いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

『全面改訂 ほったらかし投資術』(山崎元・水瀬ケンイチ著)を読みました(感想・レビュー)

合理的で分かりやすい「物言い」によって多くのファンを抱える経済評論家の山崎元氏と、投信ブロガー界隈ダントツの最大手ブログ「梅屋敷商店街のランダムウォーカー」を運営している水瀬ケンイチ氏の強力タッグ最新作を読んでみました。




前著(改訂前)の『ほったらかし投資術』も、「もしも私がタイムスリップして、投資を始める前の自分に1冊だけ投資本を勧めるとしたら、これを選ぶ!」と考えていたくらいに、個人投資家目線のエッセンスが詰まった本でした。

【参考記事→過去にタイムスリップして、投資を始めようとしている自分に10秒間だけアドバイスできるとしたら


今回の最新作は、その前著の改訂版ということなのですが、書き換えられた部分が多く、かなりバージョンアップしているため、まさに「全面改訂版」でした。

もちろん、「過去の自分に読ませたい1冊としてこれを選ぶ」という私の考えは、「全面改訂版」になっても変わりません。



◎全面改訂とはいえ、軸はブレず


この本の主張をかなり大雑把に要約すると、

「手数料が安くて、シンプルで、負けにくい投資方法がありまっせ。その実践方法と理論はしっかりと解説しますから、投資なんかに手間をかけず、人生をエンジョイしましょうよ!」

ということで、これは前著と共通する太い軸です。


投資が趣味や仕事ではない普通の人は、投資そのものに「面白味」なんか求めずに、仕事やプライベートを充実させた方が有意義ではなかろうか、という考えについては私も大賛成です。

投資の世界は、「自分だけは絶対に儲けてやる!」と息巻いている世界中のプロたちと対等にやりとりするシビアな土俵です。そして、突発的な事故や天災なども影響し、運の要素もかなり大きいと言えます。

しかも、ある程度基本的な知識と原則を身に付けてしまえば、ほとんど場合、それ以上いくら勉強をしても簡単にパフォーマンスが向上するわけではありません。

投資なんて、無難に手間なくやれる方法があるのなら、それに越したことはないのです。



◎正しい理論と個人投資家目線の見事な融合


この本の序章では、合コンとスノボーのことくらいしか頭になかったという「普通の若いサラリーマン」だった水瀬氏が、老後資金の必要性に気づき、様々な投資法を実践するも、なかなか上手くいかなかった経験が赤裸々に書かれており、一気に共感と興味が湧いてきます。

水瀬氏が失敗を経ながら、やがてインデックス投資にたどり着き、現在どのくらい儲かっているのかまでを読むだけでも、購入する価値があると個人的には思っています。

【参考記事→インデックス投資とは・・


そして、第1章の実践ガイド、第2章のインデックス投資概要説明、第3章の商品ガイド、第4章のマニア向け特別付録という構成になっています。

正しく合理的であるがゆえに辛口すぎる山崎氏の投資理論解説と、実体験に基づく水瀬氏の個人投資家目線の文章が見事に融合していました。

確定拠出年金やNISAについても、かなり踏み込んで書かれており、将来の運用資産の取り崩し方法などにもキチンと触れています。

投資理論部分は容赦なく徹底解説するので、脳が汗をかいてしまうような部分もあるかもしれませんが、正しいことが分かりやすく書かれている類書は他に多くありません。



◎私とは考え方の異なる部分もあるけど・・


当然、私は著者たちとは別の人間なので、考え方や主張が微妙に異なる部分もあります。

外国債券クラスやバランスファンドへの投資の是非などが、それにあたるでしょう。

私は、すべての人が合理的に最短距離のみを選択できるわけではない、と考えています。

そのあたりの考え方の相違は程度問題なので、物事を10段階で評価するのか、それとも2択で答えを出すのか、というような違いからくるものだと思います※1

ラップ口座、外貨預金、毎月分配型投資信託、外国債券インデックスファンド、国際分散型バランスファンド、、、この本ではこれらのすべてがダメなものとして一括りにされてしまっていますが、当然それぞれに違いがあり、「ダメ具合」にも違いがあります。人によっては、必ずしもダメとは限らない場合もあるでしょう。

・・この辺りの微妙なニュアンスと意味合いが理解できる人は、もう投資に対する考え方としては初心者さんを卒業していると思います。


投資に関しては、自己責任を原則として、各人の最適解を見つけたいものですね。

そして、その各自の最適解にたどり着くために、この『全面改訂 ほったらかし投資術』のような「正しいことが書いてある本」をしっかりと読みこんでおくことは、とても有益であり、貴重なコンパスとなるでしょう。



◎アベノミクスの勢いで「とりあえず投資を始めちゃった人」にオススメ


この本は、「なんとなく個別株投資とかFXを始めてみたけど、理論的なことはよく分からないよ」というような人に是非オススメしたいと思います。個別株投資や為替取引は、今のような相場環境であれば誰でも上手くいきやすいものですが、趣味や仕事以外で資産形成のためにそれを長く継続しようとすると、簡単にはいかないものです。

また、投資未経験者であっても、例えば『週刊ダイヤモンド』や『週刊東洋経済』などを購読しているような意識の高い人であれば、イメージが浮かびやすく簡単に理解でき、「目から鱗」のような気付きが得られるかもしれません。

ただ、普段、「お金」について考えることはほとんどなく、これまで全く投資に縁のなかったような人は、まずは『老後貧乏にならないためのお金の法則』あたりの本で、ひとまず「お金」に関する全般的な知識を網羅してから、この『全面改訂 ほったらかし投資術』を手に取った方が、より理解しやすいと思いました。

【参考記事→『老後貧乏にならないためのお金の法則』(田村正之著)を読みました


『全面改訂 ほったらかし投資術』は、投資に関わっているすべての人が、(色々な意味で)定期的に読み返すべき必読書だと言えるでしょう。



※1 関連参考記事→私のアセットアロケーション


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ