未経験者必読!中古車買取(売却)査定をやるときの最大の注意点

私の金食い虫のアホ車(当ブログ内参考記事)を売りとばすときにやってみました、中古車買取(売却)一括査定。

black-922864_640.jpg
(注:この画像が私の車というワケではありません。念のため)


なるほど、この業界周辺でトラブルが多いのが納得できました。
明確な詐欺ではありませんが、怪しい臭いのプンプンする業者がいましたよ~。

あのときの体験と、詳しい知人から聞いた話などをまとめて記録しておきます。



◎最大の注意点は・・


自分の車。どうせ手放すのであれば少しでも高く売りたい・・・普通はそう思うはずです。

どこか一社だけに見積もりを依頼して即決するよりも、多くの業者に競争させた方がオークションの原理で買取(売却)価格が上がりやすいのは当然のことです。


ただし、気をつけてください。

買取査定の担当者がその場で言った査定額は、単なる口約束に過ぎません。

キチンと書面で契約をするまでは、金額なんてなんとでも言えるのです。

これが今回の記事の最大の要点(注意点)です。

悪質な業者だと、契約後であっても、車と車検証を取り上げた後で、圧倒的にこちらの立場が不利になってから、「重大な瑕疵があった」などとイチャモンをつけて、査定額の大幅な減額を要求してくるようです(ってか、むしろそうやって儲けるビジネスモデルね)。



◎焦らず慎重にいこう!


個人的には車と車検証が手元からなくってからの後日振込みというシステムだけでかなり不安になりました(これはどの業者でも同じ)。

最悪、車をそのまま盗まれてしまい、業者を訴えようと思っても、そもそもそんな業者は存在しなかった・・・なーんて可能性だってゼロではありません。

ただまぁ、今回は「車ごと持ち去るような犯罪グループの手口」といったような極端な話ではなく、一応ちゃんと営業していても色んな業者がいるし、気を抜くとボッタクられるから気をつようね!という話です。
本番に余裕を持って業者とやり取りするための予習ってトコですかね。

私の場合は、一括査定を申し込む前に、信頼できる知人の車屋さんに買取価格の見積もりをとっておいたのが心の余裕に繋がりました。その参考価格があったからこそ、多くの業者と交渉することができたのです。

そして、結果的には、知人の車屋さんの査定額を大きく上回る買取価格をつける査定業者はありませんでした。まぁ、多少の上乗せはありましたが、数万円程度の違いであれば、今後のことも考えて信頼できる知人の車屋さんにお願いしたほうが安心、というのが私の結論でしたが、そこは人それぞれでしょう。



◎インターネットで一括査定を申し込むと・・


さて、中古車買取一括査定の話です。

サイトに情報を入力したら、数秒後には業者から電話がかかってきます。アイルトン・セナも真っ青の秒速っぷりです。

夜の9時くらいだったのに、その後数分で何件も電話とメール攻勢が続きました。まさにたたみかけられているカンジ。どの業者も「うちが一番高く買い取りますからっ!」と、さわやかに断言します。

溶けた飴に群がるアリのごとく集まってくる業者を見て、私は相当おいしい「カモ」なのだろうな、と思いました。
彼らにとって私は、無防備で無垢な柔らかいラムにように見えるのでしょう。
上京したての大学1年生に群がる宗教勧誘ばりの勢いでした。



◎学んだポイント


以下に中古車買取一括査定を利用した際に分かったことと、詳しい知人の話をまとめた要点を列挙しておきます。今後、あのシステムを利用される方の参考になれば幸いです。


・こちらの希望通りの高い買取金額を提示して、「この価格は今だけですよ!」だとか「他の業者を断ってくれれば、この価格を約束します」などと言う業者は要注意
→即決させて、後から減額交渉する気満々
→他社との交渉を断ち切らせようとするのは、後から減額要求する悪質な方法を、他の業者からバラされるのを恐れている
→だから朝一番にくることにやたらとこだわることが多い
→自社の査定後も他の業者の査定員が「カモ」に真実を言わないように監視し続けることもよくある


・査定中に、「いい車だなぁ!」と言いつも、「ん?ここは塗り直しているようにも見えるけど、まぁ何ともいえないなぁ」などと言う査定員のいる業者も要注意
→後の減額交渉への布石を打っている


・同じ地区の査定業者は限定されているため、査定員同士はたいてい顔見知り
→続々とやってくる査定員同士はライバルのため、お互いがお互いのネガティブな情報を教えてくれる
→その情報をうまく聞き出せると面白いし、お互いが悪口を言い合っているようなら、査定員同士の横のつながりが薄そうなので、こっちも金額交渉でハッタリをかましやすい


・ホームページがない、もしくはホームページに代表者の氏名すら載っていない業者は要注意
→普通に考えて怪しい
→会社の存在そのものを疑ってもいいレベル


・「その車は、当社の買取強化指定車種です!」だとか「ただいま、高価買取強化期間です!」などと、いつでも、誰にでも、どの車にでも言っている業者はたくさんある
→そういうものらしい


・査定員と気が合って話が弾んでも、金額に関する交渉はシビアに
→査定担当者はお友達ではない
→交渉するときは「いい人」を捨てて、ポーカーフェイスのサムライになろう
→時間を節約したいときは、複数の業者を同じ時間に一気に集めて競争させる手もある


・この業者とは契約しないと決めたら、ハッキリと言う
→営業マン(査定員)はわずかな可能性にしがみつき続けるので、お互いの時間が無駄にならないように
→これは保険・マンション・太陽光発電・外壁塗装・リフォームなどの営業マンに対しても同じですな


・基本的に買取価格は大手ほど低い傾向あり
→だからといって名前も知らない業者だと不安なのが微妙なところ
→もちろん、例外もある


・・こんなトコですかね。

何度も繰り返しますが、とにかく最大の注意ポイントは、とりあえず高い金額で釣って、後からゴチャゴチャやってくるのに気をつけよう!ということです。あとは、できれば事前に近所とかの顔の見える車屋さんで別途見積もりを取っておけると安心ですな。

そして、もしも買取業者を利用する際は、「実は事故車だった」などの重大な瑕疵以外に関しては、査定後の減額交渉を認めないことを確認して、その場でしっかりと書面による契約を交わすことが重要でしょう(この辺はやはり大手のほうが安心できます)。

契約前には、万が一にそなえて、その業者が本当に存在するのか、また、その査定員は本当にその会社の従業員なのかをホームページ等で調べて、電話で確認するくらいのことはしてもいいかもしれません(私はそこまで疑うタイプです)。



◎売り手の損は買い手の得、売り手の得は買い手の損の原則を忘れずに


基本的に企業というものは自分たちにとって利益の出ることしかやりません。儲からないことはやらないのです。

「あなただけのために」・「どこよりも高価買取」・「信用No.1」・「日本一お得な」などという言葉を素直に信用してはいけません。彼らの目的は、あなたを儲けさせることではなく、あなたから儲けることなのですから・・

自分だけにおいしい「歪み」を見つけることは、その業界にかなり詳しくないと無理です。

その大原則を分かったうえで、ちょっと肩の力を抜いて「自分にある選択肢の中で比較的マシなものを選択できればいいや」という意識を持てると、大失敗や後悔は少なくなる気がします。

ごちゃごちゃと書きましたが、こういうのはガッツリとボッタクられさえしなければ充分だと思います。細かい値上げ交渉やオークションでの売買相場を調べようとするような努力も無駄ではないでしょうが、そういうものは枝葉の部分の話です。普通の人は、大失敗さえ避けられれば上等ですよね。


・・まぁ、今回の件は、詐欺とは言い切れないので、武士の情けで当ブログ人気カテゴリ「詐欺師特集」にカテゴライズするのはだけは勘弁してあげましょう。




にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事





プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴

R25・東証マネ部!:2017年1月
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日号
日経ヴェリタス:2015年7月26日号
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
セゾン投信は悪?詐欺??


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
マイナス金利下において、国内債券インデックスファンドをどうするか


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年6月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年上半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
ジュニアNISA口座開設…これまで特定口座で保有していた投資信託はどうするか


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

お気に入りリンク

勉強や交流をさせてもらっているブログやサイトです(ほぼ逆アクセス順)。
※リンクはご自由にどうぞ!

オススメの証券会社

SBI証券
最大手のネット証券。
低コストのインデックスファンドが豊富に揃っていて、月々500円からの投信積立に対応している。
便利でおトクな住信SBIネット銀行との連携システムは優れモノで、投信保有によるポイントサービスも他のネット証券よりも高還元。
※個人型確定拠出年金も充実!



セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる仕組みになっている(販売手数料なし、実質的な保有コストは年0.7%ほど)。
当ブログ内参考記事


※セゾン投信のファンドは、楽天証券から個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)用の商品としても買い付け可能。

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。
メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。