投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ

ここ最近、当ブログを検索経由で訪れる人のキーワードに、「投資信託 含み損」・「セゾン投信 元本割れ※1」・「リスク資産 マイナス」・「株式 損失」というようなものが増えてきました。

いわゆる「アベノミクス相場」の波に乗るべく、リスク資産への投資を始めてみたものの、軟調相場の影響で初めての(もしくは昨年夏以来2度目の?)元本割れ(含み損)を経験し、その対応に戸惑っている人が増えてきているのかな、と私は勝手に推測しています。

メールフォームを通じて、「元本割れが気になって仕方ない」・「投資なんてするんじゃなかった」というようなメッセージも何件か届きました。
(こんなメールが届くことも…→1年間以上含み損を抱えている私の気持ちなんて分からないでしょう


当ブログでは、これまでに何度も何度も、

「リスク資産への投資を行うなら、一時的には投資元本が半分以下になるような事態も覚悟しておくべきだ。その腹を括れないのであれば、投資なんぞしてはならない」

と言い続けてきたので、「この程度の値動きで気持ちがブレるんだったら、無理して投資しなくてもいいのでは・・」と思わなくもありませんが、同時に、初めての含み損を抱えることで不安になる気持ちはよく分かります。

私だって、初めての含み損のときは、かなり心がざわつきましたから。



◎理解して覚悟したつもりだったけど・・


「投資元本が大きく上下にブレることを許容した場合、長期的に見ればその元本は増える可能性の方が高いだろう。投資対象を世界中に広げた場合、その可能性はより高まるはずだ。過去の歴史を見てもそうなっている。仮にそうならなかったとしても、それは自己責任。腹は括ってある」

約10年前、このような前提を持って私は国際分散インデックス投資を実践し始めました。

たまたまスタートしたタイミングが良かったこともあり、しばらくは順調に含み益が増え続けました。「このペースで複利の効果を享受できれば、数年後にはムフフ・・」なーんてことも正直考えていました。

【参考記事→インデックス投資とは


しかし、2007年頃だったか2008年頃だったか、サブプライムローン問題からの金融危機で投資信託の元本割れが起こり、リスク資産が大きな含み損を抱える事態は私にもやってきました(参考記事→リーマンショックのナイアガラっぷり)。

その際、

・「こんなことは想定内だ」と自分に言い聞かせつつも、気になってしまう自分がいる。

・「今まで投資してきた分をなかったことにして、それをまとめて今投資したかった」などと、現実味のないことをついつい考えてしまう。

・「現在の含み損は、○ヶ月分の月給に相当する。今後○ヶ月の労働はタダ働きになるのか・・」などと、ネガティブ金銭換算思考が加速する。

・・・具体例を挙げればキリがありませんが、要するに「元本割れ(含み損)」が気になって仕方のない時期が私にもありました。



◎基本とか初心とかって大切だよね


そのようなとき、私がどうやって心を落ち着かせ、「投資継続」の判断を下したかといえば、やはり基本に立ち返ることでした。ちょっと大げさに言うと、「自分がどのような前提を持って生きていくか」ということを確認する作業を行ったのです。

人間、生きてゆく限り、ある程度なんらかの前提に賭けることになります。

「賭ける」なんて書いてしまうと、博打のようなイメージが強くなってしまいますが、外出時に傘を持って出かけるかどうかの判断さえも、外出時の天気や降水確率・傘を持ち歩く手間・雨に濡れること、などの要素を考慮して判断し、賭けているようなものです。

極端な話をすれば、不慮の事故で明日死んでしまう可能性だってありますが、長生きする可能性もあります。当然、長生きする可能性のほうが圧倒的に高いので、結局はそっちに賭け、将来のために社畜として今日も出勤したりするわけです。仮に明日死ぬことが確実でそちらに賭けるなら、嫌々出勤などせずに、やりたいことをやるでしょう。

ちょっと話がズレてしまいましたが、、

誰もが無意識のうちに想定しているような日常のあらゆる「前提」のうち、こと「お金や投資」に関する前提を自分なりに掘り下げて考えることで、私は短期目線でリスク資産の元本割れ(含み損)を気にしても意味がない、という自分の初心にかえることができました。

そもそも投資とは、元本が大きく上下にブレる「リスク」を許容した場合に限って、リターンが得られるもののはずです。

そのときの気持ちの整理作業を言葉にしたものは、当ブログの過去記事だと、このあたりでしょうか。

予測をしないインデックス投資家の予想【投資の前提(その1)】
最悪の状況をどこまで想定するのか【投資の前提(その2)】



◎とはいえ、無理せず、自己責任で!


私の場合は、そのような思考確認作業を行うことで、リスク資産の損益を見る時間軸を大きくとることができ、含み損は気にならなくなったものです。

それに「積み立て投資」は、下落相場があってこそ、そのメリットが活かされ、将来的なリターンも期待しやすくなるものです(参考→『半値になっても儲かる「つみたて投資」』(星野泰平著)を再読しました)。


もちろん、基本に立ち返る思考確認作業をする過程で、「やはり自分は投資に向いていない」という判断を下す人もいるでしょう。また、初めて下げ相場を体験してみて、自分の精神的リスク許容度の小ささに気づき、投資金額を調整する人もいるかもしれません。

それはそれで、事前の見積もりを誤ったというだけのことで、なんら問題はないと思います。投資はあくまでも自己責任です。各自の判断において好きなようにやればよいのです。

いったん本格的な下げ相場が始まれば、数年間にわたってリスク資産の含み損が拡大し続ける、なんてこともごく当たり前の想定として必要になってきます。そのあたりの前提を持たずに投資をするのは、ハッキリ言って「危ないこと」です。


しかしながら、理論や過去のデータに納得してリスク資産への投資を始めたのに、感情や空気に流されて投資を中断してしまい、またそのうち勢いや時流に乗って投資を再開するような「後追い風見鶏パターン」になるのは、国際分散インデックス投資の場合、明らかに効率の悪いものになってしまう※2ので、しっかりと各自の前提を確認しておいた方がよいでしょう。

すべて自己責任ではありますが・・


参考記事→インデックス投資を成功させるための3つのポイント



※1 セゾン投信の関連記事カテゴリはこちら→セゾン投信関連記事

※2 この記事は、あくまでも国際分散インデックス投資の実践者である管理人が、同じようなスタンスの人向けに個人的な考えを書いているだけのものなので、短期筋の為替トレーダーや相場の波を読んで機動的に売買するような個別株式投資家などには当てはまらないと思われます。投資スタンスによっては、しっかりと「損切り」することが大切になってくる場合もあるはずなので、投資判断は自己責任においてお願いします。


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事



トラックバック

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015」の表彰式には出られませんでしたが…
仕事が遅くなりそうだったのでチケットを購入してなかったのですが、ありがたいことに、おぱるさんから二次会だけでもとお誘いいただきました。 虫とりさんはこんなカッコで登場(オンマウス)! 日比谷をこんなジャージで歩くなんて、この人のメンタル半端ないです。
たわらノーロード先進国株式に乗り換えましたが、どこまで下がるんでしょう?
(PC版右下のTOPボタンは、この「画伯にタンクトップを着せる兄貴」から生まれました。) 相場はまだまだどこまで落ちるかわかりませんが、こんなモヤモヤするときは、虫とりさんのブログを読んで気を休めましょう… いつか子供に伝えたいお金の話 『投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ』 さすが兄貴のブログは一本筋が通ってます。 ではでは、例...


プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど

※小説も書いてます→『迫力』



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
東証マネ部!・R25:2017年3月
R25・東証マネ部!:2017年1月
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日号
日経ヴェリタス:2015年7月26日号
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
小説を書いてみました


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年12月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年下半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
で、自分は現行NISAと積立NISAのどっちを利用するのかという話


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

お気に入りリンク

勉強や交流をさせてもらっているブログやサイトです(ほぼ逆アクセス順)。
※リンクはご自由にどうぞ!

オススメの証券会社

SBI証券
最大手のネット証券。
低コストのインデックスファンドが豊富に揃っていて、月々500円からの投信積立に対応している。
便利でおトクな住信SBIネット銀行との連携システムは優れモノで、投信保有によるポイントサービスも他のネット証券よりも高還元。
※個人型確定拠出年金も充実!



セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる仕組みになっている(販売手数料なし、実質的な保有コストは年0.7%ほど)。
当ブログ内参考記事


※セゾン投信のファンドは、楽天証券から個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)用の商品としても買い付け可能。

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無許可・無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。
メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。