「為替ヘッジあり」の投資信託って、「為替ヘッジなし」とどう違うの?

読者さんから以下のようなご質問をいただきました。


==(質問メール一部抜粋)==

「為替ヘッジあり」のバランスファンドがあるのですが、それは「ヘッジなし」と比較してどのような違いがあるのか、いまいちよくわかりません。

==(以上)==


ふむふむ。
投資にまつわる話なんて、ただでさえマニアックでややこしいことが多いのに、「為替ヘッジ」とか言われると余計に分かりにくくなってしまいますよね。

また、選択肢が増えると、同時に悩みが増えてしまうのもよく分かります。

・・かなり大雑把かつ、個人的な考えを多分に含んではいますが、簡単に回答してみます。



◎「為替ヘッジあり」だとリスクが下がる


為替ヘッジありのファンドとは、為替変動の影響を避けるように設計された投資信託のことです。

円建て(日本円で売買でき、残高も円で表示される)の投資信託であっても、海外の株式や債券に投資するものであれば、間接的に現地の通貨で投資していることになります。なので、円高になればその投資信託の基準価額は下がるし、円安になれば上がります。

ところが、「為替ヘッジあり」の投資信託だと、円高になっても基準価額は下がらないし、円安になっても上がりません。為替変動の影響を排除して、純粋に投資先の外国株式や外国債券などの価格変動そのものに連動するように設計されます※。

簡単に言えば、「為替ヘッジあり」は「為替ヘッジなし」と比べてリスクが低い(大儲けや大損をしにくい)ということです。

※国内資産に対する為替ヘッジ商品というのはありません。そもそも為替リスクがありませんから。



◎リスクは下がるけど…


ただし、為替ヘッジをするにはコストがかかりますし※、「日本円が心配だから“円安リスク”に備えて外国資産に投資しておきたい」というような場合は、その意味がかなり薄れてしまうことにもなります

また、直接的な為替リスクはこのヘッジでほぼ回避できますが、間接的な為替リスク、つまり「円高になると日本株インデックスが下がる」というようなリスクまでを回避できるわけではありません。

ちなみに私は為替ヘッジタイプの投資信託を今のところ利用していません。為替リスクは、トータルなリスク資産と無リスク資産の比率をコントロールすることで調整すればいいと考えているからです。

んでも、為替ヘッジ型のバランスファンドを使って、トータルなリスクを下げるという戦略もアリだとは思いますよ(今後、為替が円高に向かうと考えている人が利用するのもアリかも)。


※為替のヘッジコストについては、モヒカン先生が詳しい解説記事(為替ヘッジにかかる為替ヘッジコスト 金利差だけでは決まらないコストの仕組み)を書いています(ただ、かなりマニアックかつ複雑な話なので、無理して理解する必要はないでしょう)。



◎明らかな間違いでなければ好きなようにやろうや


・・とまあ、ゴチャゴチャ書きましたが、為替リスクを避けたいなら「為替ヘッジあり」を選べばいいでしょう。

いただいたメールでは、「為替ヘッジありのバランスファンド」に関する質問だったのですが、この話はバランスファンドであろうと、その他のファンドであろうと同じなので、一般論として書きました(バランスファンドの場合は、ファンド内の投資先の外国資産部分(の一部もしくは全部)に為替ヘッジがなされています)。

いつも書いていることですが、個人における資産形成のための投資は、明らかな間違いでなければ、各自好きなようにやればいいっすよね。


【関連記事→為替ヘッジつき外国資産ファンドをどう考えるか


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事





プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど

※小説も書いてます→『迫力』



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
BIG tomorrow:2017年7月号
東証マネ部!・R25:2017年3月
R25・東証マネ部!:2017年1月
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日号
日経ヴェリタス:2015年7月26日号
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
小説を書いてみました


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年12月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年下半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
で、自分は現行NISAと積立NISAのどっちを利用するのかという話


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

オススメのネット証券

SBI証券
管理人も利用中の最大手。
低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金用口座としてここを利用。
商品ラインナップやシステムはSBI証券に劣らない。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーン多し。
当ブログ内参考記事

セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。
当ブログ内参考記事

オススメの保険比較サイト

価格ドットコムで最安値圏を調べ、自分がどれだけぼったくられているのか確認してみることをお勧めします。
保険商品は、自分に必要なものを最低限、なるべく低コストで選びたいものですね。
当ブログ内参考記事

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無許可・無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。
メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。