いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

自動車ってお金(費用)かかるよね…「マイカー」についての考えを整理しておく

住宅・保険・自動車・・・

マネープランや節約を考える際、もっとも影響が大きく最初に考えるべき代表項目は、その3つでしょう。

数十円安い牛乳を買うために遠いスーパーまで遠征したり、水道代を節約するためにセコセコやったりすることなんかよりも、上記の3つのようなデカい出費を抑えた方がはるかに効果的です。

※子供の教育費も大きいですが、ちょっとそれは横に置いておきます。


今回は、そのうちの「自動車」について、自分の考えと方針を整理しておこうと思います。


《住宅や保険に関する節約参考記事》
持ち家か賃貸か……住宅について自分の考えを整理しておく
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)



◎マネープラン的には所有しないのが一番


自動車は、持たずに済むなら、持たないに越したことはありません。

買うときに高額であるのはもちろんのこと、各種税金・保険料・ガソリン代・諸修理代・車検代・駐車場代などなど、かなりの費用がかかります。

初期費用を別にしても、普通自動車なら1台所有するだけで年間30万円~70万円くらいかかり、場合によっては100万円以上かかるようなこともあるはずです。

「お金」のことを軸に考えると、都心部など自動車なしでもあまり不自由なく生きられる地域に住んでいるなら、所有しないのが一番です。

どうしても必要な場合にのみ、レンタカーやタクシーを利用する方が、所有するよりも低コストで済むことがほとんどでしょう。最近は、複数人で自動車を共同使用する「カーシェアリング」なんてシステムもあるようですね。


※相互リンク先のブロガー・ゆうきさんが、具体的な数値を示さない私の雑な記事を補足してくれるかのように関連記事を書いてくださいました。

自動車購入のランニングコスト(維持コスト)とレンタカー利用の比較 - ホンネの資産運用セミナー



◎移動のための道具なのか、気持ち良くなるための道具なのか


それでも、田舎や郊外に住んでいるなど、自動車なしで暮らすことが現実的ではないライフスタイルの人は所有することになるでしょう。

その際、自動車を「移動のための単なる道具」だと割り切れる人は、なるべく買値を抑えて、かつ燃費のよいものを選択すべきだと思います。


ただ、世の中には自動車を「移動のための道具」とは位置づけずに、「趣味の道具」として、アホみたいに金をかけてしまう経済合理性のない輩も存在しています。

私もそんな輩の一人でした。

どうせいつかは終わるこの人生。
どこにお金をかけて、なにで満足し、どうやって気持ちよくなるのかは各自の自由です。

私の場合は、自動車が生活必需品でもあるので、単なる趣味の道具ではありませんが、どうせ乗り回すなら気持ち良くなれるほうがよい、などとアホ丸出しの考えを持ち、下品さの極みのような自動車に乗っていました。

バカ高い税金・バカ高い保険料・バカ高い車検費用・バカでかくてバカ高いタイヤ代・バカ悪い燃費・バカうるさい排気音・バカ低い車高・・・・・エコカーの正反対、時代に逆行してガソリンを撒き散らす6000ccオーバーの黒塗りアメ車です(ささやかな節約として、最初からフルスペックの中古車をなるべく低価格で購入し、改造費用はかけないようにしましたが・・)。


・・そういえば、たしか中学2年生のときの文集に、「将来の夢」を書く欄があり、多くの同級生が「プロ野球選手」だの「歌手」だの「建設会社の社長」だの「保母さん」だの「警察官」だのと具体的な職業名を書き連ねるなか、私だけが「時代の波に流されずに生きる」などと、中二病の典型のようなことを書いていました。いまだにその病気が治癒していません。重病です。



◎説得力皆無のマネーブロガー、それが私です


私のようにアホなことをやっていると、せっかく他の分野で節約し、効率のよい投資などを心がけていても、資産形成のゴールに向かうスピードは確実に遅くなります。自動車に金をかけるなんざ、0.1%の信託報酬にこだわるインデックス投資家にあるまじき行為です(参考記事→インデックス投資とは)。


ただ、、

ひょっとしたら、早死にするかもしれない!
今を楽しむことも大切や!!
これは日本経済への貢献ばい!!!

などと、自分だけに都合のよい言い訳をして、自動車に関しては、非効率を貫いていた時期もありました(このスタンスは当然、他人さまにはオススメしません)。

その代わり、自動車に乗っていた時間は至福の時間であり、道路上ではほとんどすべての他の自動車が道を譲ってくれ、どんなに強引な割り込みをしても決してクラクションを鳴らされることはありませんでした。


賃貸の方が経済合理性は高いと思いながらも持ち家に住み民間の医療保険は不要だと思いながらもそれに加入し、どうしても自動車が必要なら買値が安く燃費の良いものを持つべきだと思いながら、その正反対のアメ車に乗っていた私のマネーブログが醸し出す説得力のなさが、読者の心を揺さぶっていることと存じます。

アディオス!


※当ブログ内自動車関連記事
未経験者必読!中古車買取(売却)査定をやるときの最大の注意点



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ