7人のサムライVSたぬき(私の武勇伝シリーズ・番外編)

小学生の頃、私が所属していた少年野球のチームに、身長185cm・体重120kgくらいの“たぬき”というあだ名のコーチがいました。

たぬきはとても凶暴なコーチで、チームメイトは全員たぬきを恐れて、ビビりまくっていました。もちろん、たぬきが狸に似ていたから“たぬき”と呼ばれていたことは言うまでもありません。

(今回の記事は雑談です。しかも、なんの学びも教訓もないホントにしょうもない思い出話です。正義感の強いかたは読まないことをオススメします。)



◎強敵・たぬき

私も、ボールのキャッチミスをしては怒鳴られ、三振をしては「けつバット」を見舞われ、盗塁に失敗しては往復ビンタを何発も食らわされていました。

今となっては、人間は厳しい環境でこそ磨かれ、理不尽な体験が己を成長させることを理解していますが、当時小学生だった私はたぬきの横暴に怯えつつも、怒りを覚え、ひたすら復讐を目論んでいました。

しかしながら小学生の私では、到底たぬきには戦闘能力は及びません。自分には罪が及ばぬようチームメイトの弟を使って、たぬきのグローブにオサムシ(とてもくさいニオイを発する昆虫)を投入するなど、玄人好みの復讐も行ないましたが、たぬきには全くダメージを与えることができませんでした。

そこで、私は一計を案じたのです。



◎たぬきへの復讐

その日も、私を含む7名の外野の少年たちは、たぬきのストレス解消としか思えない強烈な外野ノックを受けていました。たぬきはノックの際、渾身の力を振り絞って、小学生相手にフルスイングしてきます。

私はノックが始まる前に、外野のチームメイトたちへ、わざとエラーするように言い含めておきました。当時、ガキ大将だった私の指示にさからうチームメイトはいません。

ボールをキャッチできなかったチームメイトは、「くぉらぁ~!!そんな球も捕れねぇのか!このクソ野郎がぁ~!!死ねぇ~~!!」などとたぬきの罵声を浴びつつ、「スンマセンしたっ!」などと叫びながら、後方に転がったボールを拾いにいきます。

たぬきは罵声を浴びせることで、少年たちに野球を教える熱いオヤジである自分に酔いしれ、エラーした少年に技術的な指導を一切することなく、その後も容赦なしに自己満足全開のフルスイングノックを続けました。彼は完全に星一徹になりきっていました。

現在であれば、このような指導者はモンスターペアレントの餌食となっていることでしょう。しかし、当時はまだ昭和です。

私の計画通り全員がエラーしたので、たぬきは怒り狂って「テメーら全員、野球をやめちまえぇぇぇぇ!クソばかアホ野郎ぉぉ!!」と絶叫しました。

そのときです!

私を含めた7人の外野のサムライたちは、各々がエラーした後に拾ったボールを一斉にたぬきに投げ返したのです。
7つのボールが同時に弧を描きながらたぬきに向かって飛んでいきました。

7倍返しです!

1つや2つくらいのボールなら避けることも可能だったかもしれませんが、7つものボールが一斉に自分に向けて投げつけられると、避けるのは容易ではありません。

7つのボールのうち2つくらいがたぬきに「ポコンっ」と直撃しました。
まさにポンポコ合戦です。

逆上したたぬきが襲い掛かってきた場合のリスクヘッジとして、私は避難用の自転車をグラウンドの隅に置いておくよう事前にチームメイトに指示しておきました(当然私が主犯なのですが、悪さの責任が7分割されることもリスクヘッジのひとつでした)。

ところが、たぬきは逆上するどころか、しばらくの放心状態を経た後、とぼとぼと自分の車に戻り、誰にも何も言わず帰宅してしまったのです。

完全にイジけていました。



◎たぬきと俺たちの仁義なき戦い

監督・コーチ・内野のチームメイトらは、たぬきの意外な行動に唖然としていました。

私もたぬきがブチ切れて、“ヒグマ”となることを想定していたので、完全に拍子抜けし、逆になんだか、たぬきのことが可哀相になってしまいました。

しかし、ほんの一瞬でもたぬきのことを可哀相だと思った私は、まだまだあまいお子様でした。翌週の練習から、たぬきの世にも恐ろしい逆襲が始まったのです。 


書いてしまうとドン引きされてしまうほど幼稚なイチャモンと走りこみと激しい暴力が私たちに襲い掛かってきました。

週末の野球の練習は、私にとっては野球を習いに行くというよりも、ひたすらたぬきと対決する時間でした。

たぬきの横暴も強烈でしたが、私を中心とするサムライたちの復讐もなかなかのものでした(練習中に後ろを向いてるたぬき目掛けて全力返球したり、昼休みにたぬきの車のなかに正露丸をバラ撒いたりしました)。

たぬきが怖くても、復讐をやめる気にはならなかったのです。
私は子供ながらにも、力や怖さだけで他人を従わせるのには限界があることを学びました。


たぬきに反抗し復讐するたびに、当然、私は監督などの他の大人から注意を受けましたが、想定していたほどは厳しく怒られはしませんでした。毎回、数十発のビンタは覚悟していたものの、たぬきへの復讐のあとは、1発も殴られませんでした。

たぬきは子供だけでなく、他の大人に対しても横暴だったので、ひょっとしたら、他の大人たちも内心「たぬき、ザマぁ~ww」なんて思っていたのかもしれません。



◎たぬき、また会おう!

たぬきとの闘いは私が野球チームを引退するまで続きました。

私たちの引退のときに、たぬきが弱さを見せたとか、優しい一言を放ったとか、実はいい人だったというようなホロリとくるようなエピソードは一切ありません。

たぬきは最後まで徹底的に陰険で横暴な悪役でした。そのキャラの徹底っぷりは見事なものでした。
当時のコーチから聞いた話によると、後にも先にもたぬきに反抗したのは私たちの代だけだったそうです。


当時、たぬきが私たちのためを思って厳しくしてくれたかどうかは分かりませんが、少なくともたぬきとの対決で多くのことを学べたので、その点についてはとても感謝しています。

また、いまあのときのスリルを思い返したり、チームメイトと思い出話をするとメチャクチャ楽しいので、その点でもたぬきには感謝しています。

たぬき、ありがとう。



※今回の記事は、ただ「7倍返し」という一言を言いたいがために書いた記事です。「7倍返し」という言葉は、記録的な視聴率を一世を風靡したテレビドラマ「半沢直樹」が流行っている今なら何かを感じる人がいるかもしれませんが、数年後には意味の分からないものになっているでしょう。

※ずいぶんと昔の記憶を呼び起こして書いているので、細部については正確性を保証しかねます。フィクションとして読み流してください。

《参考:その他の武勇伝シリーズ》
その1・「ピンポン逃げ」など
その2・楽しいクリスマス会
その3・席替え
番外編・パンチのあった親友泰政


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事





プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど

※小説も書いてます→『迫力』



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
BIG tomorrow:2017年7月号
東証マネ部!・R25:2017年3月
R25・東証マネ部!:2017年1月
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日号
日経ヴェリタス:2015年7月26日号
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
小説を書いてみました


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年12月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年下半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
で、自分は現行NISAと積立NISAのどっちを利用するのかという話


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

オススメのネット証券

SBI証券
管理人も利用中の最大手。
低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金用口座としてここを利用。
商品ラインナップやシステムはSBI証券に劣らない。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーン多し。
当ブログ内参考記事

セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。
当ブログ内参考記事

オススメの保険比較サイト

価格ドットコムで最安値圏を調べ、自分がどれだけぼったくられているのか確認してみることをお勧めします。
保険商品は、自分に必要なものを最低限、なるべく低コストで選びたいものですね。
当ブログ内参考記事

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無許可・無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。
メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。