メディア掲載・出演記録

Yen SPA!(エン・スパ)2016年冬号に掲載されました…頭をよぎる職務質問の思い出

だいたい年に2回ほど刊行される扶桑社の『Yen SPA!(エン・スパ)』2016年冬号(2015年12月12日発売・2016年1月12日号)にペロっと掲載されました。

49102345kk60163.jpg


「負け知らず!インデックス分散投資の究極奥義」という特集のなかで、インデックス投資家の一人として1ページを使って紹介されています。

実際にこんなおっさんがいたら職務質問必至だ!と思わせる、怪しさと変態指数MAXのイラストで私は登場しています(38ページ)。

そういえば数年前、まだ小さかった息子に本物のカブトムシを見せてあげるべく、一人でカブトムシを捕まえに行ったとき、警察から職務質問を受けたことを思い出しました。

あの日、深夜に近所をウロついていたところ、私は警察官に呼び止められました。
続きを読む >>

BIG tomorrow(月刊ビッグトゥモロウ) 2016年1月号に掲載されました

毎月25日発売のビジネス・マネー誌『BIG tomorrow(月刊ビッグトゥモロウ)』(青春出版社)の2016年1月号にチョロっと掲載されました。

101601-220x297.jpg


今月号の表紙は俳優の唐沢寿明さんですね。

この雑誌はコンビニなどに置いてあることも多いので、目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。

私の記事が大きく掲載されているわけではありませんが、一応カラーのメイン特集のなかに「隠し味」のごとく登場しています。
続きを読む >>

私の投資金額や損益率がザイ・オンラインに掲載されてしまいました

先日、ザイ・オンライン(ダイヤモンド社)の記者さんから、インデックス投資に関するインタビューを受け、その内容が「ザイスポ!」に本日掲載されました(本記事の最後にリンクあり)。

当ブログではこれまで、投資金額やその損益率は非公開としてきましたが、インタビューの際についつい話してしまいました。

まぁ実際には、ある時期のリスク資産金額や投資金額をぼかして表現しただけなので、ハッキリとは分からないようになっています。しかしながら、これまで完全非公開だった情報を推測可能な表現で話してしまったので、個人的にはけっこう大きな出来事です。

※インタビュー記事中の「年収の○年分」というのは、あくまでも若い頃の年収をベースにしているので、たいしたことはありません。ホントに世間の若者の平均でしたから。
続きを読む >>

『日経ヴェリタス 2015年8月30日号』にコメントが掲載されました…投資のプロが伝授 株価急落、嵐をしのぐ心構えは

先週の株価や為替の乱高下を受けて、日経ヴェリタスの記者さんからコメントを求められ、チョロっと回答したら、チョロっと紙面に掲載されていました。ほんとにチョロっとですけど。

52-53面の「投資のプロが伝授 株価急落、嵐をしのぐ心構えは」という特集記事です。

日経ヴェリタス 2015年8月30日号

10~20年以上先を見据えた資産形成のために投資を行っている私のような個人投資家は、短期的な値動きに翻弄されずにのんびりとしていられますが、それとは違った目線で勝負している人のなかには、最近の乱高下で大変な思いをされた方もいるようです。

※もちろん、あの程度の乱高下は軽くいなして、上手く切り抜けたり、美味しく蜜を吸った短期投資家の方なども多くいるでしょうが・・
続きを読む >>

『日経ヴェリタス 2015年7月26日号』に掲載されました…恥ずかしい投資歴を告白

日経ヴェリタス2015年7月26日号に、個人投資家としてちょこっと掲載されました。

日経ヴェリタス 2015年7月26日号

メールフォームから取材依頼を受け、「個人投資家 七転び八起き」というコラムに取り上げてもらっています。

このコラムは、様々な個人投資家の「投資を始めたきっかけ」や、現在のスタイルに至るまでの「泣き笑い」などを記事としてまとめたもので、創刊時から続いているそうです。

せっかくの機会だったので、なるべくブログには書いていないようなエピソードを赤裸々に語ることを心がけました。
続きを読む >>

大手テレビ局の某経済番組から取材を受けた件について

ちょっと前のことですが、当ブログのメールフォームを通じて、某テレビ局の某経済番組のディレクターさんから取材の依頼がありました。

週刊モーニングで連載されている投資漫画『インベスターZ』(三田紀房著)についてのコメントが欲しいとのこと。そしてなんと、番組放映まで数日しかないので、可能であれば翌日に自宅で取材させてもらいたい、という急な依頼でした。

私は以前に当ブログで「『インベスターZ』(三田紀房著)を読んでみました」という記事を書いており、それがグーグル検索で上位表示されていたので、お声がかかったみたいです。
続きを読む >>

日経マネー(NISA特集)に掲載されました

本日(8月21日)発売の日経マネー(2013年10月号)にチョロリと掲載されました。

日経マネー 2013年 10月号 [雑誌]

70~103ページのNISA特集内(NISA活用術)の89ページです。
(同じ見開きページ内に、相互リンク先のブログの大先輩である水瀬ケンイチさんとよぴ~さんも掲載されています。)
続きを読む >>

日経新聞のNISA特集に掲載されました

本日(2013年7月3日)の日本経済新聞朝刊に、私のコメント的なものがチョロっとだけ掲載されました。

21面(M&I・マネー&インベストメント面)です。

nisa.jpg


ホントにチョロっと、であります。

どこに載っているのかを見つけることでさえ、「ウォーリーを探せ」の最後のページなみに難しいですが、見ようによっては名脇役でならした川谷拓三氏のような味が出ているといえなくもありません(いや、スンマセン!嘘つきました。そんな味はありません)。

それに、なんというか、安易につけてしまった「虫とり小僧」なるふざけたハンドルネームが、記事の品位を大きく汚しているように見えます(汗)。
日経新聞さん、申し訳ありません。。

※記者の方は、取材中はもちろんのこと、取材前後の連絡などでも、非常に真摯に丁寧に対応してくださいました。
続きを読む >>

テレビ出演の影響(その3・テロップ編)【投資に対する世間のイメージ】

前回(うわさ編)前々回(一喝編)の記事で書いたように、「怪しい金融商品にボッタクられたり、極端な投資法に手を出して失敗したりしないように、しっかりとした金融リテラシーを持とう」というようなテーマのNHKのテレビ番組に少しだけ出演した結果、投資に対する世間のイメージの多くは「投資=ギャンブル=危ないこと」であることを私は痛感しました。

番組では、SNSなどの情報ネットワーク活用も主要なテーマだったので、それに関連させたのか、放映中も視聴者がツイッターで番組に寄せたコメントが画面に流れていました。

良質な情報の活用方法や個人投資家の情報交換の場を放映している画面の下部には、

「投資なんてやってる時間がない。そんなものに時間をかけずに仕事をしろ!」
「素人で投資なんかに手を出すやつはプロの餌食だな」
「投資は捨て金でやるものだ。やめておけ!」
「日々の努力が一番美しい。楽して儲けようとするなんてとんでもない!」
「NHKが投資を勧めるとは、なんたることか!」
「我が家には、株に手を出すな、という家訓がある」


などなど、今となっては詳細はうろ覚えですが、こんなカンジのネガティブなコメントばかりが流れていました。
続きを読む >>

テレビ出演の影響(その2・うわさ編)【投資に対する世間のイメージ】

前回の記事(一喝編)で書いたように、「怪しい金融商品にボッタクられたり、極端な投資法に手を出して失敗したりしないように、しっかりとした金融リテラシーを持とう」というようなテーマのNHKのテレビ番組に少しだけ出演した結果、番組放映中に職場の元ボスから電話がかかってきて、「投資なんかするな!」と一喝される事態に私は見舞われました。

しかし、そんなことは、世間の持っている「投資」に対する悪いイメージを思い知ることの序章に過ぎませんでした。
続きを読む >>


counter

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど

※小説も書いてます→『迫力』



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
BIG tomorrow:2017年7月号
東証マネ部!・R25:2017年3月
R25・東証マネ部!:2017年1月
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日号
日経ヴェリタス:2015年7月26日号
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
小説を書いてみました


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年12月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年下半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
で、自分は現行NISAと積立NISAのどっちを利用するのかという話


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

オススメのネット証券

SBI証券
管理人も利用中の最大手。
低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金用口座としてここを利用。
商品ラインナップやシステムはSBI証券に劣らない。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーン多し。
当ブログ内参考記事

セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。
当ブログ内参考記事

オススメの保険比較サイト

価格ドットコムで最安値圏を調べ、自分がどれだけぼったくられているのか確認してみることをお勧めします。
保険商品は、自分に必要なものを最低限、なるべく低コストで選びたいものですね。
当ブログ内参考記事

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無許可・無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。
メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。