2017年06月
HOME ≫ 月間アーカイブ 全記事一覧

2017年6月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年上半期の投資と考察)

早いもので、今年ももう半分が過ぎてしまいました。

ここらで今年上半期の自分のアセットアロケーションやポートフォリオなどを確認しておきます。

一応私も投資ブロガーなので、いくら「ほったらかし」とはいえ、せめて半年に一度くらいは投資状況をチェックし、考察みたいなことはしておかないとカッコがつきませぬ。


※私の場合、「アセットアロケーション」には、生活防衛資金などの無リスク資産※1は含んでいません。そして「ポートフォリオ」とは、積立中の金融商品名とその配分を表す言葉として使っています。また、このブログ内で使う「リスク資産」や「無リスク資産」などの言葉についても、自分なりに定義(使い方を整理)してあります。このあたりの「言葉づかい」は各投資家やブロガーによって微妙に異なる場合があるので、他人の公開情報を見るときは多少の注意が必要です。

(参考記事→リスク資産と無リスク資産の色分け
続きを読む >>

金融庁と個人投資家の意見交換会に行ってきました(第三弾・投信運用会社を招喚・6月29日)

金融庁と個人投資家の直接対面イベントが、先月・先々月に続き、今月も催されました。

このイベントを告知して参加者を募集しているワタクシ虫とり小僧について、金融庁イベントを騙る新手の詐欺師だの、庶民派投資家を名乗る金融庁の隠密職員だのと、様々な噂が囁かれているようですが、金融庁とは関係のないパンピーでございます。

あえて普通でない点を挙げるとすれば、自宅でヘビを飼育していることくらいなものでしょう(参考→大手テレビ局の某経済番組から取材を受けた件について


さて、今回も行ってきましたよ。平日の夜に金融庁の会議室へ。

参加者総数は前回よりもやや増えて80名ほど。金融庁職員・金融機関関係者・一般参加者・ゲストオブザーバー・メディア関係者など、多様な属性の人間が、金融審議会でも使われる巨大な会議室に集結して侃侃諤諤やりました。
続きを読む >>

『はじめての人のための3000円投資生活』(横山光昭著)を読んでみました…ど素人の初心者さんにオススメの投資本の決定版!

メッチャ(どうやら50万部以上!)売れてるこの一冊を、ついに読んでしまいました。




通勤中の電車内で目の前に座ったJD(女子大生)と思しき女性が、蛍光ペンを片手にこの本を熟読しているのを見たことが、読んでみようと思ったきっかけでした。

ごく普通の真面目そうな女子が、私のブログ分野ともかぶりそうな本を読んでいる光景になんて普通はまずお目にかかれません。

きっと読みやすくて分かりやすい本なのだろうと思い、ついポチってしまいました。

・・なるほど、たしかに分かりやすかったです。
続きを読む >>

投資関連のオフ会で、私だけ投資以外の雑談を振りまいてきました

先日、どういうわけか私にもお声がかかり、個人投資家のオフ会に参加してきました。

投資家仲間で集まってお酒を飲む機会はちょくちょくあるのですが、そのことを記事にするのはかなり久しぶりで新鮮です(今回は皆さんが記事にしているので、あっしも書かないわけにはいきませぬ)。

なんと投資ブロガーとしては私が最古参でした。私だってまだまだひよっこなので、他の参加者さんがフレッシュだということでしょう(投資歴そのものは私よりも長い方もいましたが)。
続きを読む >>

リストラ請負人が活躍する『君たちに明日はない』(垣根涼介著)シリーズは、仕事と働き方、そして生き方をじっくり考えさせられる名作

最近、(自分自身の労働環境変化の影響もあって)仕事とか働き方に関連するような記事をちょこちょこ書いています。

【参考記事】
残業代を稼ぐ?…固定みなし残業の職場から、残業代つけ放題の職場へ…でもそんなもんは要らん!
転職の漫画『エンゼルバンク -ドラゴン桜外伝-』(三田紀房著)がめっちゃ面白い


軽い気持ちで書いた上記リンク先の記事にも、思いのほか多くのリアクションをいただけているので、その流れに乗るような記事をもう一本起こしてみることにしました(ま、単なる書籍紹介記事ですが…)。

『君たちに明日はない』という小説(とその続編シリーズ)をご存知でしょうか?
続きを読む >>

【お陰さまで定員満】6月29日(木)金融庁と個人投資家の意見交換イベント第三弾……複数の大手運用会社も参加!!

金融庁と個人投資家の直接対面イベントが、先月・先々月に続き、今月も催されます。

今回も平日開催で、場所は金融機関の人間たちが「虎の穴」と恐れおののく金融庁内の会議室。


・・ふん、上等だ!行ってやろうじゃないか!!

むしろ俺たちが金融庁へ立ち入り検査や!!!


今回は、日本を代表する複数の運用会社の方たちも招くようで、積立NISAの参入意向などについて、我々は彼らに訊きたいことを聞き放題だそうでっせ(どうやら、あの大手とか、あそことか、やはりあの直販会社も……)。

んで、意見交換会のあとは、会議室を模様替えしてそのまま懇親会に突入する予定になっています。
続きを読む >>

米国株オンリーか、もっと幅広いアセット分散か

最近、この界隈で話題のテーマ「米国株だけってのはどうなのか」についてちょっとだけ、ごく簡潔に……。


S&P500のように銘柄分散されているなら、米国株オンリーでもよろしい。ひょっとしたら最も合理的かもしれません。

米国籍のグローバル企業は世界中に収益の機会を持っています。実質的には充分な国際分散がなされていると言えるでしょう。大きな利益が得られる可能性も高そうです。

もちろん、もっと広く国際分散してもいい(私はこっち)。そうすれば米国株オンリーよりは、いざというときに大負けする可能性は低そうです。
続きを読む >>

SBI証券と楽天証券、今から投資を始めるならどっちにするか…投信100円買付が可能になり、個人型確定拠出年金(イデコ)の加入運営手数料も無料になった件の雑感も

多くの投資ブログで必須記事のごとく取り上げられまくっていたので、私もまとめておくことにしました。

コスト体系や改革スピード、そしてもちろん売買代金や口座数などからも「ネット証券のツートップ」であるSBI証券楽天証券が、その頂上決戦争いのスピードを加速させています(どれも基本、楽天証券が先に決断・発表し、SBI証券がその水準にピタリと追随する構造)。

今回の記事では、投資信託100円買付の件と、個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)の手数料値下げについて雑感を述べたあと、もし私が今から投資を始めるなら、SBI証券と楽天証券のどちらにするのかを考えてみます。
続きを読む >>

日経平均が好調で東証時価総額もバブル高値に迫ってるけど、国内株式への投資比率はどうしようかな【FISCOへの寄稿】

FISCOソーシャルレポーターとして、第25回目の記事を寄稿しました。

フィスコへ投稿する記事は、「一見さん」を意識して書くようにしているので、「お得意さん」にとっては“おなじみ”の内容かもしれませんが、個人的に強調したいポイントやエピソードを取り上げて、なるべく簡単にまとめるよう心がけています。

【参考→フィスコとは…(FISCOソーシャルレポーターとやらになってみるよ)


今回は、近頃調子を取り戻してきた国内株式への投資比率をどうしようかという話です。
続きを読む >>


counter

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ

子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。

※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど

※小説も書いてます→『迫力』



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…



※当ブログのエッセンスをまとめた記事はこちら

我が子に伝えたい5つの大切なお金のこと


※主なメディア掲載・出演履歴
ニューヨークタイムズ:2017年7月11日
REUTERS・ロイター:2017年7月7日
BIG tomorrow:2017年7月号
東証マネ部!・R25:2017年3月
R25・東証マネ部!:2017年1月
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日号
日経ヴェリタス:2015年7月26日号
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月

follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
小説を書いてみました


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
ローン返済と投資のどちらを優先すべきか…併用はありなの?


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年12月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年下半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
で、自分は現行NISAと積立NISAのどっちを利用するのかという話


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

オススメのネット証券

SBI証券
管理人も利用中の最大手。
低コストの商品が豊富で、月々100円からの積み立て投資に対応。投信保有ポイントサービスも高還元。個人型確定拠出年金(イデコ)も充実!

楽天証券
管理人は個人型確定拠出年金用口座としてここを利用。
商品ラインナップやシステムはSBI証券に劣らない。キャッシュバックたっぷりの口座開設キャンペーン多し。
当ブログ内参考記事

セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる。
当ブログ内参考記事

オススメの保険比較サイト

価格ドットコムで最安値圏を調べ、自分がどれだけぼったくられているのか確認してみることをお勧めします。
保険商品は、自分に必要なものを最低限、なるべく低コストで選びたいものですね。
当ブログ内参考記事

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無許可・無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






お返事できない場合もあります。また(ドコモ・auなどの)キャリアメールだと返信が届かないことがあります(参考解説記事)。
メッセージ内容はブログ記事に取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。





にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。