いつか子供に伝えたいお金の話

インデックス投資(投資信託を使った国際分散投資)による資産運用・各種保険・クレジットカード・節約など「お金」に関することを書き綴るブログ

これは読んでおいたほうがいい!『知らないと損する年金の真実 - 2022年「新年金制度」対応 - 』(大江英樹著)の感想・レビュー

・公的年金ってよく分からない・現役世代は年金の払い損になる・少子高齢化で年金は破綻する・年金運用は株で大損してる・年金の未納者は4割もいるからヤバいどれかひとつでも、上記のように思っている人は読んでおいて損はない一冊です。複雑な問題を分かりやすく解説したり、通説をバッサリ切ることを得意とする経済コラムニストの大江英樹さんの新著。かなりオススメです。...

リピートありの温泉宿をランキング付けしてみた【2021年版】

家族会議を開き、これまでに宿泊した天然温泉宿(旅館やホテル)を、お湯・料理・雰囲気・おもてなし・設備などから総合評価して、我が家独自のランキングを作ってみました。評価は以下のような6段階。S(☆☆☆):この宿に泊まるためだけに旅行に行ける(リピート必須)A(☆☆):また泊まりたいと強く思える(リピートしたい)B(☆):リピートしてもいいレベルC:まあまあだったけど、リピートはなしD:悪くはなかったけど、もうい...

高いリターンを上げた投資判断の的中は実力なのか、運なのか?

ここ10年くらいの世界のマーケットを見ると、どの株式市場もほぼ好調です。特に米国は絶好調、他の先進国や日本もまあまあ。新興国だってそこには及ばないまでも10年間の年率平均で9%以上のリターンになっています(2021年8月末時点で円換算)。最近は為替も安定しており、かつ10年スパンで見ると円高から円安に振れているので、円で投資している外国資産にも利が乗りやすい状況です。つまり、メジャーどころの株式やリートを普通...

ボーグルヘッズ日本支部設立メンバーになりました

「Bogleheads®(ボーグルヘッズ)」とは、バンガード創業者ジョン・ボーグル氏の投資哲学への賛同者が集うコミュニティのこと。現在、アメリカを中心に世界中に11万人以上の参加者がいて、米国には81、米国以外には11の支部があるようです。↑プレスリリース画像をキャプチャこの度、その日本支部を設立するメンバーのひとりに私も加わりました(計5名です)。※バンガード社とは、米国ペンシルバニア州に本社を置く、1976年に初めて...

時間やお金をどう使うのか≒どう生きるのか

ご祝儀に10万円を包んでも気持ちいいときがあるのに、レジ袋の3円が惜しくて舌打ちしてしまうことがあります。やりたくない仕事をするための残業だと1分でも苦痛なのに、趣味や娯楽のためにいつもより3時間早起きすることにはワクワクしてしまう……。生きていくためには、やりたくなくてもやらなければならことがあるし、払わなければならい出費もあります。んでも、自分でコントロールや選択可能な部分だって少なくはありません。...

投資初めて物語~最初はみんな初心者だった~

楽天証券のオウンドメディア「トウシル」さんからインタビューを受け、その内容が「虫とり小僧さんに聞く!投資初めて物語~最初はみんな初心者だった~」という記事(当記事末尾にリンクあり)で公開されています。※画像はトウシルの該当ページよりトウシルは、アナリストやファンドマネジャーなど専門家の記事はもちろん、個人投資家へのインタビュー記事なんかも含む盛りだくさんのコンテンツで、月間数百万PVの人気投資情報サ...

『こんなときどうする? どうなる? Q&A 3つのNISA 徹底活用術』(竹川美奈子著)は最高のNISA解説本

一般NISA(と新NISA)、つみたてNISA、ジュニアNISAのすべてを網羅し、「徹底的」に解説している本を読みました。NISAの制度解説に関する本の中では、詳しさ・分かりやすさのどちらも最高峰でしょう。今後、つみたてNISAしか使わないことを決めている私が、一般NISAから新NISAへのロールーオーバーのやり方を様々なケース別におさらいする意味が一体どこにあるのだろうか、などと考えながらも、なぜか楽しく読めてしまい、改めて自...

テンバガー(株価10倍)……自分にゃ無理だろうなぁ、きっと【FISCOへの寄稿】

久しぶりにFISCOソーシャルレポーターとして記事を寄稿しました。これで第41回目になります。これまでも寄稿するたびに記事にしてきたので、今回も一応アップしておきます。フィスコへ投稿する記事は「一見さん」を意識して書くようにしているので、「お得意さん」にとっては“おなじみ”の内容かもしれません。が、個人的に強調したいポイントやエピソードを取り上げて、なるべく簡単にまとめるよう心がけています(実際に簡単にま...

『投資信託完全ガイド』(2021-22年版)に掲載されました

晋遊舎から2021年8月24日に発売された『投資信託完全ガイド2021-2022 (100%ムックシリーズ 完全ガイドシリーズ329)』というムック本に、私のコメントがチョロっと掲載されています。 この本は、投資信託そのものの解説と、普通の人にもできる投資の啓発書といった趣のガイドブックで、国際分散積立インデックス投資を勧める内容になっています(私も17年くらい実践しているものです)。丸一冊、投資信託を通じた投資について書か...

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレ・秘湯めぐりなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、世界中の株式や債券なども保有しています。

約16年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
投資信託完全ガイド:2021-22年版
日経新聞広告:2021年2月12日
東証マネ部!:2020年8月
JBpress:2020年7月7日
ダイヤモンドZAi:2020年5月号
Yen SPA!:2020年夏号
トウシル(楽天証券):2020年4月
日経ヴェリタス:2019年9月15日
FOUND:2019年8月
週刊エコノミスト:2019年4月23日号
金融庁コラム:2018-19年
ITmedia:2018年1月29日
モノクロ ザ・マネー:2018年12月号
トウシル(楽天証券):2018年10月
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月
日経電子版:2017年12月25日
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
東証マネ部!・R25:2017年3月
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイ・オンライン:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

このエントリーをはてなブックマークに追加

読みやすくてオススメの本

金融のプロが実はやっている 最もシンプルで賢い投資の結論

投資理論の基礎から実践まで学べる最高の教科書。→参考記事


【改訂版】一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門

投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本。→参考記事


お金は寝かせて増やしなさい

投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレ。→参考記事


半値になっても儲かる「つみたて投資」

積立投資そのものを分析・解説している興味深い本。→参考記事


生命保険の罠

生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊。→参考記事

オススメのネット証券

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金(イデコ)でもここを利用。投信積立や残高で楽天ポイントがザクザク。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーンも多し。→参考記事

SBI証券
管理人もメインで利用中の最大手。低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

セゾン投信
リスク資産を1本の投資信託で管理したい人にオススメ。「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。→参考記事

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。

メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。

注意事項等

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

リンクや引用なら問題ありませんが、無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。



アクセスカウンター

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ