いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

温泉に行きたい衝動を押さえられないときは…

私は、暇があれば温泉のことを考えていて、自宅のトイレには何冊も温泉ガイドブックが陳列してあり、休日にわざわざ温泉ソムリエ認定セミナーを受講し、家族旅行をほぼ毎回秘湯めぐりにしてしまう程度には温泉好きであります。例えば、群馬県の法師温泉のような湯舟の底から適温で湧き上がるお湯なんかは大地が与えてくれる奇跡の恵み、日本の宝だと思っています(参考:リピートありの温泉宿をランキング付けしてみた)。ぶくぶく...

知人の急逝に思うこと…家族に伝えておきたいメッセージ

少し前の話ですが、知人が急逝しました。まだ30代の屈強な男でした。いつもと変わらぬ一日を過ごしている中で、おそらく本人も気づいていないであろうと思われるほど一瞬で意識を失い、そのまま、だったそうです。家族にお別れの言葉を言う機会はおろか、何の準備も覚悟もしていない状況で、突然プツリと人生が終わってしまった……。葬儀の際、悲しみを堪えきれない家族、父親の死を認識できず陽気にはしゃいでいる幼い子供、嗚咽を...

ブロガー仲間から、ただの友達へ

ブロガーとしてマニアックな情報を発信し続けていると、(参加さえすれば)オフ会やらイベントやらで、主に同ジャンルのブロガーたちと顔を合わせる機会が増えてきます。最初はブロガー同士だけでしたが、そのうちブログは書いてないけどツイッターはやってるとか、ブログもツイッターもやってないけど国際分散積立投資をしてるとか、スタンスや投資対象はちょっと違うけど投資はしているとか、これから投資を勉強したいとか、似た...

カジュアルな筋トレが流行ってるけど……趣味と習慣と時間とお金と

最近、「こりゃあ、やってるなぁ」と思える身体つきの人を見かけることが増えてきました。「やってる」というのは、筋トレ(ウエイトトレーニング)のことです。胸板や肩まわり(大胸筋や三角筋)に張りのある男性や、おしり(大臀筋)がキュッと上がった女性が、それを強調するようなファッションをしていたり、スポーツ用品店でプロテインを物色していたりすると、この人やってるな、と思ったりするわけです。SNSとかでも筋トレ...

身勝手すぎる

数か月前から予約していた小説の順番がやっと自分に回ってきたので、近所の市民図書館に出向いた7月のある日。駐車場から図書館の入り口までの細い道の途中で「小さくて緑色の丸っこい何か」が視界の隅に入ってきたので、私は足を止めて振り返りました。ん? 小鳥??近いづいてよく見てみると、まだ成鳥(大人)になり切れていない野鳥の雛(子供)のようです。幼いころ、「ファーブルさん」と呼ばれるほど昆虫には詳しかったく...

蛇(ヘビ)飼育にまつわる話と簡単な飼い方(アオダイショウ・シマヘビ等)

メインテーマからは大きく脱線しますが、気楽な個人ブログなので、今回は初心者向けの爬虫類(ヘビ)の簡単な飼育方法と、それにまつわるあれこれについて書いてみようと思います。もちろん、こんな記事に需要がないことは重々承知しております。しかし、突然メインテーマから逸脱するのは、当ブログの特徴であり、味わいのひとつでありましょう。どうぞご堪能くださいませ。...

インデックス投資家なら知っておきたい豆知識と『ノーサイド・ゲーム』(池井戸潤著)を読んだ感想

自分が読んだ(投資とは関係ない)本や観た映画の感想を備忘録的に書いているブログも(こっそり7年くらい前から)運営しているのですが、今回はなんとなくリズムを変えてみたくなったので、小ネタを入れてこっちにアップしてみます。ちょうど大泉洋さん主演でテレビドラマ(TBS日曜劇場)でもやってるし。ラグビーのワールドカップ(世界三大スポーツイベントのひとつ)も今年9月から日本で始まるし……。...

笑う山崎

このブログを読んでくださっているような方であれば、今回の記事タイトルを目にしたら、資産運用業界最強の論客・山崎元さんのことを思い浮かべるのではないでしょうか。【参考:山崎元著『人生を自由に生きたい人はこれだけ知っていればいい』】しかし、今回の「山崎」とは、あの山崎元さんのことではありません。もちろん、サントリーのウィスキーのことでもありません。...

ふざけたハンドルネームにしてしまったことへの後悔

“虫とり小僧”なるおよそまともとは思えぬ偽名の印字された名刺と、社会的信用のある組織名と肩書き入りの本名が印字された相手の名刺を、「頂戴いたします」などと言い合いながら両手で交換する度に、私は後悔の念に駆られます。もうちょいまともなハンドルネームにしておけばよかった、と。おそるおそるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を始めてみたとき、まさか自分がお金に関するブログを書くようになるなんて、...

オーダーでスーツを作ってみたが・・

これまで私は、オシャレとは程遠い人生を歩んできました。10代後半から20代前半という青年として最も「旬」な時期でさえ、スウェットに便所サンダルで渋谷へ行くようなダサい男でした(そういえば30代になっても投信運用会社にタンクトップ姿で行ったりも…→参考:セゾン投信アポなし襲撃)。当然、スーツをオーダーで作ったことなんてなかったのですが、最近、知人から19800円でフルオーダー可能な紳士服店があると聞いて、つい興...

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約17年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


改訂版 一番やさしい!一番くわしい!はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ