いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

低コストなインデックスファンド(投資信託)を追いかけるのに疲れました…たわら・ニッセイ・三井住友DCなど…SMTやeMAXISはもうダメなの??

「インデックス投資ブログを読んで投資を始めましたが、最近たわら・ニッセイ・三井住友DCなど次々と登場する、“より低コストな投資信託”のどれを選べばいいのか分からなくなってきました。それらの投資信託はどのブログでも大々的に取り上げられていますが、やはり次々と乗り換えていった方がいいのでしょうか?SMTやeMAXISはもうだめなのでしょうか?情報を追うのも比較するのも考えるのも正直もう疲れてきました・・」

という、質問というか相談がメールフォームから寄せられました。


その悩みや心境、よく分かりますよ~!

真面目に勉強して、合理性を追求しようとすると、より低コストな投資信託(ファンド)を追いかけたくもなりますよね。んでも、ある程度時間が経つと、疲れたり飽きたりもすると・・

私もインデックス投資を始めてからの数年間は、最低コストのインデックスファンドを徹底的に調べあげては、0.01%でも(信託報酬の)安いインデックスファンドを購入するために、次から次へと証券口座を開設し、乗り換えていったものです。。



◎インデックスファンドのコスト革命(2015年)


たしかに昨年は、「コスト革命」と呼んでもよいレベルの国内籍インデックスファンドが次々と登場(新規設定・コスト引き下げ・一般販売解禁)しました。

DIAMアセットマネジメントの「たわらノーロードシリーズ」や、ニッセイアセットマネジメントの「<購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスファンドシリーズ」、一般販売されるようになった三井住友アセットマネジメントのDC(確定拠出年金)用インデックスファンドなどがそれに該当するでしょう。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015」でも、その存在感を発揮しましたよね(たわらノーロードシリーズは、その設定時期の関係で昨年のファンドオブザイヤーには登場していませんが・・)。


インデックスファンドの低コスト化は素晴らしいことだと思います。

(面倒くさかったので)わざわざブログ記事に取り上げたりはしませんでしたが、当然のごとく、コスト革命の動きは私も常に追っていました。10年以上インデックス投資を続けながら、ウェブの片隅で情報発信のようなことをしている人間としては、感慨深いものがありました。

ただ、実際に自分の投資行動に反映させたことといえば、先進国株式クラスの積み立てをSMTから「<購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスファンドシリーズ」に換えたことくらいです(参考記事→2015年12月末のアセットアロケーションとポートフォリオ)。

で、変えたあとに「たわらノーロードシリーズ」が登場しました。・・んで、積み立てファンドを「たわら」に変更するかどうかは、まだ決めていません。というか考えてすらいませんでした。

私もその程度です。



◎自分はどうしたいのか、それだけの話だ


他人さまの投資判断に口を挟むことはしたくないので、あくまでも私がどう思うか、というだけの話ですが、

追いかけたければ追いければいいけど、無理をしたり苦痛を感じてまでやるほどのことでもない

ってなカンジですかね。


乗り換えにしても、最新情報を追うことにしても、やりたくなければやらなくてもよいのではないでしょうか。ここ数年でインデックス投資を始めた人であれば、そんなマメにやらなくても、パフォーマンスにたいした違いはでないと思います。

既に疲れているに、わざわざ無理して追いかける必要ないっしょ。


以前に、

「アセットアロケーションの比率に悩んで、夜も眠れません。どうすればいいのか?」というような質問への回答

という記事に書いたことが、今回もほぼそのまま当てはまるでしょう。



◎ほどほどで充分


そりゃあ、コストは確実なマイナス要因ではありますが、リスク資産の価格なんざ1日で数%動くことだってあるのです。年間ゼロコンマ数%を気にしてもあんまり変わらないと思いますよ。

前述したように、私もある時期までは次々と乗り換え、国内ETFに投資したり海外ETFに投資したりと、ゴチャゴチャやってきましたが、そういった動きこそが無駄なコストを発生させていたことさえあります。

これまでの乗り換え投資行動を一切せずに、ここで初めてたわらノーロードシリーズあたりに集約したほうがよっぽど余計なコストを支払わずに済んだでしょう。

インデックスファンドのコスト情報なんて、年に1回程度確認して、数年に一度乗り換えを検討するくらいでも十分すぎるアンテナだと思いまっせ。



◎ブロガーはマニアですからねぇ


ブロガーはマニアなので、最新情報を追いかけて情報をどんどんアップします。ただ、それは追いかけたいから、追いかけているだけです。もちろん、私もマニアなので、情報は常に追いかけています。

しかし、日ごろ情報を追いかけているからこそ強く感じることは、のんびりやっていてもインデックス投資の成果はほとんど同じだよなぁ、余計なことをしたり考えたりしない分、「のんびり」の方がコスパはいいかもなぁ、ということです。

その結果私は、「情報は追うものの、投資判断はのんびり」という微妙なスタンスに落ち着いています。つまり、情報を追っている分だけ余計な作業をしているのです。・・私は好きでやっているからいいのですが、それが楽しくない人にとっては意味のないことですよね。



◎各自好きなように


もちろん、乗り換えが苦痛でなく、情報を追いかけるのが楽しい人は、ガンガンやっちゃってください!

少しでも低コストのファンドに資金が集まった方が運用会社への意思表示になりますし、日本の金融業界に対するメッセージにもなると思いますから。

ただまぁ、普通の人が個人投資家全体のことや金融業界のことまで考えて投資判断をする必要はありませんわな。

各自、自己責任のもとで好きなようにやりましょうや。


(個人的には投資対象をバランスファンドにほぼまとめてしまったことで、余計な悩みが大きく減って、本当にスッキリしました。いまのところ、コストを起因とする周囲とのパフォーマンス差もまったく気になりません。)



※この記事の内容はアセットアロケーション(資産配分)やポートフォリオ(具体的金融商品)を決める際にも考慮したいことだと思うので、「アセットアロケーション決め方シリーズまとめ」にも番外編として加えることにします。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ