つみフェス(つみたてNISAフェスティバル2017)に行ってきました…妖しい浴衣に集まる警戒の視線

金融庁が主催したイベント「つみフェス(つみたてNISAフェスティバル2017)」に参加すべく、虎の穴…おっと違った…虎ノ門まで行ってきました。

s_IMG_1471.jpg
↑金融庁浴衣美人女子軍団とパチリ(テリーさん撮影)

このイベントの主目的は、来年から金融庁肝いりでスタートする積み立て型の小額投資非課税制度「つみたてNISA」のPRのようですが、庶民とお上(かみ)がフランクに直接コミュニケーションをとれる画期的な催しでもあります。

一般参加者の200名以外に、金融庁職員・業界関係者・メディア関係者など多くの参加者がいて、すべて合わせて300名くらいいました。

「フェスティバル=お祭り」ということで、金融庁美人女子軍団が艶やかな浴衣姿で受付・案内をしてくれ、イベント冒頭で挨拶する内閣府副大臣もTシャツで登場するなど粋な雰囲気の中で、文字通りお祭りのごとく盛り上がりました。NHKの全国版ニュースでも取り上げられて(放映されて)いましたね。



◎つみたてNISAとは


つみたてNISAとは、リスク資産(金融庁が許可した主に株式投資信託)に定期積み立てをすると、年間40万円までの投資枠にかかる譲渡益や分配金が、20年間非課税になる制度です。

他のNISA制度や厚労省管轄の個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)などと並立していて分かりにくかったり、立場によって様々なツッコミどころはあるでしょうが、預貯金しか知らないようなごく普通の投資初心者が、将来に向けての資産形成を行うための制度としてはかなり良いものだと思います。

日本経済新聞社編集委員の田村正之氏が、「つみたてNISAは投信販売を「売り手本位」から「消費者本位」に転換させる大きな試みです。「いつ何が上がるか当てる」ことより「長期・分散・積み立て・低コスト」こそ大事だと、広く知られればいいですね」とのコメントをしていましたが、私も同感です。

※つみたてNISAの概要をご存じない方は、以下の記事をご参照ください。

参考記事:「つみたてNISA」ってなんだ?…金融庁の制度担当者に聞いてみました



◎私もチョロっと登壇


プログラムは以下のとおりです。

1.制度と投資教育教材の説明・紹介
2.私が考える「つみたてNISA 」と「iDeCo」の活用法
3.個人投資家からの税制改正要望ベスト5
4.つみたてNISAから考える日本の投資信託

「3.個人投資家からの税制改正要望ベスト5」のところで、私は結果を発表しつつ、それを金融庁税制担当者にぶつける係で登壇しました。持ち時間が20分間しかなかったので、あまりスパークできませんでしたが、まあ無難にこなせたのかなぁ、と思っています。

ちなみに、ベスト5はすべてNISAに関するもので、1位.恒久化、2位.上限額拡大、3位.制度一本化、4位.対象商品見直し、5位.スイッチングを可能に、でした。

非課税期間と制度の恒久化は、是非ともお願いしたいところです。


イベント全体の流れや詳細については、既に多くのブロガーさんが公開しています。また、金融庁のHPにもプレゼン資料等がアップされています。

※「つみフェス2017」をざっくり把握したい、ということであれば、「投信で手堅くlay-up!」のじゅん@さんの記事が簡潔で分かりやすいかもしれません。

「つみたてNISAフェスティバル 2017」レポート。制度の普及に向けた金融庁の意気込みを見た。



◎内閣府副大臣の私に対する警戒心


登壇者はみんな浴衣を着る、と金融庁の方から聞いていたので、私も楽天で安いやつ(下駄と帯と扇子もセット)を事前にポチりました。

すると、ポチッた直後に、私が当日対決することになる金融庁の担当者から「こんなのをAmazonで買いました」というメールが届き、そのリンク先をクリックしたら、なんと粋に傾(かぶ)いた浴衣が出てくるではありませんか!

あとからその担当者さんに聞いたところ、万が一にも同じ浴衣にならないよう連絡をくれたらしいのですが、傾奇者(かぶきもの)に憧れる私は、それを「浴衣の傾きレベル対決」の宣戦布告と解釈し、急遽、般若(はんにゃ)のアイロン刺繍をこれまた楽天でポチり、妻の協力で浴衣の背中に貼りつけました。

s_KIMG0855-2.jpg
↑背中にバーンとこれ

完成した「般若の浴衣」はあまりにも下品で、妻からは「こんなものを家から着て、電車に乗るのはやめてもらいたい。ご近所さんや子供の友達にでも見られたらたまったものじゃない」と懇願される始末です。仕方ないので、虎ノ門ヒルズに着いてからトイレでこっそりと着替えました。

奇異な浴衣でも、周囲もみんな浴衣姿であればたいして目立ちはしないだろうと思っていたところ、登壇者12名中、浴衣を着てきたのは私を含め2名だけ(途中で1名増えますが)。……オシャレなトランクス全盛の時代に、自分だけが白いブリーフをはいているような恥ずかしさに私は身悶えました。

そんな状況下で、イベント冒頭に挨拶をする越智隆雄内閣府副大臣が関係者席にやってきました。私の席は、副大臣と最も近い場所にあります。

エスコートしてきた金融庁の方が、私のことを「中心になって呼びかけてくれたブロガーさんです」と副大臣に紹介してくださいましたが、副大臣は明らかに私のことを警戒している様子。妖怪アンテナもバリサンでびんびんでした。

そりゃあ、そうです。ただでさえ「ブロガー」なぞという得体のしれない存在なのに、背中に反社会的なニオイの漂う大きな般若の刺繍を背負って、頭にタオルのようなものを巻いた非常識極まる輩に警戒心を持たないほうがおかしいというものです。

副大臣はさわやかに挨拶をしてくれたあと、少しの間を置き、「いつも、そういう、服装をしているんですか……」と、作り笑顔で私に訊いてきました。

その後の展開はご想像にお任せしますが、イベント終了後に私が速攻で私服に着替えたことは言うまでもありません。



◎金融庁は地方巡業もやるようでっせ


個人投資家のナマの声を聞いてコミュニケーションを図ろうとする金融庁のこういう試みを私は応援したいと思っています。

つみたてNISAは、投資未経験者や初心者にこそ知ってもらいたい制度ですが、なかなかそこにはダイレクトに届きません。それでも、まずはアクションを起こして、できることから始め、「貯蓄から資産形成」への大きな流れの糸口をつかもうとしていることが伝わってきます。

今月21日には名古屋でも金融庁と個人投資家の意見交換会があり、まだ少し空席もあるようなので、近くにお住まいでご興味のあるかたは、名古屋版も是非に!


【これまでの当ブログの主なNISA関連記事】
NISA(少額投資非課税制度・日本版ISA)をどう利用するか
ジュニアNISA(ニーサ)について…我が家はどうするのか
「つみたてNISA」ってなんだ?…金融庁の制度担当者に聞いてみました

【過去4回の金融庁との意見交換イベント報告記事】
第一弾:絞り込まれた投資対象商品・4月7日
第二弾:ついに金融庁幹部登場・5月29日
第三弾:投信運用会社を招喚・6月29日
第四弾:投信販売会社は100%前向き?・7月26日


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事





プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど

※小説も書いてます→『迫力』



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
日経ヴェリタス:2017年10月29日
BIG tomorrow:2017年11月号
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
BIG tomorrow:2017年7月号
東証マネ部!・R25:2017年3月
R25・東証マネ部!:2017年1月
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日
日経ヴェリタス:2015年7月26日
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
小説を書いてみました


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年12月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年下半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
で、自分は現行NISAと積立NISAのどっちを利用するのかという話


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

オススメのネット証券

SBI証券
管理人も利用中の最大手。
低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金用口座としてここを利用。
商品ラインナップやシステムはSBI証券に劣らない。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーン多し。
当ブログ内参考記事

セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。
当ブログ内参考記事

オススメの保険比較サイト

価格ドットコムで最安値圏を調べ、自分がどれだけぼったくられているのか確認してみることをお勧めします。
保険商品は、自分に必要なものを最低限、なるべく低コストで選びたいものですね。
当ブログ内参考記事

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無許可・無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。
メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。