雑談

エリートから社畜へ…アラフォーサラリーマンの黄昏

以前、学生時代のある友人のことをブログ記事にしたことがありました。

希望を持って地方から出てきたものの、大学のハイレベルな体育会系運動部で大きな挫折を味わった友人の昔と今の話です。

【該当記事→5年間で休日が2日だけだと!?(前編・龍馬の挫折)

・・あの記事には想定外の反響があって、けっこう多くの方に読んでいただけました。


さて、今回は、学生時代にスポーツのエリートだった友人の話です。
続きを読む >>

副業にエアコンクリーニング!?……エアコン掃除は自分でも簡単にできるのか?

今年の夏、我が家のエアコンがあまりにもカビ臭かったのでやってしまいました……業者によるエアコンクリーニングを。

0a3345d71b7b5db8924b003e9c26a309_s.jpg

フィルター掃除などはこまめにやっていましたが、ファン(ローラーみたいな送風機)とフィン(細長い鉄がみっしりと並んだ熱交換器)のカビ取りは簡単ではありません。

「掃除ごときに金をかけるなんてもったいない」と思いつつも、ネットなどに出回っている情報を鵜呑みにして、自分でやろうとして頻繁に家電を壊す不器用さを誇る私です。一度「プロ」の仕事を間近に見てみるのも一興だと思い、すぐに来てくれそうな業者をネットで探して依頼してみました。

結果的には、色々と面白かったし、興味深い話も聞けました。
続きを読む >>

子供連れの家族にオススメの滞在旅行先は、新潟県の「あてま高原リゾートベルナティオ」かなぁ

1年ほど前に、関東近郊の「ちょっといい温泉宿」を5つ選んで紹介したことがあります。個人的な備忘録として書いたのですが、想定外の反響があり、ありがたいことに今でもけっこう読まれています。

【該当記事→関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選

あの記事は、一応家族連れを前提に選んだものですが、どちらかというと「おとな目線」でちょっといい宿泊先に泊まって、ついでにその近くにある豊かな自然に子供を触れされよう、というコンセプトでした。

しかし、だんだん子供が大きくなってくると「ちょっといい温泉宿」の目線を「おとな中心」から「こども中心」にずらす必要性が出てくるようにも思います。

ハッキリ言って子供は、「古き良き日本の佇まいを感じる天然温泉宿」に宿泊するよりも、近所の市民プールやトイザラスにでも行ったほうがはるかに喜ぶものです。

・・んでも、せっかく仕事の休みがとれて家族で非日常を味わうチャンスがあるのに、いつもの休日と同じではイマイチ面白くない。どうせなら、いつもとは違う時間を過ごしたい、と私は思ってしまいます。

そこで、「子供が自然と触れ合って非日常を楽しめること」を軸にして、露天風呂付きの天然温泉があること(これだけは譲れない)・なんとか関東近郊と呼べる範囲であること・滞在にも向いていてコテージなどもあること・清潔感があること・雨天時に対応できるよう室内プールもあることなどを条件にスクリーニングし、口コミや評判も確認して、実際に宿泊したうえで、私が「他人さまにお勧めするならココだ!」と思えたところは「あてま高原リゾート ホテル ベルナティオ」でした。

(※関東からの出発を前提としています。)
続きを読む >>

男子が荒ぶる妄想族と化すバレンタインデー

明日はバレンタインデーですね。

今となってはその日に特別な思いはありませんが、そんな私でも、まだ半ズボンを着用していた小学生のときは、1年のうちで最もドキドキする日でありました(遠い目)。


自分を含む周囲の同級生がみんな例外なく童貞だったあの頃、私はバレンタインデーの数週間前から、

「もしも、あの子と、あの子と、あの子から同時にチョコをもらっちゃったらどうしよう。できれば別々のタイミングで渡してもらいたいなぁ・・」

などと、要らぬ心配をし、心拍数が上がりすぎて、右心房と左心房が入れ替わりそうになったものです。

そしてバレンタインデー当日は、荒ぶる妄想族の特攻隊長と化しました。
続きを読む >>

犯人は誰だっ!?

せっかく気楽な個人ブログなので、一切テーマを決めずにとりあえずタイピングを始めて、「本番一本勝負!」みたいに、なにかをテキトーに書いてみるのも面白いかもしれない、とふと思いつきました。

しかし、主題となる「テーマ」なしに書き始めても、やはりダメですね。なにも思い浮かばないですし、面白くもありません。どんなことに取り組むにしても「目的」は大切で、それがないと、なにも始まらないということがよく分かりました。

さて、ここまで書いてみたことを読み返してみると、その「つまらなさ」に度肝を抜かれます。これはいけません。

しかしながら、せっかく書き始めたので、このまま終わりにするわけにもいきませぬ。

では、ここでひとつ、私の妄想物語でも書いてみましょうか。
続きを読む >>

ブロガー仲間とのオフ会で世界が広がってゆく

個人的な事情から、外出してのブロガーオフ会等への参加をしばらく控えていたのですが、最近また少しずつそういうものへ参加するようになりました。

ありがたいことに、こんな私にもお声がけくださる仲間がいて、ブログを書いていなければ決して出会えなかったような魅力的な人たちとの交流を楽しむことができています。

特に最近は、ブログ「1億円を貯めてみよう!」の管理人・すぱいくさんが楽しいオフ会を企画しては呼んでくれるので、中学校時代のマブダチのような関係になっています。

すぱいくさんは自らを「投資ブロガーを装った暇人で天邪鬼なキャンペーン屋」などと称していますが、ブログ運営・SEO対策・ウェブ情報全般にメッチャ詳しく、ブロガーとしての「格」も私なんざ足元にも及ばない「デキる男」です。

※twitter上では、私がジャイアンで、すぱいくさんがスネ夫のようなキャラ設定になっていますが、実際にはそんな関係ではありません。
続きを読む >>

関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選

我が家では家族旅行に行く際、けっこう奮発して「ちょっといい温泉宿」に泊まることがあります。

仕事の休みがなかなか取れないので、わずかな休みをより気持ちの良いものにするため、ひたすら安い宿を探して「いかに安く仕上げるか」よりも、「どれだけ満足できるか」を重視することにしています。

私は節約好きですが、贅沢好きでもあります。現実的な費用と限られた時間の中での最大満足ラインを模索すると、どうしても「たまの家族旅行なんだから、ちょっといいところに」と、なってしまうのです。
続きを読む >>

5年間で休日が2日だけだと!?(後編・龍馬の奇跡)

前回の記事(龍馬の挫折)の続き


大学卒業後、十数年ぶりに再会した友人・龍馬(仮名)から、「この5年間で、休日がたったの2日間しかなかった」という言葉を聞き、そのハードすぎる労働環境に衝撃を受けたときのこと記事にしよう!と思って書き始めたものの、彼の紹介をしているうちに前回の記事が終わってしまいました。

関東から遠く離れた地域から、ある団体球技スポーツで学生日本一を目指すために関東の大学にきた龍馬でしたが、誰よりも努力したのに、1軍のレギュラーにはなれず、その夢(目標?)は実現しませんでした。そして、同期の仲間にも心を閉ざしたような状態で卒業を迎え、私もしばらくは連絡を取っていませんでした。

しかし、卒業して数年後、私は、龍馬に関する衝撃のビッグニュースを耳にします。
続きを読む >>

5年間で休日が2日だけだと!?(前編・龍馬の挫折)

「この5年間で、休日がたったの2日間しかなかったんだよ」

という、友人の言葉に私は耳を疑いました。

しかも、その2日間の休日があったのはつい最近のことで、それまでの約5年間は1日も休むことなく働き続けていたというのです。

けっこうハードな社畜生活を自認している私も、その友人の労働環境を聞いたときは、さすがにビビってしまいました。久しぶりに再会し、私の仕事のハードさを武勇伝チックに語ろうとしていたのに、逆にいきなり先制ノックアウトパンチを喰らわされてしまったカンジです。
続きを読む >>

仕事と子育て、親と子の需給アンバランス

家族に小さな子供がいると、その世話が大変ですし、色々とお金もかかります。
たまの休日でも朝早くに叩き起こされて、ゆっくり寝坊することもできません。

ましてや我が子は、デパートのトイレからズボンをずり下ろしたまま走り出て、フロア内をいつまでも疾走するような子供です。そして、それを注意する母親に「おしっこ漏らすぞ!」と恫喝するようなメンタリティを持っています。
ペットショップでは、犬のエサや金魚のエサを勝手に試食します。

そりゃそうでしょう。私の子供ですから。
(参考記事→私のいたずら武勇伝


もう一人の子供もまだ小さいですが、手の届く範囲に紙があれば、すべて食べてしまうヤギのような貪欲さを備えています。また、静かな場所に行くと、狙ったように大きな奇声をあげるのは標準仕様です。
そして、既にヘビやトカゲなどにやたらと興味を持っています。

そりゃそうでしょう。私の子供ですから。
(参考記事→ヘビにまつわるエピソード


・・それでも自分の小さな子供と共に過ごす時間は、親にとって貴重で幸せな時間でもあります。
続きを読む >>


counter

プロフィール

虫とり小僧

Author:虫とり小僧


子供の頃は、一日に800匹以上のバッタを捕まえるような虫とり少年でした。また、歩行中にはすべての家の「ピンポン」を必ず押すようないたずら小僧でもありました。今はただのザコです。



自分の全資産を「円」のみで保有していること(何もしないこと)は、それなりのリスクを伴う集中投資に近いものだと解釈して、私は購買力維持や資産形成を目的に、資産の一部を世界中の株式や債券などの保有にあてています。

約12年前から、なるべく手間とコストをかけずに実践している投資方法を、いつか我が子に伝えるかもしれないので、そのための備忘録を書いておくことにしました。

投資の実践といっても、ひと月に一度の自動積立と、たまにやるリバランスくらいですが…

参考→インデックス投資とは

Twitter:@mushitori
Facebook:Facebookページ


※好きなものは、歴史・格闘技(実践も観戦も)・筋トレなど。

※主なメディア掲載・出演履歴
BIG tomorrow:2016年7月号
Yen SPA!:2016年冬号
BIG tomorrow:2016年1月号
ザイスポ!:2015年9月18日
日経ヴェリタス:2015年8月30日号
日経ヴェリタス:2015年7月26日号
某大手テレビ局:2014年夏?
日経マネー:2013年10月号
日経新聞:2013年7月3日
NHK特報首都圏:2011年3月


follow us in feedly このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の人気記事ランキング

【第1位】
セゾン投信を投資初心者にオススメする理由


【第2位】
テレビ出演の影響


【第3位】
個人向け国債(変動10年)は最強の無リスク資産…メリット・デメリットを確認しておこう!


【第4位】
民間の保険はどの程度必要なのか、5つのポイントで検証(生命保険・医療保険・学資保険・火災保険など)


【第5位】
確定拠出年金ってなによ?…メリット・デメリット・注意点は?…企業型と個人型の違いやオススメの証券会社は?


【第6位】
私の武勇伝


【第7位】
持ち家か賃貸か…住宅について自分の考えを整理しておく


【第8位】
セゾン投信は悪?詐欺??


【第9位】
賃貸契約更新時の値下げ交渉(更新料は支払わなくてもよい?)


【第10位】
関東近郊、宿泊してよかったオススメの天然温泉旅館5選


【第11位】
預金封鎖にはどのような対策をすればいいのか?


【第12位】
マイナス金利下において、国内債券インデックスファンドをどうするか


【第13位】
入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?


【第14位】
投資信託や株式の元本割れ(含み損)が気になってモヤモヤしている人へ


【第15位】
なぜ投資をするのか


【第16位】
2016年6月末のアセットアロケーションとポートフォリオ(と今年上半期の投資と考察)


【第17位】
ドルコスト平均法は有利なの?不利なの?…積立投資と一括投資のメリットとデメリットの話


【第18位】
子供が友達のメガネを破壊…早速、個人賠償責任保険を請求してみた


【第19位】
インデックス投資を成功させるための3つのポイント


【第20位】
ジュニアNISA口座開設…これまで特定口座で保有していた投資信託はどうするか


全記事一覧

最新記事

広告

アクセスカウンター



当ブログ内検索

お気に入りリンク

勉強や交流をさせてもらっているブログやサイトです(ほぼ逆アクセス順)。
※リンクはご自由にどうぞ!

オススメの証券会社

SBI証券
最大手のネット証券。
低コストのインデックスファンドが豊富に揃っていて、月々500円からの投信積立に対応している。
便利でおトクな住信SBIネット銀行との連携システムは優れモノで、投信保有によるポイントサービスも他のネット証券よりも高還元。
※個人型確定拠出年金も充実!



セゾン投信
リスク資産をバランスファンド1本で管理したい人にオススメ。
「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は、月々5000円から投資でき、30カ国以上の株式と10カ国以上の債券に分散投資して、世界経済の成長を享受できる仕組みになっている(販売手数料なし、実質的な保有コストは年0.7%ほど)。
当ブログ内参考記事


※セゾン投信のファンドは、楽天証券から個人型確定拠出年金(iDeCo・イデコ)用の商品としても買い付け可能。

読みやすくてオススメの本

老後貧乏にならないためのお金の法則 老後貧乏にならないためのお金の法則
資産運用から、住宅・保険・年金・相続・贈与までのすべてを網羅したマネー本です。
当ブログ内参考記事


貧乏人のデイトレ
金持ちのインベストメント
貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
投資理論の基礎を学ぶのに適した本だと思います。
当ブログ内参考記事


一番やさしい! 一番くわしい!
はじめての「投資信託」入門
一番やさしい! 一番くわしい!<br />はじめての「投資信託」入門
投資信託とは何なのかをやさしく解説してくれる本です。
当ブログ内参考記事


半値になっても儲かる
「つみたて投資」
半値になっても儲かる「つみたて投資」
積立投資そのものを分析・解説している興味深い本です。
当ブログ内参考記事


ほったらかし投資術 ほったらかし投資術
投資を始める前の自分に1冊だけ読ますならコレにします。
当ブログ内参考記事


生命保険の罠 生命保険の罠 保険の営業が自社の保険に入らない、これだけの理由
生命保険の販売現場のウラ話が満載の強烈な一冊です。
当ブログ内参考記事

注意事項

当ブログでは個人的見解を述べているだけなので、他人の判断について責任は負えません。投資などを行う際は、あくまでも各自の責任においてお願いいたします。

また、リンクや引用なら問題ありませんが、ブログ記事の無断転載はご遠慮ください。私は著作権を放棄しておりません。






メッセージにはお返事できない場合があります。また、メッセージ内容は当ブログ記事で取り上げさせていただく場合があることもご了承ください。




にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ 
↑記事を気に入っていただけたら、ランキングに1票(クリック)をお願いします。
リンク先には人気の関連ブログがたくさんあります。