セゾン投信を投資初心者にオススメする理由

私が投資を始めて8年くらいが経ちます(この記事投稿時点で)。
自分で投資をしているからなのか、これまでに何度も色々な知人から投資に関する相談を受けて、アドバイスというか自分の考えを述べる機会がありました※1

競馬好きの同僚から「ギャンブルとして株式投資をつまみ食いしてみたい」というような相談を受けたこともありましたが、ほとんどの相談は「投資なんてまったく分からないしちょっと怖いけど、預貯金だけでこの先大丈夫なのだろうか?」というようなものでした。



◎自分の心構えや実体験を話すことしかできない


既に多くの金融資産を持っていて、しかもそれがすべて預貯金であるというような相手には、総金融資産の2~3割くらいはリスク資産を保有してもいいのではないかという意見を述べたり、これから資産形成を行おうとしている相手には、生活防衛資金確保の重要性を説いたうえで、リスク資産への積み立て投資を紹介したりしてきました。

他にも状況に応じて様々な個人的見解を述べましたが、基本的には自分のように普通の個人が時間や手間をかけずに資産形成を行う手段としての投資について話をすることがほとんどです(というか、それしか話せないのですが…)。

(参考記事→「虎の子」を元本保証なしの市場に放り込む恐怖心なぜインデックス投資を選んだのか


もちろん、私のようなスタンスの投資でも、それを行う前提として、

投資したお金が一時的には半分くらいになることを覚悟して許容できるかどうかや、今後もこれまでの資本主義経済が続き、世界経済というか人類の未来に対する進化・成長の希望が持てるのか

などのポイントもしっかり話します。

(参考記事→投資の前提最悪の状況の想定


そうすると、その次には必ず、

「うん、分かった。・・で、具体的にはどうすればいいの?どこで、どうやって、何に投資すればいいの?」

という話になります。



◎個別商品の名前を挙げるのは勇気がいるけど…


投資初心者に個別の投資商品名を挙げて紹介することは、なかなか勇気のいることです。

いくら自己責任が原則といっても、他人に教えてもらった投資商品で大損して、教えた人間を一生恨む、なんて可能性も十分にあるからです。

ただ、だからといって、そこに至るまで自分の見解を述べておきながら、「ここから先は言えましぇーん!」なんて寸止めプレイのようなことをするなら、最初からアドバイスなどしなければよいわけで、結局は「あくまでも数多くある選択肢の中の一つに過ぎないけど・・」と断ったうえで、たいていの場合私はセゾン投信のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド※2を紹介することにしています(実際、親や親戚にもそうしました)。


セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは低コストですが、厳密にいえばすべての類似商品のなかで最低コストというわけではありません。また、アセットアロケーション(資産配分)も人それぞれの好みはあると思います。

しかしながら、流入資金と残高が安定していて、時価総額ベースではリスク資産の大部分をほぼ網羅していることもあり、最も無難な投資信託(ファンド)のひとつだと私は考えています。

しかも、セゾン投信で、このたった一つのファンドを保有しているだけで「世界中に十分な分散投資をしている」といえるので、面倒臭がり屋さんはこれだけ持っていれば、その他のファンドは不要でしょう※3



◎セゾン投信をオススメする理由


しかし、私がセゾン投信を投資初心者にオススメするのは、グローバルバランスファンドの商品性よりも、セゾン投信そのもののアナログっぽさというか証券会社としてのシンプルさと姿勢が最大の理由です。

実は、普通のサラリーマン家庭の資産形成を真面目に長期的に手伝おうというような理念を掲げて、かつそれだけを愚直に行っている金融商品取引業者は驚くほど少ないのが実情です。

もちろん、そういう会社は、セゾン投信以外にもあることはあるのですが、取扱商品が日本株式ファンドだけで国際分散投資ができなかったり、運用資産残高が少なく赤字経営が続いていて、企業として存続できるのかの疑問が拭えないような会社ばかりに見えます。

また、証券会社の儲けが多い高コスト商品の宣伝ばかりが活発で、しかも商品ラインナップが多すぎて、何を買っていいのか分からなかったり、様々な商品に目移りして風見鶏的な投資判断を助長するような通常のネット証券では、投資初心者が実際に投資を行う環境としては複雑すぎて、ハードルが高いような気がしています。

それに比べると、セゾン投信の場合は選択肢も少ないので、余計なことをしてヤケドするようなことはなさそうだと思える点も投資初心者にオススメしやすい理由のひとつです。



◎セゾン投信は問屋を介さずに直接ファンドを販売


まったく投資をしたことのなかった人にとって、「証券会社」というのはそれなりの怪しさを持った組織に映るようです。

実際、私の身の回りには、けっこう多くの素人個人投資家がいますが、最初は「ネット証券」と聞くとそれだけで「なんか怖いからイヤだ」という人もいました(ネット銀行も然りです)。

セゾン投信もネット証券といえばネット証券ですが、運用会社がいわゆる問屋を介さずに直接ファンドを販売しているので、社長や社員の顔が見えやすいし、なんだかアナログ的な安心感があるようです(実際に投資を始めた人たちを見て私が感じた感覚的なものですが…)。

それから、自分の投資しているお金がどのように使われていて、どうなっているのかを確認できる運用レポート※4なども、自社商品がたったの二つしかないセゾン投信の場合は、個人投資家の目にも届きやすいようです(他の運用会社のファンドでも運用レポートはありますが、そこにアクセスするまでが難しかったりします)。企業としての基本理念がしっかりしている運用レポートやメッセージにはブレがなくて読み応えがあります。

同じような考えと目的を持った人々から集まった資金で運用されるファンド(投資信託)は、短期的な相場の動きによって資金流入が不安定になりにくいところも強みでしょう。


更なる低コスト化や分散化など、セゾン投信にもっと求めたいこともありますが、初心者ができるだけシンプルで楽ちんに資産形成のための国際分散投資をするなら、セゾン投信は悪くない選択肢だと思っています※5

(自分であれこれ考えながらアセットアロケーションを組んで、徹底的にコストにこだわりつつ色々な投資を行いたい場合は、セゾン投信のファンドでは物足りないと思いますが・・※6


※投資判断は自己責任においてお願いします。



※セゾン投信のファンドは、楽天証券から個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)用の商品としても買い付け可能。



※1 他人へ「お金」に関するアドバイスをすることの難しさや興味深さについては別の機会に記事にする予定です。

※2 セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは、5000円から世界30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資できる投資信託です(申し込み手数料なし、運用中にかかる実質的な保有コストは年0.7%ほど)。

世界トップ企業の株式をほぼ網羅し、成長著しい中国などの新興国も投資対象に含まれているので、理論的には世界経済の成長を享受できる仕組みになっています。

資本主義のマーケットの歴史を振り返ってみると、世界の株式は年率平均7%ほど、債券は年率平均5%ほどのリターンがあります(あくまでも理論上ですが、7.2%が複利で10年間続けば最初に投資した資産は2倍になります)。

国際的な投資信託評価会社のモーニングスター代表取締役COO)朝倉智也氏は、「投資信託は大きく分けるとアクティブファンドとインデックスファンドに分けられる。市場平均でいいというのがインデックスファンド。それに対して投資対象を選ぶのがアクティブファンド。その分コストがかかる。過去10年の実績を見ると、TOPIXを上回った年は3年しかなかった。もっと言うと、継続してインデックスを上回るアクティブファンドはあまりない。2000年にTOPIXを上回ったアクティブファンドは21本しかなかったが、それが毎年減っていき、8年目に2本だけ。9年目にゼロになった。継続してインデックスを上回り続けるのがいかに難しいかということ」と述べています。

今回取り上げたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、その各種インデックスファンドのパッケージ商品です。

資産運用(投資)を続けるうえでは一定の時期ごとに保有資産の比率を見直し、決めた比率より上がっているものは売却、下がっているものは買い増して元の比率に戻す「リバランス」はとても大切ですが、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドなら、それも自動的にやってくれます。過去のデータで検証する限りでは、リバランスを行うことで、リスク水準を一定に保つことができ、少しずつ保有資産の底上げができることが分かっています。


※3 投資商品を次から次へと買い換えたりするよりも、本格的な国際分散投資型のバランスファンドを持ち続けている方が、パフォーマンスは良さそうだとも思っています(思考停止に気をつけなければならないという問題はありますが)。

※4 用レポートとは、簡単にいえば、運用が上手くいってるときの自慢や上手くいっていないときの言い訳が書かれているレポートです。

※5 リスク資産である投資信託に投資する場合には、無リスク資産の確保や比率のコントロールもとても重要です。(関連記事→まずは生活防衛資金無リスク資産に求める要素やその中身無リスク資産の必要額

※6 私は、自分なりのアセットアロケーションへのこだわりや、投資信託の保有残高に応じてポイントがもらえるなどのセコい理由で、別の投資信託をいくつか組み合わせて投資を行っていますが(参考記事→私のアセットアロケーション)、これは初心者にオススメするにはやや複雑だと思いますし、最終的にセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドよりも良いパフォーマンスを残せるかどうかは微妙なところです。


その他セゾン投信関連記事はこちら


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事





プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…

参考→インデックス投資とは

Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ


※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど。

※主なメディア掲載・出演履歴
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日号
日経ヴェリタス:2015年7月26日号
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
セゾン投信は悪?詐欺??


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
マイナス金利下において、国内債券インデックスファンドをどうするか


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年6月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年上半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
ジュニアNISA口座開設…これまで特定口座で保有していた投資信託はどうするか


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

お気に入りリンク

勉強や交流をさせてもらっているブログやサイトです(ほぼ逆アクセス順)。
※リンクはご自由にどうぞ!

オススメの証券会社

SBI証券
最大手のネット証券。
低コストのインデックスファンドが豊富に揃っていて、月々500円からの投信積立に対応している。
便利でおトクな住信SBIネット銀行との連携システムは優れモノで、投信保有によるポイントサービスも他のネット証券よりも高還元。
※個人型確定拠出年金も充実!



セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる仕組みになっている(販売手数料なし、実質的な保有コストは年0.7%ほど)。
当ブログ内参考記事


※セゾン投信のファンドは、楽天証券から個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)用の商品としても買い付け可能。

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






メッセージにはお返事できない場合があります。また、メッセージ内容は当ブログ記事で取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。




にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。