いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

知人がリボ払いの罠に……キャンペーンこわい

いやはや、最近のクレジットカード契約は恐ろしいですね。実は先日、知人から相談を受けました。「絶対お得だから、って言われて新しくクレカを作ったんだけど、なんかよく分からないから見てくれない?」と。その知人は近頃大人気の会員制某大型小売店で勧められ、その場で新規契約したというクレジットカードと、その関連書類一式を私に見せてきました。お節介な私は、その書類を手に取り、ネット検索などもしながら、要点を確認...

ポイント大幅還元キャンペーンで普段買わないものに手を出すのはカモ

なんとかペイ等のQRコード決済やクレジットカード決済等で、たまに数十パーセントの還元キャンペーンをやっていることがあります。そういうとき、自分が普段使っている〇〇ペイとかクレカがそれに該当していると、愚かな私はなんとも言えない焦燥感のようなものに駆られます。こんなにおいしい話は滅多にない!このポイントバックはゲットしておかないと損だ!ポイント還元枠をギリギリまで活用しないやつは情弱や!みたいなマイン...

お得なクレジットカード紹介やポイント2重取り3重取りの方法など

これまで2回にわたって、かなりグダグダと、セコくて理屈っぽいクレジットカード関連の話題を書き散らかしてきました。→前々回(クレジットカードとの付き合い方(クレカのお得さや怖さ))→前回(クレジットカード会社はどうやって儲けているのか)せっかく7年ぶりに記事をアップデートしたので、いま現実的にお得だと思えるクレジットカードや、セコいポイントの稼ぎ方なんかも少しだけ紹介しておきます。最近では、投資信託の自...

クレジットカード会社はどうやって儲けているのか

前回の記事で、クレジットカードは上手に利用すれば、とても便利でお得なものであると書きました。それもそのはず、高還元のクレジットカードの一括払いだと、利用した金額からノーリスクで確実にポイント還元やキャッシュバックが受けられるのです。無駄遣いさえしなければ利用者にデメリットはありません。さて、利用者のメリットばかりが目に付きますが、クレジットカード会社は、一体どうやって儲けて(利益を出して)いるので...

クレジットカードとの付き合い方(クレカのお得さや怖さ)

ブログのサブタイトルで「インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)やら節約やら保険やらクレジットカードやらのブログ」と謳っているにも関わらず、私はあまり「クレジットカード」に関する記事は書いていません。ただ、最近、息子にクレカの仕組みについて訊かれたので、ふと思い立ち、7年ほど前に書いた記事シリーズを最新版に加筆修正して再度アップすることにしました。現代社会で普通に生活する際、クレジットカー...

ポイント還元と現金値引きはどっちがお得なのか

QRコード決済・バーコード決済が流行り始めたころ、けっこうな確率でpaypayの「100%キャッシュバック」が当たるというのがありました。私もランチタイムに一人でよく行くイタリア料理屋で、ちょっと贅沢に1000円のパスタセットを食らい、PayPayを利用したところ、運よく1000円分のキャッシュバック(PayPayボーナス)が当たりし、大喜びしたことがあります。そのとき、お店のマスターに画面を見せて、「ついに1000円キャッシュバッ...

高いモノ自慢をしたがる人と、安いモノ自慢をしたがる人

例えば、どんな家をいくらで買ったのかというような話になったとき、・いかに高い家を買ったのか(高く買ったのか)、ということをアピール(自慢?)したがる人もいれば、・いかに安い家を買ったのか(安く買ったのか)、ということをアピール(自慢?)したがる人もいます。国際分散投資ブロガー界隈には〝安いモノ自慢派〟が多そうな気もしますが、実生活で接している人の中には〝高いモノ自慢派〟もけっこういるように感じます...

わりかん保険って何だ?…保険料「後払い」のがん保険!?

これまでになかった「透明性が高く、加入者同士の助け合いが実感しやすそうな」保険の発売を、主要な全国紙が一斉に取り上げて話題を集めたのは今年(2020年)1月下旬。今さら遅いかもしれませんが、たまに保険ネタを扱うブロガーとして(また、過去には某マネー誌から保険ネタで取材を受けた変わり者として)、私も「わりかん保険」に触れておくことにしました。※justInCaseのウェブサイトより(クリックで拡大)一部の保障に限定...

県民共済がネット申し込み可能に…保険相談のプロのコメント追記あり

まだ全国すべてではないものの、都道府県民共済のうちの多くで、インターネット申し込みが可能になっていることに先日ふと気づきました。嘘かホントかは知りませんが、生保レディは自社の保険には入らずこっそり共済に加入している、なんて話も聞いたことがあります。県民共済は比較的小額の掛け金で最低限の保障を得られ、(各都道府県の共済によって異なるものの)掛け金の概ね3割程度は毎年割戻金として戻ってきます。民間の保...

職務上の賠償責任保険って加入してますか?

日常生活でうっかり他人の物を壊してしまったとか、誰かに怪我を負わせてしまったとか、そういう万が一のときの高額賠償に備えて、個人賠償責任保険には絶対に加入しておくべきだ!という主張を、私はこれまでに何度もしてきました(ひと月あたり数百円程度で数億円の補償が得られます)。【参考記事:子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた】で、実際、上記リンク先の記事のようにそれが役立ったことも...

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ