バランスファンドは、車のオイル交換を自分でやっちゃうような人にはたぶん向いてない

当ブログのメールフォームから、よくいただく質問の中に、

「バランスファンドって、コストが高いんですよね?? 関連ブログを読んでいると、海外ETFが低コストらしいのですが、なんだか難しくて・・」

だとか

「バランスファンドを数本組み合わせて、さらに各資産クラスの個別ファンドを付け足して理想のアセットアセットアロケーションに近づけたいのですが、なかなかしっくりきません」

というようなものがあります。


ふむふむ、分かります。
投資を始めようと思うと、もしくは実際に始めてみると、悩みごとや考えごとが頭のなかをグルグル回って止まらなくなってしまいますよね。

真面目に真剣に考えるからこその悩みだとは思うのですが、そもそもバランスファンドの最大メリットは「それ一本に投資するだけで、国際分散投資が完結する」ところではないでしょうか。

あくまでも個人的な考え方ですが、順を追って書いてみます。



◎ブロガーなんて極端なマニア層でっせ


おそらく、冒頭のような質問をくださる方は、ポートフォリオ編成やコスト判断のために関連ブログを読み込んでいるような方だと思います。

たしかに、ブロガーの中にはバランスファンド一本だけで資産形成のための投資を完結させている人はほとんどいないでしょう。

そりゃあ、そうです。
関連情報を調べ上げ、さらにわざわざブログを立ち上げて情報発信するような人の多くはマニア層ですから。

車検を安く仕上げるためにユーザー車検に挑戦したり、オイル交換を自分でやったり、さらにはタイヤ交換まで自分でやっちゃったりするような節約・解説ウェブサイトは山ほどありますが、身の回りで実際にそのすべてを実践している人は少数派ではないでしょうか。

それと同じようなモノだと思うのです。

わざわざ自ら調べて、そのことについて考えて実践する手間をかけ続ける、という判断を下す人は、やはり少数派であるということです。しかも、そのなかには手間をかけることを楽しむ人だっています(私もそうでした)。


「バランスファンドでインデックス投資を始めてみたけど、色々と勉強してコスト面にこだわると、やっぱりETFと個別ファンドの組み合わせにしようかな」というような流れのブログは最近数多くある(そういう流れのツイッタラーも多い)のですが、そのような方たちも、やはりわざわざ自分で勉強して、定期的にブログを更新するというメンドクサイことをやっている真面目な、全体からみれば例外的な人たちなのです。

※参考記事→インデックス投資とは


多くのブロガーと同じように個別ファンドや国内外ETFを組み合わせてポートフォリオを構築・管理できると思うならば、バランスファンドなんか利用せずに、自分でやってみればいいと思います。人によっては、やろうと思えばさほど難しいことでもないでしょう。

しかし、それが難しそうなら、無理してやろうとすることもないと思います。ちょっと俯瞰すれば、バランスファンド一本で運用する人との間には大した違いはないのですから。別にみんながブロガーと同じことをしようとする必要はないのです。



◎バランスファンドのコストが高いといっても・・


さて、実際のところ、最安値の国内外ETFや個別アセットのファンドを組み合わせて、リバランスも最小コストラインを考えながら10年単位で管理を続ければ、やはりバランスファンドよりも低コストで投資が可能でしょう。

ただし、当ブログで紹介しているようなバランスファンドであれば、最安値よりは少し高いものの、その他多くの投資信託から比べれば圧倒的に安いと言えるレベルです。

【参考記事】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由
eMAXISバランス(8資産均等型)について
SMTインデックスバランス・オープンについて
<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)を買うか買わないか
子供がもらったお年玉やお祝い金などの管理方法←まともなバランスファンドのまとめ的な記事として


以前に私は、「投資信託とは・・」という記事の中で、国内にある約5000本の投資信託のうち99%は買うに値しないダメ商品だと断言しましたが、当ブログで取り上げているようなバランスファンドなら、買うに値する商品の中では高コストの部類に入ってしまうというだけのことです。県予選は圧倒的な力で優勝できるものの、全国大会ではベスト8の壁を破れなかった、みたいなカンジでしょうか。

しかし、それにしたって、「インデックスファンドにしよう、やっぱり国内ETFだ、いや海外ETFにしよう、面倒だからインデックスファンドに戻ろう、よっしゃアセットアロケーションも機動的に変えていくぞ!」なーんてフラフラしていたら、コスト面でもバランスファンドに負けてしまうケースも多いと思います。

リスク資産と無リスク資産の比率には気を配る必要はあるものの、リスク資産内のリバランス等が一切不要になり、ほぼノーメンテナンスで資産形成のための国際分散投資が完結してしまうバランスファンドに、最安値よりも0コンマ数%のコストをかけることを高いと思うか否かという主観の問題です。

そして、色々と手間暇かけてゴチャゴチャやっているブロガー(私を含む)と、紹介したようなバランスファンドをどれか一本ずっと持ち続けている投資家のどちらが将来良いパフォーマンスを残すのかは、なんとも言えません。五分五分か、ゴチャゴチャやってる方がやや不利だったりして。。

ただし、投資額が大きくなればなるほど0コンマ数%のコストの実額は大きくなることと、バランスファンドのように色々なアセットクラスが含まれていると基準価額の値動きが初心者には理解しづらくなることなどは含んでおく必要はあるでしょう。


※コスト面以外でも、厳密なアセットアロケーションの「ベスト」を追い求めてさまよい続けるのも、普通の人には時間の無駄だと思います。正解は誰にも分からないので、そこそこ無難であれば充分でしょう。マニアや専門家の言う「ダメ」が、本当のダメなのか、まともなものの中でのダメなのかを判断できるようにしたいものです。



◎何周か回ってバランスファンドを選択する例外マニアが私


世間の圧倒的多数派の中には、バランスファンドで資産形成を図るのが適している人も多いはずです。

国内ETFにしたって、普通の人にとってハードルは低くありません(まぁ、そもそもリスク資産への投資そのもののハードルが高いのですが・・)。
→参考記事:ETFやETNを投資初心者にオススメしていない理由

最初にじっくり検討するのは大切なことですが、コスト・手間・自分の性格や環境などをしっかり考えて、各自の最大公約数を見つけたいものですね。


私は自分がオッタキーなマニア層だと自覚していますが、試行錯誤の末、己の性格なども考慮して、バランスファンドに個別のアセットファンドを2つほど付け足すという邪道スタイルに落ち着いてしまいました。

この邪道スタイルは、程よく操縦感があって、かつ楽チンに心穏やかに継続できるので、個人的には気に入っていますが、他人さまにオススメできるようなモノではありません。

【参考記事】
理想のリスク資産管理条件
リスク資産管理の優先順位変化
私のアセットアロケーション(リスク資産管理方法)
※上記の3記事は、続きモノです。



◎各自好きなようにやればよろしい!


普通に考えると、バランスファンドを複数保有したり、そこに各資産クラスの個別ファンドをいくつも付け足すような「ややこしい」ことをするなら、最初からバランスファンドなんか利用しない方がいいでしょう。もし、バランスファンドを利用するならそれ一本!というのが基本的な考え方だと思います。

そして、旅行会社のツアーやパックは利用せず、毎回自分で最安値のLCC・レンタカー・宿泊場所を調べ上げて個別に予約して旅行に行けるような人は、バランスファンドを利用する必要性はありません(あくまでも投資に置き換えた場合の話ですが)。

そのような「正しい方法」を選択する場合は、やはり、最大手インデックス投資ブロガーの水瀬ケンイチさんの著書『ほったらかし投資術』に書かれているような投資スタンスが正解になってくるのではないでしょうか。

→参考記事:『全面改訂 ほったらかし投資術』(山崎元・水瀬ケンイチ著)を読みました


ゴチャゴチャ書きましたが、メリット・デメリットを理解したうえで選択した投資スタンスを責めたりバカにしたりするような人は、当ブログのリンク先ブロガーさんにもたぶんいません※。もしも、どこかにいたとしても気にすることはないでしょう。投資なんて結局は自己責任なのです。

各自好きなようにやればいいと思います。

どのスタンス、どのアセットアロケーションが、将来のどの時点でどのようなパフォーマンスを残しているのかは誰にも分からないのですから。



※ただし、理論的・論理的に間違った主張している場合には、手厳しいブロガーさんたちはいますが・・(苦笑)


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。

関連記事





プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど

※小説も書いてます→『迫力』



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
東証マネ部!・R25:2017年3月
R25・東証マネ部!:2017年1月
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日号
日経ヴェリタス:2015年7月26日号
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
小説を書いてみました


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年12月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年下半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
で、自分は現行NISAと積立NISAのどっちを利用するのかという話


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

お気に入りリンク

勉強や交流をさせてもらっているブログやサイトです(ほぼ逆アクセス順)。
※リンクはご自由にどうぞ!

オススメの証券会社

SBI証券
最大手のネット証券。
低コストのインデックスファンドが豊富に揃っていて、月々500円からの投信積立に対応している。
便利でおトクな住信SBIネット銀行との連携システムは優れモノで、投信保有によるポイントサービスも他のネット証券よりも高還元。
※個人型確定拠出年金も充実!



セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる仕組みになっている(販売手数料なし、実質的な保有コストは年0.7%ほど)。
当ブログ内参考記事


※セゾン投信のファンドは、楽天証券から個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)用の商品としても買い付け可能。

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無許可・無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。
メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。