いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

マーケットメイカーとは(マーケットメーカーとは)

「マーケットメイカー(マーケットメーカー)」だなんて、普通の人や投資初心者には馴染みの薄い言葉でしょうが、以前に需要はないだろうなぁと思って書いた「購買力平価説とは」というマニアックな記事が、地味にご好評(アクセス)をいただき続けていたりもするので、今回は「マーケットメイカー」の解説記事でも書いてみようかなと。

ここ最近、ETF(上場投資信託)関連の記事を何度か書いているので、この話題(マーケットメイカー)を避けては通れないとも思いました。
(参考→どうすれば投資初心者にも「ETFやETN」をオススメできるようになるのか


さて、マーケットメイカー(market maker)とは簡単にいうと、

「投資家の売り買い相手になる金融機関」

のことです。

読んで字のごとく、マーケット(市場での証券取引)をメイク(成立させる)する人(法人)ということなのでしょう。「値付け業者」などとも呼びます。


「根っこ」から解説したいので、本題に入る前に少々回り道をさせてください。



◎オークション方式


市場(取引所)で株式等の有価証券を売買するときは、オークション方式で行われるのが一般的です。
ある銘柄について、売りたい投資家と買いたい投資家が直接売買するわけです。

市場には様々な投資家がいます。

投資家A:私は「株式会社ムカデ」の株式を25000円で買いたい。
投資家B:私は「株式会社ムカデ」の株式を30000円で売りたい。
投資家C:私は「株式会社ムカデ」の株式を28000円で売りたい。
投資家D:私は「株式会社ムカデ」の株式をいくらでもいいから、今すぐに買いたい。
投資家X:私は今、ムカデを見て、研究をしている。
投資家Y:私は今、ムカデの声を聞き、一緒にたわむれている。ムカデプール最高!
投資家Z:私は今、神の声を聞いている。

「株式会社ムカデ」に関して、このような投資家たちが、市場で同時に意思表示をしているとします。
(実際には、何株買うのかという問題もありますが、ここでは1株の売買とします。また、ものすごい数の投資家が様々な意思表示をしているはずですが、ここではこれで全員とします。)

この場合、「いくらでもいいから、今すぐに買いたい」と言っているDさんが、売りたいと言っている投資家BさんとCさんのうち、価格が安い方のCさんと28000円で売買することになります。

そしてその後、Aさんは「27500円までなら払う!」なんて意思表示をして、Bさんも「27500円まで下げるから誰か買って!」みたいなことになると、AさんとBさんの間でも27500円で売買が成立したりします。

要するにオークション方式ですね。
(※投資家X・Y・Zは関係ありません。念のため。)



◎マーケットメイク方式


ところが、「株式会社ムカデ」の株式のように常に売りたい人や買いたい人がいないレアな「株式会社シラミ」の株式のような銘柄もあります。

投資家A:私は「株式会社シラミ」の株式を15000円で売りたい。
投資家B:私は「株式会社シラミ」の株式を20000円で売りたい。
投資家C:私は「株式会社シラミ」の株式をいくらでもいいから、今すぐに売りたい。
投資家D:私は「株式会社シラミ」の株式をいくらでもいいから、今すぐに売りたい。
投資家X:私は今、シラミとプレゼント交換会をしている。私は卵を持参した。
投資家Y:私は今、シラミに愛の告白をしたよ。シラミ命。
投資家Z:私は今、神の声を聞いている。

・・ありゃま、この市場には今、買いたがっている人がいません(ちょっと極端な設定ですが・・)。
売りたいときに売れない(もしくは買いたいときに買えない)ような銘柄ばかりの市場だったら魅力はなく、投資なんてしたくなくりますよね。


そこで、投資家同士では売買せずに、取引所の許可を得た金融機関(マーケットメイカー)が、投資家と直接売買するのがマーケットメイク方式です。

マーケットメイカーA:「株式会社シラミ」の株式を14000円で買うし、18000円で売るよ。
マーケットメイカーB:「株式会社シラミ」の株式を15000円で買うし、17000円で売るよ。


投資家は、気に入った条件でマーケットメイカーと売買すればいいのです。

マーケットメイカーも(先物取引なんかも駆使しつつ)、様々な投資家から安く買って高く売ることで儲けの機会が生まれます。

特定の銘柄や市場(取引所)では、このマーケットメイク方式が使われることがあります。マーケットメイク方式専用の取引所もあります。



◎「指定参加者」と呼ばれるマーケットメイカーも


他にも、外国為替取引で投資家と売買するマーケットメイカーや、ETFの組成や売買に深く関係する「指定参加者」と呼ばれるマーケットメイカーなども存在します。

(※必ずしも「指定参加者=マーケットメイカー」ではなく、厳密には、指定参加者がマーケットメイカーになることが多いということなのですが、詳しくは次回の記事で書きます。)

今回、なぜ私が「マーケットメイカー」の話を持ち出した(解説を試みた)かというと、実はこの「指定参加者」の話を書きたかったからです。

指定参加者も「投資家の売り買い相手になる金融機関」であることに変わりはないのですが、もうちょっと複雑になります。指定参加者は、ETFの販売会社のような存在で、オークション方式の市場にいるマーケットメイカーなのです。

そもそも「マーケットメイカー」について、インデックス投資家※に関係してきそうなのは、上述したマーケットメイク方式の取引所の話ではなく、この「指定参加者」でしょう。
(※参考記事→インデックス投資とは


次回、インデックス投資家のなかでも国内ETFをコア金融資産に利用している個人投資家にとって、とても重要な「ETFの「基準価額」と「市場価格」の乖離問題」について、マーケットメイカーでもある「指定参加者」の説明を交えて解説したいと思います。
今回の記事は、その本題に入るための前振りでした。


つづく
次回:指定参加者の役割とは(ETFの「市場価格」と「基準価額」の乖離問題)


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票をお願いします。

関連記事

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約19年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
BSテレ東マネーの学び:2022年10月13日
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論
投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ