いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

テレビ出演の影響(その1・一喝編)【投資に対する世間のイメージ】

数年前、個人投資家としてNHKのテレビ番組に、ちょこっとだけ出演したことがあります。

たしか、「うまい話に騙されないために」というような題名で、普通の個人が怪しい金融商品にボッタクられたり、極端な投資法に手を出して失敗したりしないように、しっかりとした金融リテラシーと情報ネットワークを持とう!というような内容の番組でした。

私の出演そのものは、ほんの数秒であり、「あんまり欲をかき過ぎても、ロクなことにはならないよね」というようなことをコメントしただけです。

ところが、NHKのゴールデンタイムの影響力はゴールデンボンバーだったようで、少なからぬ知人から連絡を受けました。



まずは、番組放映中に、職場の元ボス(当時既に退職)から電話がかかってきました。

「おい!いいか!投資なんて所詮ギャンブルだ!金を使わないことが一番だ!投資なんかするんじゃない!!」

と、いきなり一喝されました。

既に高齢者である元ボスの声は怒りに打ち震えており、電話越しにも手と唇の痙攣が伝わってきました。

農耕民族たるコツコツ預貯金貯蓄体質が身に染み付いた元ボスには、私のことが一発狙いの不遜極まりないギャンブラーのように見えたのでしょう。


私は、ハラビロカマキリの襲撃に怯えるウスバカゲロウのように恐縮しつつも、

「あ、いや、あの、自分は、そのようなギャンブルや怪しい投資話に騙されないための金融リテラシーの啓発活動の一端を……」

と、そのくらいまで言いかけたところで、

「バカモン!!」

と、再び怒りの雄叫びを浴びせかけられました。

相手の言い分に一定の正当性を感じたとき、「バカモン!!」という言葉とともにすべてを封殺し、反論の余地を与えぬ見事な雄叫びでした。

この理不尽な雄叫びを使いこなすことで、難しい交渉や社会の荒波を乗り越えてきた男の凄みがそこにはありました。この元ボスは、既に引退しているとはいえ、当時まだ業界内の多くの名誉職を兼任するフィクサー的な存在のお方でした。

「も、申し訳ありませんっ!」

自分に非があろうがなかろうが、そんなことは関係ありません。私は瞬時の判断で、最大の防御シールド「謝罪の言葉」カードをきりました。

電話越しであってもキチンとしたお辞儀を怠らぬ社畜道ど真ん中のストレート的なヤツをブチかましました(「も、申し訳ありません!」という言葉の後に、声にならない震える声をかすかに受話マイクに送り込むところがポイントです)。

場外ホームランを打った後のデストラーデのガッツポーズ級の謝罪を、業界フィクサーの元上司に喰らわせたのです。



私と元ボスの間に、暫しの沈黙が流れました。



鼓膜を心地よく愛撫する「謝罪の言葉」を味わっていたのでしょう。

その後、元ボスはゆっくりと言葉を続けました。

「いいか、よく聞きなさい。近い将来、日本は必ず財政破綻する。そのときに備えて、他国の財政破綻の例をしっかり勉強しておくんだ。投資なんかよりも、そういう勉強の方がずっと大切なのだよ!それからね……」

元ボスはおそらく、私に対して何かそれらしいことを言ってやろうと思ったのでしょう。新橋のサラリーマンが酔っぱらって即席の組織論を力説するかのごとく、付け焼刃の国際金融論らしきものを垂れ流し始めました。

当然、私は既にそういう事例(他国の財政破綻など)の勉強をそれなりにしていました。自分なりの勉強と思考の結果として、日本が財政破綻するかどうかは別にしても、そういう事態への現実的な対策こそが国際分散投資だろうと考えていたのです。

(参考記事→預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?

しかし、そこは私も社畜のなかの社畜。そんなことをズケズケと電話で主張したところで、その先にあるものが元ボスの怒り再燃以外にはないことはよく心得ています。

ひたすら深い相槌を打った後に、

「な、なるほど!さすが○○先生!勉強になります。いまのお言葉、肝に銘じておきます。ありがとうございました!」

と、これまでに一度も呼んだことのない「先生」などという呼称を活用して、昭和の下町でコロッケ屋の三男坊がバッタリ出くわした長島茂雄にサインをもらえたかのような感動ボイスで、元ボスを気持ちよくさせるためだけの言葉を受話マイクに送り込みました。

投資に対して世間の人が持っているイメージがよく分かった点において、とても勉強になったのは事実だ、などと、情けない自分自身への言い訳のような思いを心の中で噛み締めながら……


電話のせいでリアルタイムの番組放映が見れなかったこと(電話を取ってしまったこと)を悔やみつつも、無事に会話を終えたことに、私はひとまずの安堵を覚えました。

しかし、元ボスからの電話は、序章に過ぎませんでした。

このあと、テレビ出演の影響と世間が「投資」に対して持っている悪いイメージをイヤというほど思い知らされることになります。

つづく
「テレビ出演の影響(その2・うわさ編)【投資に対する世間のイメージ】」


…「いつか子供に伝えたいお金の話」ではなく、「いつまでも子供には知られたくない父親の社畜姿の話」になってますね。。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ