『サラリーマンのための「手取り」が増えるワザ65 給料、年金、退職金、副業、パート収入、病気、出産で使える!』(深田晶恵著)を読んだ感想・レビュー

お金に関して無知・無関心だという自覚のある方には、投資本よりも先にこういう本をオススメしたい。




最大限に課税を回避した退職金の受け取り方、扶養範囲内の効率的なパートの働き方、ふるさと納税の話、個人型確定拠出年金(イデコ・iDeCo)で100万円以上節税する方法、「つみたてNISA」とは?……などなど、節税によって「手取り」を増やす方法が網羅されています。

当ブログのメインテーマとなっているようなリアルな投資ネタはほとんどありませんでしたが、普通の生活者が気を配るべきお金の話のサイトマップのような一冊でした。



◎節税で手取りを増やす!


特定の金融機関に属さない(魂を売り飛ばしていない)ファイナンシャルプランナーとして有名なこの本の著者・深田晶恵さんは、大手のメディアでもよく見かける超売れっ子さんです。

私も金融庁関連のイベントでご一緒したことがありますが、自然体であけすけな物言いにただならぬオーラを感じ、恐れ入ったものです。

そんな深田晶恵さんの新著(といっても、そろそろ半年くらい経ちますが)は、「節税によって手取りを増やす」ことに特化した本です。自分から調べない限りは誰も教えてくれないようなお金の話がぎっしり詰まっていました。



◎庶民が気を配るべきお金の話を網羅


所得税や住民税、年金保険・健康保険・介護保険等の社会保険料、「額面収入」と「手取り年収」の違いの話など……知らなくても生きていけるけど、知っていると知らないとでは「お金の面」で大きな違いが出てしまう大切なことを丁寧に教えてくれます。

よく話題になる、配偶者の扶養の範囲内で働くために知っておきたいパートの、

・99万円の壁
・103万円の壁
・106万円の壁
・130万円の壁
・150万円の壁

の話なんかは、深田さんの得意分野なので、当然バッチリ解説してあります。

投資の話や民間の保険などについての話はほとんどありませんが、詳しい部分は別の本を読むなり、ネットで調べるなりして別途勉強すればいいと思います。

《参考記事》
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)
インデックス投資とは




◎知っている人だけが損を回避できる


私は以前に、自分の子供に語りかけるという設定で、以下のように書いたことがあります(参考:我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと)。

「社会保障とか税とか年金とか保険に関することって、なんか面倒くさそうだし、学校では教えてくれないし、キチンと覚えなくても誰にも怒られないけど、快適に楽しく生きるためには絶対に必要な知識だから、そこだけは妥協することなくしっかり勉強しろよ!

ん?どうやって勉強するかって?? そんなことは自分で考えろ!それが勉強だ!

勉強してみると、知らない人はかーなーり損してて、知っている人だけが得をしてるようなことが、けっこうあるぞ。」



・・この深田さんの本は、まさにその辺りのところにスポットを当てた一冊でした。

これを読んでも、そのすべての答えがあるわけではありませんが、どういう部分に気を配ればいいのかをしっかりと示唆してくれます。



◎どれくらい知ってましたか?


この本は、普通の人が生活していくうえで、どういうお金の話にアンテナを張ればいいのか、ということが一覧表のごとくまとまっています。

これまでそういうことに無関心だったり、気にはなっていたものの踏み込んで勉強したことがなかった人にとっては必読書だと思いました。

ただ、一方で、こんなブログを読んでくださるような方にとっては、新たに知ることは多くないかもしれません(私にとっても、この本の内容はほとんど既知のものでした)。



最後に、(すでにネット上でも公開されているので)この本の目次をコピペしておきます。

以下の見出し項目の中に、「なにそれ?知らなかった!」というようなものはどれくらいありますか??


第1章 手取りを増やすために「これだけ」は知っておこう
・そもそも「手取り」って、何?
・給与明細で手取りを見よう
・家族構成によって、「手取り」は違う
・早見表で確認! 自分の「手取り」は?
・収入が高くなるほど、税金は高くなる
・「手取り」は2003年からずっと下がり続けている
・こんなに「手取り」が減っている理由は?
・年金の「手取り」も減っている!
※高齢者を直撃する税金・社会保険料アップの改正
・自分で「手取り」を計算してみよう
・「手取り」を増やす3つの方法
・「控除」と「所得」の2つだけを知っておこう!

第2章 2人で働いて手取りを増やすテクニック13
ワザ01 世帯年収800万円は夫婦2人で稼ぐ方がトク!
ワザ02 子どもの扶養のつけ方で手取りが増える!
※ただし、中学生以下の子どもは扶養控除の対象外
ワザ03 児童手当を全部貯めると約200万円に!
ワザ04 出生届とあわせて児童手当の申請をする
ワザ05 児童手当の所得制限の金額や条件とは?
ワザ06 離れて住んでいても親を「扶養」にできる!
※過去の分もさかのぼって取り戻せる
ワザ07 マイホームを購入したら最大400万円も手取り増!
ワザ08 住宅ローン減税でいくらおトクになる?
ワザ09 共働きはダブルでそれぞれローン減税を受けられる
ワザ10 妻もローンを組むときに知っておきたい注意点
ワザ11 パートで働くときは「2つの壁」だけ知っておく
ワザ12 「妻の社会保険の壁」を知らないと、妻の手取りが減少!
※妻が年金・健康保険の保険料を払うと手取り減
ワザ13 パート妻が「ソンを解消できる年収」はコレだ!
※数年かけて「社会保険の壁」を越えよう

第3章 やらないとソン! 税金メリットのある公的制度で手取りを増やすワザ21
ワザ14 手取りアップの早道! 公的な節税制度を活用しよう
ワザ15 老後のためのお金を貯めると節税に!
ワザ16 iDeCo=個人型DCは誰でも始められる
ワザ17 iDeCoの税金メリットを知る
ワザ18 iDeCoで所得税と住民税が安くなる!(会社員の例)
ワザ19 フリーランスもiDeCoで節税できる!
ワザ20 iDeCoは毎月5000円からできる!
ワザ21 iDeCoの掛金は慎重に設定する!
ワザ22 iDeCoの節税分は、年末調整でまとめて貯める!
ワザ23 iDeCoは「手数料の安い」金融機関で選ぼう
※運営管理機関の手数料はゼロ円から500円超までさまざま!
ワザ24 毎月の手数料が高いと、いつまでも元本割れすることを知っておく
ワザ25 iDeCoの口座管理料が安い金融機関はココだ!
ワザ26 保育園に通う子どもがいるならiDeCoで保育料が下がる
ワザ27 主婦はiDeCoをやってみてもよい
※パート主婦の場合は?
ワザ28 50代がiDeCoをやるメリットはない
※50歳過ぎてからの新規加入は大きなメリットはない
ワザ29 勤務先の「DC制度」で気をつける点
※給料として掛金を受け取ると税金も社会保険料もかかる!
ワザ30 自営、フリーはまず「小規模企業共済」
ワザ31 「小規模企業共済」はこの点に注意
ワザ32 NISAとつみたてNISAの違いを知る!
ワザ33 NISAvsつみたてNISAの特徴を知る
ワザ34 投資ビギナーにはつみたてNISAがおすすめ
※iDeCoと違ってNISAは年齢制限ナシ

第4章 50代以上は必読! 絶対に知っておくべき「年金」と「退職金」のトクするもらい方22
ワザ35 退職金の受取り方法によって、手取りが130万円も増える!
ワザ36 年金受取りは要注意! 税金と社会保険料がアップすることも!
ワザ37 年金の運用率が高くても、一時金受取りがおすすめ
※基本的に「一時金受取り」の方が手取りが増える!
ワザ38 退職金の税金を知る……
ワザ39 一時金受取りが有利になるカラクリとは?
ワザ40 「一時金」が有利でも気を付けたい点
※退職金運用病に注意!
ワザ41 年金受取りの注意点
※年金受取りにすると医療費や介護保険の利用料も増える
ワザ42 老後に受け取る年金の種類を知っておこう
ワザ43 「年金」は税金で見ると2つのグループに分けられる
ワザ44 「年金」が増えるほど、社会保険料が多くなるから注意!
ワザ45 年金生活の「手取りアップ」には「控除」をフル活用
※60代前半の「公的年金等控除額」も活用
ワザ46 利率の高い「お宝」個人年金を持っている人のおトクなもらい方
※お宝保険は一時金で受け取るのも一法
ワザ47 個人年金の保険金は受取り時期を延期できる
ワザ48 「ねんきん定期便」から自分の年金額を知る
ワザ49 老後の年金のだいたいの手取りを知っておく
※住んでいる自治体によって、年金の手取り額は異なる
ワザ50 DCの受取り方の注意点
ワザ51 同じ年に退職金とDCを一時金で受け取る場合のルール
※退職金とDCの非課税枠は別々に使えるわけでない
ワザ52 一時金と年金を組み合わせると29万円手取りが増える!
※年金の非課税枠を活用する
ワザ53 DCの一時金は、受取りの時期をずらせる!
ワザ54 働き続けると、年金の手取りは増える!
ワザ55 会社員が年金の手取りを増やす4つのポイント
ワザ56 自営業は60歳でiDeCo、65歳以降で小規模企業共済を受け取る
※小規模企業共済は働いている間、ずっと続けるのがおトク

第5章 副業、病気、出産、年金生活など、日常生活で「手取り」を増やすワザ9
ワザ57 本業以外にアルバイトをしている人は確定申告で税金を取り戻す
※確定申告は難しくない
ワザ58 「報酬」形態で副業をすれば経費もOK、会社にバレない!
※会社にバレない確定申告のやり方
ワザ59 年金生活者だからこそ、毎年の確定申告を!
ワザ60 家族の国民年金保険料などを払っていたら申告する
※収入が多い方が控除を受けるのがおトク
ワザ61 主婦は自分の名前で「ふるさと納税」を申し込んではいけない
※ふるさと納税は、税金を納めている人の名前で
ワザ62 専業主婦が投資などで儲けたときに注意すること
※80万円儲けても、実質的な手取りは40万円!!
ワザ63 「高額療養費制度」で払い戻しを受けて手取りアップ!
ワザ64 医療費が多額になりそうなら「限度額適用認定証」を活用
ワザ65 出産前後にもらえるお金で世帯の手取りアップ



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事





プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど

※小説も書いてます→『迫力』



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約13年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
日経ヴェリタス:2018年6月3日
ほったらかし投資完全ガイド:2018年1月23日
日経電子版:2017年12月25日
日経ヴェリタス:2017年12月10日
日経ヴェリタス:2017年10月29日
BIG tomorrow:2017年11月号
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
BIG tomorrow:2017年7月号
東証マネ部!・R25:2017年3月
R25・東証マネ部!:2017年1月
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
小説を書いてみました


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年12月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年下半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
で、自分は現行NISAと積立NISAのどっちを利用するのかという話


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

オススメのネット証券

SBI証券
管理人も利用中の最大手。
低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金用口座としてここを利用。
商品ラインナップやシステムはSBI証券に劣らない。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーン多し。
当ブログ内参考記事

セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。
当ブログ内参考記事

オススメの保険比較サイト

価格ドットコムで最安値圏を調べ、自分がどれだけぼったくられているのか確認してみることをお勧めします。
保険商品は、自分に必要なものを最低限、なるべく低コストで選びたいものですね。
当ブログ内参考記事

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無許可・無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。
メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。