いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

リピートありの温泉宿をランキング付けしてみた【2021年版】

家族会議を開き、これまでに宿泊した天然温泉宿(旅館やホテル)を、お湯・料理・雰囲気・おもてなし・設備などから総合評価して、我が家独自のランキングを作ってみました。評価は以下のような6段階。S(☆☆☆):この宿に泊まるためだけに旅行に行ける(リピート必須)A(☆☆):また泊まりたいと強く思える(リピートしたい)B(☆):リピートしてもいいレベルC:まあまあだったけど、リピートはなしD:悪くはなかったけど、もうい...

どうやって子供の名前をつけたか

投資のこと以外でも、私は実生活で若い世代から相談を受けることがよくある※のですが、その中のひとつに、「子供が生まれるのですが、虫とり小僧さんはどうやってお子さんの名前を決めましたか?」ってのがあります。特別なプロセスや方法で我が子の名前を付けたわけではないものの、自分がどう考えたかを話すと、意外と参考にしてくれている(ように見える)ことがあるので、ここにも書いておくことにしました。・・今回も自分だ...

投資情報を求めて当ブログを訪れる人は少なくなっている

このブログは基本的に「お金」に関することを主なテーマとして書くようにしています。特にインデックスファンドを使った国際分散投資の話題が中心になることが多いので、投資ブロガーとかインデックスブロガーなんて呼ばれることもあります(参考:インデックス投資とは)。そこそこ長く書き続けてきたおかけで、最近ではピンポイントで「虫とり小僧」だとかブログタイトルの「いつか子供に伝えたいお金の話」などと検索して訪ねて...

時間やお金をどう使うのか≒どう生きるのか

ご祝儀に10万円を包んでも気持ちいいときがあるのに、レジ袋の3円が惜しくて舌打ちしてしまうことがあります。やりたくない仕事をするための残業だと1分でも苦痛なのに、趣味や娯楽のためにいつもより3時間早起きすることにはワクワクしてしまう……。生きていくためには、やりたくなくてもやらなければならことがあるし、払わなければならい出費もあります。んでも、自分でコントロールや選択可能な部分だって少なくはありません。...

職を変えるたびに減っていく給料……自分はもっと稼げる男だと思っていた

先日ふとツイッターで以下のように呟いたら、いつもより多めの「いいね」がつきました。社会人になりたての頃は、まさか40歳を超えても月々の給料の手取りが30万円にも満たないことになるとは思ってもみなかった。けど、同時に投資による資産形成で年収の何年分もの金融資産を作ることができるとも思っていなかった。— 虫とり小僧 (@mushitori) July 1, 2021 40歳を超えても手取りが30万もいかないことに「いいね」なのか、...

ツチノコを見た日に

つ、つ、ツチノコだあああぁぁぁっ!!!私は思わず叫びました。そして、ポケットに入っていた「使い捨てカメラ」を取り出し、シャッターボタンをポチり。※20数年前に自分で撮影(した写真を最近スマホで撮影)あまりの興奮に手が震えていたので、ブレたりピンボケしている可能性を考慮し、フィルムを巻き直してもう一枚、二枚と撮影を続けました。と同時に、そのツチノコと思しき生物が(伝説にあるように)高く飛び跳ねて攻撃を...

都会から転校生してきたお坊ちゃん

悪ガキだった小学生時代の思い出を書くシリーズが想定外のご好評をいただいたことがあったので、私は調子に乗って一時期しょうもない記事を量産していました。が、すぐにネタ切れになりました。中学生以上になると、もはや笑えないエピソードばかりになるし、小学生時代の話にしても「かわいげ」のあるネタはそんなに多くはありません。ただ、そもそもこのブログは私自身のための自己満足ツールですし、もう、とにかく記事のネタが...

ブログを書きはじめた理由

「なんでブログを書き始めたんですか?」という質問は、けっこう色々なところで受けます。その答えは、当ブログの一番最初の記事で簡単に書きました。まだ小さい自分の子供たちに、いつか「お金」の話をするときのための備忘録として、また、自分に万が一のことがあったとき、残された家族に情報を伝達するツールとして、軽い気持ちで書き始めた……ってな感じです。【参考記事:ブログに「遺書」機能を持たせよう!】・・ただ、なぜ...

子供にスマホを持たせる際のルールを作ってみた

昨年のことです。息子が「クラスの半分以上はスマートフォンを持っているから自分も欲しい」と申し出てきました。ごく簡単な機能しか搭載されていないキッズケータイはもうイヤなようです。私が小学生の頃、親に「クラスのみんながファミコンを持っているから自分も欲しい」とねだったときは、実際には「みんな」ではなかったので、息子のいう「クラスメイトの半分以上」も真偽は怪しい気がしました。しかしながら、これからの時代...

1000万アクセス、1000万パワー、1000万円

いつもは全くと言っていいほど気にしていない当ブログのアクセスカウンターにふと目がとまり、それが1000万を超えていることに気づきました(超えてから既にけっこう時間は経っていますが)。実は以前、アクセス数を区切りにした記事は書かないようにしようと思っていた時期がありました。なぜなら、そんなことは読み手にとってはどうでもいいことだからです。ただ、その一方で私は、一丁前にブログ開始〇周年という区切りの記事は...

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ