いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

SBI証券さん、確定拠出年金「出口」の選択肢を増やして!…このままじゃ楽天証券に持ってかれちゃうよ!!

【追記:この記事内で指摘したSBI証券の不備?(柔軟性不足?)は、2019年11月に解消されています】

来年(2017年)から個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)が私にも利用できることになり、関連情報をちょろちょろと調べ始めています(参考→確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?)。

どこの金融機関を利用するか、という点については、まぁ、ネット証券だとSBI証券楽天証券のどちらかで決まりだな、というのが今のところの情勢のように見えます。

両社とも取り扱い商品がまだ完全に固定されたわけではないようですし、未だ低コスト化競争の過程にあり、どちらも「充分にコストは安い」水準にあるので、決定的な決め手はなく、結局は個人の好みというかフィーリングで判断するしかないのかなぁ、と思っています。

私は現在もSBI証券をメインに使っていることもあり、個人型DCもここに決めようと思っていました。

ところが、SBI証券にはちょっと気になる部分も……



◎SBI証券は受け取り時の柔軟性で劣る


このことに気づいたキッカケは、仲良くさせてもらっている積み立て投資家ツイッタラーのヤマモトさん の以下のつぶやきでした。


「個人型DCは所詮は課税繰り延べなので、給付時に節税できる戦略を組めるか、変わりゆく税制の中でどう組むのかが重要と思う。

手数料や商品ラインナップと同等以上に、給付期間、回数などの給付される時の選択肢を重要視したい。重要なのはbpレベルの投資信託の信託報酬争いだけではないと思っている。SBI(ベネフィットシステムズ)は給付システムで楽天・野村(JIS&T)に見劣りしてるのが弱点

確定拠出年金は運用知識に加えて、税制・職場の退職金制度・公的年金制度に対する知識がないとフルに恩恵を享受できない気がする。」

※太字・下線による強調は虫とり小僧アレンジ


ヤマモトさん は、いつもヘンチクリンなつぶやきばかりしていますが、かなりの高学歴かつハイレベルなお仕事をなさっている賢者です(実際にお会いしたこともあります)。

しかも、彼のつぶやきは私にとって盲点でした(恥ずかしながら、先のことすぎて、出口の選択肢をあまりチェックしていませんでした)。



◎SBI証券は一時金と年金方式の併給不可


個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の給付、つまり受け取り時に、

SBI証券(記録関連運用管理機関:SBIベネフィット・システムズ)は、

一時金で受け取るか、年金方式で受け取るかの選択制であり、一時金と年金方式を併用することができない

のです。


一方の楽天証券(記録関連運用管理機関:JIS&T)だと、

一時金、年金方式、もしくは、一時金と年金方式の併用も選ぶことが可能

です。


年金の受け取り期間も、SBI証券が5年と10年の二択なのに対して、楽天証券は5年以上20年以下で自由に指定できます。また、年間の年金受け取り回数の柔軟性にも差があります(まあ、これは回数が増えるほど手数料がかさむので、多けりゃいいってもんでもありませんが)。

退職金や老齢基礎年金の金額や受給タイミングを睨みながら、退職所得控除や公的年金等控除をフル活用しようとするのであれば、一時金と年金の併給は必須になってくる可能性が高いと思われます。

特に来年(2017年)から企業年金に上乗せして、個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)を利用しようとしている私のような人間には、無視できないポイントになってきます(フリーランスの場合など、あまり問題にならないケースもあるでしょうが)。

このあたりの話がよく分からない場合は、竹川美奈子さんの新著を一読しておくことをオススメします(参考→『一番やさしい! 一番くわしい! 個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)活用入門』 (竹川美奈子著)を読んだ感想・レビュー)。



◎出口はまだ先なので、SBI証券の柔軟化に期待


まあ、個人的には確定拠出年金の給付を受けることになるとしても、まだまだずいぶん先のことです(そもそも今はまだ、制度に加入すらしていません)。

それまでにSBI証券(というかSBIベネフィット・システムズ)の個人年金プランの給付方法が改善されていなかったら、移換するという手もありますし、そもそも数十年後の税制なども全く分からないので、今のうちからあんまり過敏になりすぎるのもどうかとは思いますが、SBI証券には「出口」の柔軟化(給付方法の選択肢増加)を期待したいものです。


一応私もSBI証券楽天証券の両社に資料請求をして、見比べてみようかと思っているところです。

※個人型確定拠出年金の給付(受け取り)に関する詳しい情報は、ウェブで探してもなかなか見つかりません。おそらくまだ発展途上なのでしょう。


ヤマモトさん、金融機関へ個別に問い合わせた情報などもこっそりと教えてくださってありがとうございました!


※結局、最終決断はこちら→イデコ(iDeCo・個人型確定拠出年金)は楽天証券でやることにしたよ


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ