MMFや個人向け国債などをいわゆるアセットアロケーションから除外して「無リスク資産」として管理する私のスタンスの場合、まさに今回の記事に書いたようなことは投資(資産形成の)肝になることです。

「攻撃こそ最大の防御」なんて言葉は、ノーマルな個人における資産形成のための投資においてはありえないものだと思っています。少なくとも私は、リターンよりもリスクにしっかりと目を向けて、自分なりの投資スタンスを固めるように心がけてきました。

さて、次回、やっとアセットアロケーションの話に入ります。

つづく
「理想のリスク資産管理条件【アセットアロケーションの決め方・その6】」



※1 無リスク資産が、本当に「無リスク」なのかは微妙な問題ですが、この話を始めると長くなってしまうので、ここでは無リスクという言葉を使っています。まぁ、個人的には政破綻や国家による私有財産没収レベルのことまでは考えてもあまり意味がないと思っています。
→参考関連記事:最悪の状況をどこまで想定するのか

※2 リスク資産が想定しうる最大限の下落をしたときに、無リスク資産からの追加投資を行っても、無リスク資産の残額が流動性資金と生活防衛資金と使途の明確なお金の合計額を下回らないくらいでないと使えない方法でしょう。また、万が一、想定しうる最大限の下落以上に下落し、追加投資によって無リスク資産の残額が生活防衛資金と使途の明確なお金の合計額を下回ってしまうようなら、追加投資をしてはならないなどの非常事態用特別ルールの並存も必須だと考えています。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ