いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

仕事と子育て、親と子の需給アンバランス

家族に小さな子供がいると、その世話が大変ですし、色々とお金もかかります。
たまの休日でも朝早くに叩き起こされて、ゆっくり寝坊することもできません。

ましてや我が子は、デパートのトイレからズボンをずり下ろしたまま走り出て、フロア内をいつまでも疾走するような子供です。そして、それを注意する母親に「おしっこ漏らすぞ!」と恫喝するようなメンタリティを持っています。
ペットショップでは、犬のエサや金魚のエサを勝手に試食します。

そりゃそうでしょう。私の子供ですから。
(参考記事→私のいたずら武勇伝


もう一人の子供もまだ小さいですが、手の届く範囲に紙があれば、すべて食べてしまうヤギのような貪欲さを備えています。また、静かな場所に行くと、狙ったように大きな奇声をあげるのは標準仕様です。
そして、既にヘビやトカゲなどにやたらと興味を持っています。

そりゃそうでしょう。私の子供ですから。
(参考記事→ヘビにまつわるエピソード


・・それでも自分の小さな子供と共に過ごす時間は、親にとって貴重で幸せな時間でもあります。



◎子供にとって私が必要なのは「今だけ」


「子供は3歳までに一生分の親孝行をする」なんていいますが、小さな子供が親に与えてくれる幸福感は言葉では表現できません。そしてもちろん、3歳以上になっても子供はかけがえのない大切な存在です。

また、小さい子供にとっても、親は絶対的な存在であり、遊び相手としても必要なパートナーでしょう。

ただし、成長するにしたがって、子供にとって親はだんだんと必要のない存在になっていきます。中学生にでもなったら、親と遊びたがることなんてないでしょうし、高校生以上になってしまえば、ただ「金だけ払ってくれればいい存在」になってしまうことだって珍しくはないはずです。

人生の節目に精神的支柱や相談役として必要とされることはあるかもしれませんが、大人になってしまえば、親とは別の人生を勝手に歩んでいくものだと思います。自分がそうだったように・・

(私が父親なので、父親目線ですが・・)

つまり、極端な言い方をすれば、子供にとって親(私)が本当に必要とされるのは、「小さいうちだけ」なのです。



◎子供が小さいうちは父親の時間が・・


しかし、たいていの場合、子供にとって親が遊び相手や初期教育者として最も需要がある時期には、父親は仕事が忙しすぎて、子供のための時間をつくるのが非常に難しいものです。

年齢的にも仕事上の責任が増えてきて、最もバリバリ働かなければならない立場であることが多いのではないでしょうか。

子供の世話も大切ですが、それもまずは「家族を食べさせる」ことのできる収入という土台があってのことです。そのためには職場内での立場もおろそかにするわけにはいきません。

涙を呑んで、仕方なく子育てよりも仕事を優先させている人も少なくないはずです。


また、計画的にコツコツと資産形成を行って、仮にそれが上手くいったとしても、その頃には確実に子供は大きくなっています。その頃にはきっと「子供」というか、もう「大人」です。

(短期間で大きな資産形成を成功させ得るような方法は、短期間で破産する可能性も高いので、選択できないと思います。)

頑張って働いて、金銭的にも余裕ができ、やっと子供と向き合う時間が作れるようになったときには、子供側に親と一緒に過ごす需要はないのです。



◎上手に調整したいけど・・


そりゃあ、できることなら、子供側に親と過ごす時間の需要があるときに、仕事を控えめにして子供との時間をたっぷり作りたい。そして、子供側に親と過ごす時間の需要がなくなってから、仕事に注力したいものです。

しかし、現実的に社畜としての日々を過ごしている人間がそんなことを主張し選択することは、まず不可能です。フリーランスになるなんてのも選択肢としてはありますが、収入の維持を考えると、それも簡単なことには思えません。

親の時間がないときに子供は親を必要とし、親に時間ができたときには既に子供は親を必要としていない。。

このアンバランスな需給関係がなんとも悲しい現実です。



◎時間・仕事・趣味・子育て・・・しっかり考えたい


これは子供との関係だけでなく、仕事と趣味にも当てはまることでしょう。
若くて健康なうちでないと、楽しめない・実践できない趣味もたくさんあるはずです。

どうせいつかは必ず終わりを迎える人生です。
できることなら気持ちよく冥土へ旅立ちたい。

実際のところ、すぐに仕事を辞めることなんてできませんし、辞めたいわけでもありません。

また、仮に宝くじでも当たって、お金の心配をしなくても生活できる状態なったとして、それで仕事を辞めても、その結果幸せになれるのかどうかは分かりません。

(関連記事→セミリタイヤとかしてみたいけど…


ただし、人生の選択肢を増やすためには、ある程度の「お金」が必要であることも間違いのない事実です。

(関連記事→一生飽きない仕事 と 低コストなライフスタイル


自分の人生なので、そのあたりのことをしっかり考えつつ、着実に資産形成を進めて、なるべく満足のゆく選択をしたいものです。

まぁでも、いずれにせよ、まずは目の前のことに誠実に一生懸命とり組めない人間に「いい選択肢」が現れるはずもないことは肝に銘じつつ、己の人生の最適解模索はこっそりと続けようと思っています。

(関連記事→なぜ投資(資産運用)をするのか


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ