いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

予測をしないインデックス投資家の予想【投資の前提(その1)】

前々回の記事の最初に、自分なりに理解しているインデックス投資の定義のようなものをエラそうに書いてしまいました。

「インデックス投資とは、資本主義の永続や景気の循環などを前提として、短期予測は行わずに世界中の株式や債券などに分散投資し、長期的に見て市場の平均値を取りにいく(世界経済の成長を取り込む)投資法です」と。

「世界経済の成長を取り込む」だなんて大層なことを書きましたが、これにはいくつかの前提があることにお気づきだと思います。

そうです。 「資本主義の永続や景気の循環など」を前提として(予想して)いるのです。



◎未来のことは分からないけど・・


資本主義が崩壊すると思っていたり、この先ずっと景気が悪化し続けると思っていたりするならば、世界経済の成長を取り込むような投資をする意味がありません。

また、この先ずっと(下落や停滞することなく)一本調子の右肩上がりで世界経済が成長する(株価が上昇する)という確信がある人は、借金をしてでもなるべく早くに全力投資をしたらいいと思います。

残念ながらフナムシレベルの私には、未来のことなど分かりません。

しかし、自分なりに色々な勉強をして考えた結果、例えば作家の橘玲氏の言うところの「資本主義は、人間の欲望を駆動力として無限に増殖するシステムで、欲望がなくならないかぎり市場は拡大し、株価は上昇する」というような言葉は、思考の軸に置いてもよいものだと考えています※1

ただし、あまりにも多くの要素が複雑に絡まるし、人間集団はいったんブームが起こると上にも下にも行き過ぎる傾向があり、さらに不測の事態発生なども避けられないので、(株価や為替の)短期的な値動き※2については、予測や理論値を超えて上下に振れて循環するに違いないという考えも並立しています。

つまり、

景気や株価は必ず上下するものの、地球規模の経済は長期的には成長するはずだ。

という前提を持ったうえで、私はインデックス投資をしています(この前提を持てない人は、こういうスタンスの投資などしてはいけません)。



◎リバランスの効果も無視できない


また、投資している各アセット(国内外の株式や債券)がそれぞれ違う値動きをして上がったり下がったりすれば、(仮に最終的に値上がりしていなくても)定期的なリバランスで、理論的には運用資産は底上げされるはずです。

リバランスとは、一定の期間(もしくは乖離率)ごとに、最初に決めたアセットアロケーション(資産配分)比率より上がっているもの(アセット)は売却し、下がっているものは買い増して元に戻すことです。主目的はリスクコントロールですが、価格の下がった資産を買って比率を戻すことで、長期的には高パフォーマンスが期待できると言われています(これをリスク資産と無リスク資産の間で定期的に行うことで、高値売りの安値買いが繰り返され、低迷相場でもじわじわと運用資産の利益が積み上がることになります)。


リスクとリターンは表裏一体。リスクを抑えればリターンも限定されてしまいますが、国際分散を基本としたインデックス投資の場合、大儲けはできないかわりに、長い目で見れば大損ぶっこく可能性も極めて低いと考えています※3※4



・・もしかしたら、今回の記事で一番内容があるのは、この下の※1かもしれません。ご興味のある方は、ぜひリンク先をご覧ください。名探偵コナンくんの真相説明のように分かり易いリンク先の文章に比べれば、私の文章なんかはシラミが残した吸血の痕跡のようなものです。

※1 「もっと豊かになりたい」という人間の欲望が、資本主義経済発展の原動力になるということを理解するのに、Yahoo!知恵袋にとても分かり易いやりとりがありました。

お金を儲ける事に遠慮してしまいます。自分でもおかしいと思っているのですが…

※2 ここでいう短期とは、まあ5年未満くらいでしょうか。短期・中期・長期という言葉が具体的に何年間くらいを表すものなのかについては、まだあまり深く思考していないので、じっくり考える機会があれば、いずれに記事にしてみたいと思っています。

※3 長期間にわたって国際分散投資を続けてきて、どのような結果になるかのバックテストのデータは、ブログのPC画面右側で紹介しているほとんどの本にイヤというほど掲載されています。

※4 当然、私と同じ考えを持つ人ばかりではないでしょう。投資は自己責任なので、そういう人は決して投資なんかしてはいけません。また、同じ考えを持っているとしても、投資は自己責任でお願いします。


【続編記事】→最悪の状況をどこまで想定するのか【投資の前提(その2)】


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約19年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
BSテレ東マネーの学び:2022年10月13日
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論
投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ