生活防衛資金と国内債券資産の色分け【アセットアロケーションの決め方・その3】

今回の記事は、ある程度の期間に渡って投資を実践している方でないと、何を言いたいのかサッパリ分からないかもしれません。

最初に謝っておきます。マニアックな屁理屈記事でスンマセン!!

前回の記事で書いたように、リスク資産への投資資金とは別に確保する生活防衛資金はとても大切なのですが、ある程度金融資産が大きくなってきた場合(を想像すると)、「生活防衛資金」とアセットアロケーションの中に含んでいる「国内債券」クラスの資産を分ける意味があるのだろうか?というようなことを考えるようになりました※1

(こんなことを考えたのは、当然、前々回の記事で書いた「言葉の整理」をする前のことです。)



◎ちょっと妄想してみます


あくまでも仮定の話ですが、生活防衛資金として500万円を確保した人が、投資を始めるとします。
→やがて、その人の投資金額が8000万円になったとしましょう(ちょっと極端な設定ですが)。
→そのとき、その人のアセットアロケーションが、国内株式25%・国内債券25%・海外株式25%・海外債券25%だったとします。

このとき、生活防衛資金が500万円、アセットアロケーション内の国内債券が2000万円となります。
→アセットアロケーション内の国内債券資産のうち、半分の1000万円をNOMURA-BPI総合に連動するインデックスファンド、残り半分の1000万円をMMFで保有しているとしましょう(MRFでも定期預金でも個人向け国債でもいいのですが)。

元本割れの可能性が極めて低く、比較的すぐに換金できる資産であるMMFを1000万円も保有している人が、500万円の生活防衛資金を確保している意味はなんなんだろう?と私は思ってしまったわけです(金額の多寡というよりも、色分けの問題)。

アセットアロケーション内の金額がもっと大きくなれば、その感覚は、より高まる気がします(あくまでも極端な思考実験ですが)※2

また、これも完全に感覚的な話ですが、投資金額8000万円に対して、生活防衛資金の500万円はあまりにも小さすぎるのではないか、とも思いました。もちろん、アセットアロケーションの中の国内債券比率を高めることでリスクコントロールは可能ですし、理屈としては8000万円なら仮に半分になったとしても4000万円が残るので、万が一への対応には問題ないともいえます。

んでも、投資額(リスク資産)が大きく減るような時の精神的ダメージというものは、平時に想像するものよりもはるかに深刻なものです※3

精神安定作用も考えると、リスク資産の増大とともに無リスク資産※4も増やしていくべきだと私は考えています。

無リスク資産を増やすなんてことは、生活防衛資金を増やしても、アセットアロケーション内の国内債券比率を増やしても、どちらの方法でも同じことです。

ただ、個人的には、投資金額がある程度大きくなっていたら※5、生活防衛資金を無リスク資産に含んでしまって(生活防衛資金≒無リスク資産)、リスク資産との比率をコントロールする方法で管理したほうが心理的にスッキリするなぁ、と思ったのです(リスク資産と無リスク資産の間でのリバランスも当然アリ)※6



◎管理しやすいなら、無リスク資産の中に生活防衛資金を含めちゃってもいいよね


そこで、やっと前々回の記事で書いた「言葉の整理」の話になるわけです。

使っている金融商品の都合もあり、個人的に管理しやすくするために、国内債券クラスのうち、NOMURA-BPI総合に連動するインデックスファンドなどは「リスク資産」に分類し、普通預金・5年以下の定期預金・MRF・MMF・個人向け国債変動10・固定5などは「無リスク資産」に分類することにしました※7


交流させてもらっている個人投資家さんの中には、生活防衛資金を「自分で決めた金額」で確保したうえで、無リスク資産を含むアセットアロケーションを組んでいる方も多くいらっしゃいます(むしろその方が多数派?)。私もそのように管理していた時期があります。

他にも、リスク資産・無リスク資産・生活防衛資金の3つをそれぞれ分けて管理している人も多いようですが、私はそれがメンドクサイと思うタイプです。

こういう問題はどちらが正解なのかという類のものではなく、各個人がどちらの方が好み(管理しやすい)かというだけのものです。

投資金額の大きさやライフスタイル、どのような投資商品を使っているかによっても、好みの管理方法が変わってくるのかもしれません。


このようにどちらでもたいした違いはなく、考えても楽しくないようなことを、私は出張時の移動バスのなかで8時間くらいずっと考え続けても飽きない程度の変態ではあります(正確にはそのような時期がありました)。

なかなか本題の「アセットアロケーション」に進みませんが、「無リスク資産」について、次回(無リスク資産に求める要素やその中身)次々回(無リスク資産とリスク資産のコントロール比率)と、そこそこ掘り下げた自分なりの見解と方針を書いてから、本題に入る予定です。

つづく
無リスク資産に求める要素やその中身【アセットアロケーションの決め方・その4】



【関連記事→分散投資に国内債券を入れる必要性あるの?現金じゃダメなの??

※1 他人さまにとってはどうでもいいようなことを、マニアックに思考している過程をゴチャゴチャと書いているのは、ブログが備忘録であるという理由以外に、このお題が最終的によりシンプルな形での管理方法に近づくための前提となるからです。

※2 「リスク資産がそこまで大きくなっているようなら、生活水準も上がっている可能性が高いので、生活防衛資金の額も増えているはずだ」という意見もあると思います。私もそう思いますが、ここでは話を単純化するために生活防衛資金の額は一定のままにしてあります。また、金融商品の流動性の話はちょっと脇においておきます(後の記事で触れる予定です)。

※3 事前に想像する下落時の精神的ダメージと、実際に経験する下落時の精神的ダメージは、その人の持っている「想像力」によって違ってくるのでしょうが、少なくとも私は2008年の金融危機(リーマンショックなど)の際には、事前の想像をはるかに上回る精神的苦痛を味あわせてもらいました(マーケットから退場することはありませんでしたが)。
→参考関連記事:リーマンショックのナイアガラっぷり

※4 くどいですが、無リスク資産が、本当に「無リスク」なのかは微妙な問題ですが、この話を始めると長くなってしまうので、ここでは無リスクという言葉を使っています。まぁ、個人的には財政破綻や国家による私有財産没収レベルのことまでは考えてもあまり意味がないと思っています。
→参考関連記事:最悪の状況をどこまで想定するのか

※5 リスク資産への投資資金が大きくないうちは、生活防衛資金を「金額」で確保するべきだと思います。ただ、生活防衛資金の金額よりもアセットアロケーション内の国内債券資産の金額の方が大きくなっているような場合は、リスク資産と無リスク資産を「比率」でコントロールしても問題ないと思うのです。もちろん、その場合は、生活防衛資金を含む無リスク資産の金額が「生活防衛資金として確保すべき金額」を下回らないようにコントロールするルール(追加投資のストップライン設定など)が必須になりますが。

※6 私の採用しているその具体的コントロール比率については、次々回あたりに書くつもりです。

※7 この分類には突っ込みどころが満載だと思いますが、使っている金融商品の都合などで、あくまでも個人的に色分けしただけです。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事





プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど

※小説も書いてます→『迫力』



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
BIG tomorrow:2017年7月号
東証マネ部!・R25:2017年3月
R25・東証マネ部!:2017年1月
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日号
日経ヴェリタス:2015年7月26日号
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
小説を書いてみました


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年12月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年下半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
で、自分は現行NISAと積立NISAのどっちを利用するのかという話


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

オススメのネット証券

SBI証券
管理人も利用中の最大手。
低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金用口座としてここを利用。
商品ラインナップやシステムはSBI証券に劣らない。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーン多し。
当ブログ内参考記事

セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。
当ブログ内参考記事

オススメの保険比較サイト

価格ドットコムで最安値圏を調べ、自分がどれだけぼったくられているのか確認してみることをお勧めします。
保険商品は、自分に必要なものを最低限、なるべく低コストで選びたいものですね。
当ブログ内参考記事

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無許可・無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。
メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。